FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎年定例、獣との闘い、そして「京都でひとり」




【 通算545号 】

2018年8月21日(火)


2018年の旧盆が終わりました。

例年は、お盆前に秋風が吹いたものでしたが、今年は朝晩の涼しさは若干はあるものの、日中は連日35度付近を右往左往する状態で、暑いお盆となりました。

秋らしい青空、涼しさを感じるようになったのは、ここ数日でしょうか。

スリーピーにとっての今年のお盆は、認知症の両親を抱えて、どうなることかと思っておりましたが、介護には盆も正月も無いそうで、ウイークデイとなった、13日から16日は、デイサービスへ出掛けている約半日は、実に開放的な時間となりました。

そんなに大変? とお思いになるかもしれませんが、脳梗塞を患ったのを境に人柄が変わってしまった父親は、徘徊するわ、家の中を散らかすわ、眠っている時と食事以外はじっとしては居られない、ゴリラ状態ですので、一時も目が離せない、そんな状態なのです。

この場で詳細は書きませんが、そんな両親であっても、何とか余生を快適に過ごして欲しい、そんな気持ちもあって、大事に至らないよう見守る毎日です。



一方、田んぼでは半月ほど前に出始めた稲穂に徐々に実が入って、段々に垂れ下がる様子に毎朝、毎晩楽しみにして眺めていたのですが、ある朝、稲穂の畝が乱れているのを発見。どうやらイノシシが踏み荒らし始めた様子です。

これを観察したスリーピーは、居ても立ってもいられず、対策を考えるのですが軟いネットで田んぼを囲ってもイノシシの威力は想像を絶しますので、効果は期待できません。

そこで、最新兵器・光と音で獣を撃退する機械を購入して設置しました。


DSC_0075a.jpg
こーんなやつです


この機械、大きさは手の平に収まる小ささなのですが、日中の太陽光で充電して、夜間に働いてくれる優れもので、しかも、光と共に9種類の音を発するので、この機械に近づく度に、違った音で驚かされ、暫くは獣が慣れるのを防いでくれます。

但し、感知距離が10mほどなので、広い田んぼの場合は設置場所を吟味して、獣が通りそうな場所に効果的に設置する必要はあります。でも、これで私の心配は少しは軽減されるのではと安堵しております。






さて、真理さんのアルバム「小さな人生」から選んでお届けしています。

今回お届けするのはこちら。

京都でひとり

です。 

盆地にある京都は、この夏は暑さで新記録の毎日だったようですね。

でも、流石に秋風が吹くようになると「行ってみたいな」と思い返す、今日この頃です。

2011年のスリーピーのアレンジです。 お楽しみ下さい。




作詞:山上路夫
作曲・編曲:川口 真

あなたに何も言わず 京都へと着きました
静かに二人の愛 考えたいのです
人影の絶えたお寺 ひとりで巡ったら
急に熱い涙 流れて来ました
こんなことははじめて
愛することはいつも辛いことあるけれど
あなたと生きるならば耐えてゆけそうです

今朝ほど早い汽車で 京都へと着きました
私の愛の強さ 確かめたいのです
美しい庭を見ても あなたを想います
何をしているのか 心配なのです
こんな私はじめて
愛する時にいつも 誰でも迷うけれど
あなたのもとへ私 明日は帰ります

川沿いを肩並べ あなたと歩きたい
ひとり旅を 私 後悔してます
こんな想いはじめて
愛する時にいつも 誰でも迷うけれど
あなたのもとへ私 明日は帰ります







***この動画が再生できない方は、Adobe Flash Player をインストールする必要があります。**




「編集後記」


さて、この記事の表題は「獣との闘い」としましたが、私の父親もある意味、一種の獣です。

その一例を書いてみますと

靴を左右反対に履いて、更にはもう一足履こうとする(履けるわけがない)
洗濯物など、畳んであるものをばらまく
障子や雨戸を閉めることが出来ない
大声でわめく
等々

脳梗塞という病気で前頭葉の一部が壊死したために、このような人格を失った状態になります。

まったく、恐ろしい病気ですね。

では、また!








にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

季節の変わり目、そして「一枚の写真」




【 通算544号 】

2018年7月31日(火)


日中の35度前後の猛暑に加えて、朝晩も寝苦しい30度近い日々を過ごしてきた我が身にしてみれば、先週末辺りから感じ始めた朝晩の冷えは、25度近辺とは言え、実に過ごし易い快適な気候となって参りました。

昨年も暑かったとは言え、今年の比ではなかったかと思います。そんな昨年は、通例はお盆過ぎから朝晩に冷えを感じ始めたものが、8月の10日前には既に秋風が吹き始め、季節の変わり目を普段よりも早く感じました。

今年の場合は(これは私の勘ですが)、8月始め辺りが季節の変わり目で、昨年よりも更に10日くらい早い到来になるのではと思います。

そしたら、この夏場に失いかけていた、私の物事に対する積極性も戻ってくれたら有難いなー、と思う今日この頃です。
                                                                                                                        
             
一方、今年の異常な陽気は我が家の家業である稲作には好都合であるようです。元来、亜熱帯性の稲は高温には耐性があるはずなので、当然と言えば当然なのです。

そんな7月は稲にとってはかき入れ時で、7月下旬から8月上旬に掛けての出穂(穂がでること)に向けての蓄えを行う時期ですが、栽培する農家にとってもかき入れ時で、追加の肥料を施したり、土手の草を短くして、害虫の営巣を防止したりと、朝晩に作業を行う機械の音が鳴り響きます。

私、スリーピーも朝から暑い最中、草刈りをしたり、日中の高温時に肥料を散布したりと、週末、朝晩と忙しい日々でした。田んぼの草取りが出来なかったことにより、減収も予想される中、散布した肥料によって、稲の葉っぱの青さが黒々と目立つようになるのを見ると、少々の安堵感を得ます。私にとってのご褒美です。

今後、8月に入って、穂が出れば、柔らかい幼穂を狙って飛来する害虫を駆除するための薬剤散布が必要になります。そんな8月を経て、9月の稲刈りも間近です。

DSC_0059a.jpg
日光の山々を眺めながら

DSC_0064a.jpg
出穂です







さて、真理さんのアルバム「小さな人生」から選んでお届けしてきた、この数か月。今回も同じアルバムからお届け致します。

それは

一枚の写真

です。 

久しぶりに愛車「ライフ」の車内でミニコンサートを開いた際に、この作品が掛かり、その歌唱の中の真理さんが生き生きと感じられました。

「今年はお幾つになられるのだろう?」

忙しさにかまけて、彼女の年齢も忘れている自分を笑いました。

2011年のスリーピーのアレンジです。 お楽しみ下さい。




作詞:安井かずみ
作曲・編曲:川口 真

一枚の写真から 思い出が ほどけるの
あの時 何気なく つないでた 手と手
ギター弾くたび いつも間違える
そんなあの人が とても大好きだったのに
恋人というよりも 兄妹のようだった
ふたりは似ていたわ 色んなこと すべて

いつだかのコンサート 色あせた プログラム
あの時 帰り道 初めてのお酒
とても自然に 肩にもたれて
ちょっと大人びた 夜は スリルがあったのに
恋人というよりも 兄妹のようだった
わたしは忘れない 青春のすべて








***この動画が再生できない方は、Adobe Flash Player をインストールする必要があります。**




「編集後記」


さて、私の父親は、3週間という入院生活を終えて、本日、自宅に戻って参りました。

熱中症というきっかけで、救急搬送され、3週間に及んで入院した結果、脳梗塞の進展や脳に血腫も見つかり、その原因となった心房細動という心臓の疾患を可能な範囲で治療することが出来ました。その治療は今後の寿命を左右するものになりそうで、服薬をしながら、デイサービスを入れて、今年89歳になる男児の余生を全うする、お手伝いをすることになります。

では、また!










にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村

西日本の豪雨被害にお見舞いを申し上げます、そして「明日への愛」




【 通算543号 】

2018年7月16日(月)


皆さま、お久し振りです。

7月に新設(?)された祝日「海の日」を含めた3連休の最終日の夕べを過ごしています。

この7月16日の祝日は、今年に入って、正月をリラックスして過ごせて以来の、久し振りにゆっくりと過ごせた一日でした。

その理由は幾つかあるのですが、一つはこれまでにない猛烈な暑さです。通常であればこの時期、土日といえば、田んぼの土手や非耕作の畑の草刈が忙しく、どうしても体に無理を強いて農作業をしてしまうのですが、この3連休は連日の猛暑で、農作業をやろうにも出来ないのが現実で、結果、体を休めて休息を十分に摂ることが出来ました。

一方、私の場合は、土日となりますと、高齢の父母を朝から晩まで見守る責任がありますので、一時も気が休まらない、そんな状況が続いておりました。それは、入り口から出口まで、と一言で言えますが、衣食住の衣類の洗濯から、食事の準備・後始末、そして、排泄に伴うオムツ交換、そして、入浴、等々、多岐に渡ります。また、冬場は冷え過ぎない温度管理、夏場は水分の補給と、クーラーの無い室内を如何に涼しく保つか、という工夫が必要です。

そんな父母の介護でしたが、この「海の日」だけは全ての束縛から解放されたのです。「父母がどちらかへ旅行でも?」とお思いになるかもしれません。いや、これは人の不幸なので簡単には喜べないのですが、父が2度目の脳梗塞を起こし、病院に入院したのです。幸いに症状は軽く、手足の麻痺や言語障害の悪化もさほど無いので、家族としても安心して病院に預けられる、そんな思いで彼の入院を捉えています。

一方、母は今年の1月からデイサービスに通っておりますので、祝日であるこの7月16日であっても、介護施設は通常通りで、朝9時頃に送り出せば、夕方まで家の中は私だけ、という、これまでに無い状態を作り出すことに成功したのです。

「なーんだ、そんなこと?」

という批判のお言葉が聞こえて来そうですが、老人介護というものは365日切れ目が無く続くもので、私でさえ、既に7年間、程度の差こそあれ、断片的ながらも、老人介護と向き合って参りました。

外での仕事は無い、老人はいない、となれば、精神的に気に掛ける必要もない、全てが自分の時間。自由に出掛けても良いのですが、ご他聞に漏れず、外は35度に迫る高温で、大量の発汗を覚悟せねば外出もできません。結果、家の中で寝たり、食べたり、という理想の休息の時間、と相成りました。

久し振りの100%の休息で、夜のこの時間には疲れてパソコンの前に座ろうという気持ちになれなかった自分が、今はパソコンの前にどっかと座って、キーボードを連打している。不思議な一日でした。

両親に感謝です。

一方、良いご報告が一つあります。それは、私が「おじいさん」と呼ばれる日が12月頃に訪れそうなんです。そう、初「孫」の誕生が長男から報告されました。50歳代の「おじいさん」は嬉しいのか、悲しいのか。どちらにしても、この秋は大きな実りの秋になりそうです。




前回、前々回と、真理さんのアルバム「小さな人生」から選んでお届け致しました。

今回も同じアルバムからお届け致します。

それは

明日への愛

です。 

今回の西日本の豪雨被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。私も2年ほど前に、床下浸水を味わい、家にも被害が及びました。それでも、何とか住める家があることを有難く思っています。今回の被災された皆さま、真理さんの作品を時には聴いていただいて、復興に頑張っていただければと願っております。

2011年のスリーピーのアレンジです。 お楽しみ下さい。




作詞:安井かずみ
作曲:筒美京平
編曲:荻田光雄

私から 愛をとったら
何にも 残らないでしょう
どうぞ いつまでも
胸の灯り
消さないで欲しい あなた
 あなたから 送られる
 幸せを 抱きしめて
 明日へ つなぎたい
 願いです

ふたりなら
たとえ空が 曇っても
歌があるでしょう
肩を寄せ合って
心細い 
若いふたりでも ふたり
 特別な めぐり逢い
 この愛を 大切に
 明日へ 続けたい
 わたしです









***この動画が再生できない方は、Adobe Flash Player をインストールする必要があります。**




「編集後記」


前回の記事から、2か月が過ぎてしまいました。 毎回、空白月数が増えてしまう傾向があり、困っております。

しかし、今年の5月に始まった連日の暑さは、日増しに強まるばかりで、夏が嫌いなスリーピーの体力を奪うばかり。夜、食事を終えて、母を寝床へ運んで就寝させ、父を入浴の世話をすると、もう私の体力と気力は、パソコンのキーボードを叩くほどには残っていないのです。

せめて、この暑さが収まってくれれば、と願う2018年の「海の日」でした。

では、また!










にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村

異常気象、でも束の間の季節感、そして、「ひとりぼっちのデート」




【 通算542号 】

2018年5月20日(水)


1か月ぶりの更新です。

4月に既に夏の暑さが到来し、5月の連休には夏場を思わせる高温となり、このまま季節が前進すれば、予想される夏の猛暑はどんなにか激しいものになるのでは、と憂う人々の声をニュースで耳にする、今年の春から夏にかけての気候でしたが、この数日は朝晩の冷えは例年の五月並みと思われるほどに落ち着いて、既に衣替えを終えて、夏服に替えた人々も、朝晩の冷えに耐え切れずに、薄い長袖が欲しくなる、そんな季節の戻りを感じる昨今です。


今回は、そんな異常気象が我が家の生活に与えている影響について、お話します。

まずはカメムシのお話。

昨年の秋は、秋らしい気候をほとんど経験することなく寒さが到来してしまい、例年であればどこからともなく一斉に出現するカメムシが、一切の姿を見ることなく、冬に入ってしまいました。カメムシというと田んぼで稲も食害する細長のカメムシも存在しますが、ここで言うカメムシは、やや太めの胴体で家の中で発生し、うっかり踏みつけてしまうと、鼻が曲がるほどの匂いを発する、嫌われ者の害虫です。

そんなカメムシですが、昨年の秋に発生する機会を失って、じっと春の到来を待っていたらしく、家じゅうの至るところに発生して、悪臭を放っては私たちを困らせています。


話題は我が家の家業であります、田んぼの稲の栽培に替わります。

こちらも昨年の異常気象の反動を受けてのことなのですが、昨年は我が家の周囲の田んぼよりも、数週間、遅れて稲の作付けを行ったために、当然のことながら、稲刈りのタイミングも周囲より遅れていたのですが、一方、季節は秋を通り越して一気に冬の様相であったため、稲の収穫の適期を失い、収穫に多大な影響を受けました。加えて、イノシシやシカによる食害との相乗効果で、ほとんど収穫がゼロに近い圃場もありました。

そんな反省もあって、今年の稲作は、とにかく「前進、前進」で進めました。2月から始まる、田植の準備にも熱が入り、周囲がまだ冬の休みの雰囲気の時に、積極的に田んぼに出て、準備を行いました。その甲斐もあって、順調に作業が進み、例年であれば、5月の中旬以降の田植えが、5月3日スタートという、約3週間の前進を可能としました。

5月3日に田植えを初めて、5日には機械植えを終えた時には、何とも充実した達成感を覚えたものです。その後、朝夕の出勤退勤時に周囲の田んぼの状況を見るにつけ、「早く終えて良かった」と何度思ったことでしょう。

あれから3週間が経て、ゆとりを持って、土手の草刈りや水管理が出来て、健康の有難さを感じているのです。






前回は真理さんのアルバム「小さな人生」から選んでお届け致しましたが、今回も同じアルバムからお届け致します。

それは

ひとりぼっちのデート

です。 

前回の作品もそうですが、私にとっての「真理さんワールド」と言える作品だと思っています。

2011年のスリーピーのアレンジです。 お楽しみ下さい。




作詞:山口洋子
作曲・編曲:川口 真

まえの土曜は あなたと向かい合ってた
なのに今日はひとりで お茶を飲んでる
ちょっと帰りに声だけ 掛ければ良かったわ
好きなくせに 素直になれないのよわたし
あ、曇りガラス 小指でイニシャル書いて
ひとりぼっちの寂しさ うずめているのよ
ほんと今あなた 愛してるの

恋をすれば 誰でも詩人になるわ
愛をつなぎとめたい 言葉が浮かぶ
とうに気持ちは あなたと暮らしているのよ
朝も昼のそれから もちろんそう夜も
あ、いつかあなた 気づいてくれるのかしら
思い切ってわたしが打ち明けようかな
ほんと今あなた 愛してるの







***この動画が再生できない方は、Adobe Flash Player をインストールする必要があります。**




「編集後記」


前回の記事から、1か月強が過ぎてしまいました。

それだけ、稲作に熱が入っていた、と言えばその通りなのですが、合わせて、二人の両親の世話をしている関係で、時間があっという間に過ぎてしまう、というのが本当のところです。

いつ終わるか検討がつかない、老人介護。 医学の発達で長生きが出来るようになったのは確かなのかもしれませんが、それでもガンや重い疾患で早期に亡くなる方も多いはず。我が家は代々の農家で、「常に体を使って仕事をしてきたので、足腰が鍛えられている、だから、長生き出来るのです」と医師に言われたことは有難いのか、どうなのでしょう。私も30年先には同じ状態になるのですが(重い疾患に罹らなければ)、自分の意志のないところで長生きはしたくない。そう思います。











にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村

平穏な日々を過ごしました、そして「明日また」




【 通算541号 】

2018年4月11日(水)


皆さま、ご無沙汰いたしております。

久し振りにパソコンの前に座っています。

長いお休みをいただきましたが、ここから、このブログを再開させていただきます。

これまでに無い、ひと際厳しい寒さであった、あの冬でした。

そんな寒さの中、山間部に住むスリーピーはこんな稚拙なブログでさえも書き続ける気力を失ってしまいました。

書こうと意気込んでも、寒さに負ける日々の繰り返しでした。

寒さが通り過ぎて、2月頃から、日差しの強さを感じ始めたのですが、急激に早まる日の出と春の気配が、これから始まる農繁期に対して「もう少し平穏に気楽な時間が欲しい」と書かないことの平穏もう少し楽しみたい、という気持ちが先に立ち、気が付いたら4月に入っていました。




先日、栃木県に住むスリーピーは、お隣は茨城県にこの春から就職した下の息子を訪ねて、愛車・ライフでドライブしました。久し振りの遠出でした。

その道すがら、久し振りに真理さんの「小さな人生」を車内で聴く機会を得ました。久し振りにスマホを操作し、Bluetooth でFMトランスミッターに飛ばし、FMラジオで受信するという流れです。それはさながらのミニコンサートでした。真理さんの作品の素晴らしさと、真理ちゃんワールドの醍醐味を改めて実感したのです。




今回はブログの再開を記念しまして、「小さな人生」から選んでお届け致します。

明日また

です。 2011年のスリーピーのアレンジです。 お楽しみ下さい。




作詞:山口洋子・安井かずみ
作曲・編曲:筒美京平

行きませんかと 誘われたの
さりげなく私 断ったのよ
とても不思議ね 彼の前じゃ
素直になれない
 雨の昼下がり 窓も濡れている
 一人残されて
 遠くに消えてく 傘を見送る
きっと きっと
あなた明日また誘ってね

夢の中では とうに私
口づけもしたし あなたのものよ
すごく好きなのに 誤解させて
いけない私ね
 雨の金曜日 バスを待ちながら
 ひとり帰り道
 誰もが肩寄せ 通り過ぎるわ
きっと きっと
あなた明日また誘ってね

私だってまだ わからないの
ほんとの幸せや 生きがいや
あなたを好きな 気持ちだけが
確かなものなの
 私 泣かないわ どんなにつらくとも
 そうよ心には
 いつかの優しい 言葉あるから
きっと きっと
あなた明日また誘ってね




[明日また]

スリーピー [SNS]


***この動画が再生できない方は、Adobe Flash Player をインストールする必要があります。**




「編集後記」


ではまた!











にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。