米より体、そして「オーヴァチュア」




【 通算529号 】

2017年7月14日(金)





いやー、暑いですね!

という言葉を交わす機会が、昨年よりも多いような気がする、この数週間です。

でも、今週の初め頃から、夕立の機会が増えて、暑いながらも午後からは一息つける、そんなこの数日です。



今年の夏はスリーピーにとって例年の夏と少し変わったことがあります。それは、田んぼの草取りを止めたことです。

例年であれば、平日の朝に早起きして、1時間位は田んぼに入り、週末はその半分は田んぼに居ました。が、今年はこの5月に軽い脳梗塞を患ったのを機に、

「米より体」
「金は無くとも健康があれば」

という合言葉の元に、無理をしないことに相成りました。

それはやはりあの、右半身にシビレが走ると言う衝撃を初めて味わったのが切っ掛けでした。これまで入院するような大病を経験したことの無いスリーピーですので、半身が麻痺するかもしれない、という恐怖は強烈なものでした。

そうなれば、これまで家計を支えてきた自分が180度反対の家族のお荷物になってしまう。そう考えた時、「何は無くとも健康が一番」 そう思うようになりました。

それは間近に迫っている定年という節目を境に、定職が無くなるかもしれない、という恐れを抱えながらも、「健康さえあれば何とかなる」という割り切りに繋がり、「健康であるためには」を第一に考える、という図式と相成った次第なのです。


でも、田んぼに入らないければ、田んぼは草だらけ。頼みの除草剤も決してバカにならない高額です。

「こんなやり方で、田んぼに稲を作付けして、何の意味があるのだろう?」

と考える時もありますが、健康 と 山間地の景観の維持、という二つの大義名分があれば、世間は何とかに見てくれるだろう、と自分に言い聞かせる、この頃です。(世間の評価のために稲を作付けしているわけでもないのですが、田舎では世間体を多少気にします)





さて、前回、佐藤愛子さんの著書を2冊購入した、とご報告しました。

既に2週間経っているので、最早、読み終わっていないなどといえない状況ですので、ここで少しの読後の感想を書いてみたいと思います。

九十歳。何がめでたい

この作品は御歳92歳の彼女が、2015年の4月から、2016年の6月に掛けて連載されたエッセイをまとめて出版されたものです。

執筆時に92歳、この秋には94歳になる彼女。94歳とは、どのような心理状態、どのような体力なのでしょう? 私スリーピーが60歳を間近に、日々感じるのは、少し曲げると痛みが走る右腕、ほんの少しの中腰で痛みが走る腰、等々の痛みばかり。それに加えて、高血圧と脳梗塞の後遺症と思われる体のだるさ。

「これじゃ、60歳での再就職は無理だわ。」

と半分笑いながら納得する自分がいます。

そんな60歳前に比べて、はるか30歳以上の開きがある彼女が、文字で発する強さに関心させられます。

それは、語気の強さ、自虐的であるのに悲観的でない明るさ、大正生まれという激動の時代を生き抜いてきた経験から言い当てる世相批判、等々が文字となって一冊の本になっているのです。

私がこの作品の中で深く記憶に残るのは

「グチャグチャ飯」 と 「いちいちうるせえ」

でしょうか?

「グチャグチャ飯」では、私の生き物に対する考え方と重ねあう部分があります。基本的に「生き物は飼いたくない」という基本姿勢である著者が成り行きから一匹の犬を飼うことになり、その犬が「腎不全」という病気で本来なら長生きする筈が早めに息絶えたというお話。自分の信念から与えていたグチャグチャ飯は手抜きではありながら、当時としては的を得た栄養に富んだ食事だったのですが、忙しい彼女が与え続けたそのグチャグチャ飯をあの世に行った犬が「また食べたい」と言ったらしい。それを聞いて涙が溢れた、という顛末です。実はその食事内容は我が家のそれと同じで、我が家でも以前飼っていた雑種の犬が余り長生きせずに亡くなりました。それ以来、私も同じような心境を経て「二度と飼い犬はもらわない」と決めているのです。それは「飼うなら、良い環境で長生きして欲しい」という希望があるのに、それが実行出来なかった経験から同じ轍を踏みたくない、という恐れがあるためです。よくラジオ放送で公共機関が訴えています「命を飼う覚悟はありますか」と。

「いちいちうるせえ」では、筆者が経験した子供の育つ環境に比べて、今日のギスギスした世相に警鐘を鳴らす内容となっています。
”この国をやたらにギスギスとして小うるさく、住みにくく、いちいちうるさく感じるようになっているのは、何かにつけて雨後のタケノコのように出てくる「正論」のせい”
と筆者はまとめていますが、学校での体罰然り、教師と生徒との関係から直ぐに裁判沙汰になる昨今の教育事情を垣間見る思いです。昔はもっと大らかだったなー。







さて、真理さんの作品のご紹介です。

今回はこの季節7月にリリースされた真理さんの10枚目のアルバム「君よ知るや南の国」から、このブログでも初めてお届けする

「オーヴァチュア」

をお聴きいただきましょう。

この曲はミュージカル「君よ知るや南の国」の舞台の冒頭で流れた作品です。

それではお聴き下さい。 koshigayahonda さんの作品をお借りしてのご紹介です。











そして「天地真理ミュージック・コレクション」の再放送です。


今回は2014年11月22日に、FM軽井沢で放送された第113回目の放送です。


保志野弓子さんによる気ままな話題/トンガリ屋根の教会へ、花嫁の友だち

それではお楽しみ下さい。




<Windows Explorer, Lunascape 等のブラウザではこちらから>

音楽を聞くにはプラグインが必要です



<Google Chrome, Mozilla Firefox, Opera, Safari, 等のPC用ブラウザ、スマホ用ブラウザ, 等々ではこちらから>



このブログ上での再放送開始を受けて、このブログのインデックス的位置づけのHP「癒しの天地真理」での再放送が無くなりましたので、これまでのように、ブラウザの違いによる入口の違いも気にする必要がなくなります。

今後はどのブラウザをお使いになる場合でも、こちらの入口からお入りになれます。

『癒しの天地真理』への共通入口








「編集後記」


今月に入って、野生のサルの襲撃を受けて、サツマイモ(まだ実が付かない)のツルを引き抜かれたり、カボチャ、ナスといった果菜類が被害に合い、今年に入ってからは一度もナスを食べられない事態に至っています。この秋には、サツマイモは皆無に近く、カボチャもどれほど見込めるか不明です。

更には、恒例の父が炎天下に移植した長ネギまで引き抜かれる始末。もう、腹が立って仕方ないのですが、一時忘れるようにしています。

食べるものは他にあるし、最盛期であればナスやカボチャは安く買えますから。

彼らが人里に出て来るに至った原因はかれら自身にはないのです。強いて言えば、人間の身勝手が原因。文明の発達という、より便利、より快適を求め過ぎた代償とも言えるでしょう。

佐藤愛子さんが書いておられます。「文明が進歩し過ぎると人間性が退化する」と。

ではまた!







にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村

これから暑いのに冬に向かう地球、そして「恋の予感」




【 通算528号 】

2017年6月30日(金)



6月最後の日、30日です。



DCIM0352a.jpg
季節の指標、濃い緑のイチョウです



梅雨空の下、富士山の山開きや、海水浴場の海開きなど、軒並みでいよいよ夏本番に向けての準備が着々という状況です、皆さまのお住まいの地域では如何でしょうか? 夏らしくなってきました?

我が家では、夏らしいと言えば、毎朝のように高齢の父がキュウリを収穫してきてくれること。また、高齢の母の服装が長袖2枚から1枚になったことでしょうか?

「高齢」と言えば、我が家の電気コタツは未だに居間を占領しています。時折、朝晩が涼しい時は、高齢の父母が必要とするのです。母が長袖を着用しているのもその流れで、高齢になると体温の調節が上手くいかず、夏でも「寒い」という言葉が飛び交うのです。 寝具で言えば、やっと分厚い綿入れフトンから卒業したばかり。

入浴はほぼ毎晩、私が介助していますが、同じように熱めのお湯でないと「寒い」と言われます。昨今のように蒸し暑くなって、やっと「シャワーでもいいかな?」という問いかけに応じるようになりました。

普段、私が出勤中は家の中を歩くくらいで運動は限られますので、週末は思い切って外に私が外に連れ出す、そんな週末です。かと言って、遠出は叶いませんので、せいぜい100mくらいでしょうか。

という、私スリーピーの介護生活です。

「今頃、尾瀬ではニッコウキスゲが咲き出しているだろうか?」
「夏の燧ヶ岳はどんな花が咲くんだろう?」

とか、叶わない夢を思い巡らす今日此の頃です。


ところで、去る6月21日が夏至でした。ということは、既に昼間の時間は短くなりつつある、ということ。これから暑くなって、夏本番を迎えるのに、地球は着々と冬への準備の初めているのです。

つい先日、正月が明けたように記憶しているスリーピーです。あと3ヶ月で稲刈りになって、あと6ヶ月で正月だ。また、寒くなるなー。

しょうもないスリーピーです。


DCIM0353a.jpg
全く関係ないのですが、愛車ライフの記念すべき、123456 メーター






さて、真理さんの作品のご紹介です。

今回は前回ご紹介した、真理さんの8枚目のアルバム「恋人たちの港」から

「恋の予感

をお届けしましょう。

それではお聴き下さい。 2011年のスリーピーのアレンジで、ワンコーラスです。



作詞:山上路夫
作曲:森田公一
編曲:竜崎孝路

あなたとデイトもしたことないのに
なぜ気になる なぜ気になる
時々孤独な目つきをしている
あの姿気になる
なにかあなたに 私はしてあげたいのよ
私に私に できること
まだ気づかないの 私のこの想い
まだ知らないのね 私の愛を

あなたをいつでも探してしまうの
なぜ気になる なぜ気になる
笑っていてさえ 私は分かるの
あの淋しそうな目
どうぞ話して 私にあなたの心を
悩みが悩みが あるならば
まだ気づかないの 私のこの想い
まだ知らないのね 私の愛を

何かあなたに 私はしてあげたいのよ
私に私に できること
まだ気づかないの 私のこの想い
まだ知らないのね 私の愛を



[恋の予感]

 []






そして「天地真理ミュージック・コレクション」の再放送です。


今回は2014年11月15日に、FM軽井沢で放送された第112回目の放送です。


保志野弓子さんによる気ままな話題/青春、トンガリ屋根の教会へ(涙は明日へに代わって)

それではお楽しみ下さい。




<Windows Explorer, Lunascape 等のブラウザではこちらから>

音楽を聞くにはプラグインが必要です



<Google Chrome, Mozilla Firefox, Opera, Safari, 等のPC用ブラウザ、スマホ用ブラウザ, 等々ではこちらから>



このブログ上での再放送開始を受けて、このブログのインデックス的位置づけのHP「癒しの天地真理」での再放送が無くなりましたので、これまでのように、ブラウザの違いによる入口の違いも気にする必要がなくなります。

今後はどのブラウザをお使いになる場合でも、こちらの入口からお入りになれます。

『癒しの天地真理』への共通入口








「編集後記」


先週から読み始めた、佐藤愛子さん九十歳。何がめでたい。」ですが、やはり面白いです。

短期で喧嘩早い、元気な筆者ですが、その真髄にはあの悲惨な戦争をすり抜けてきた人間の愛情に満ちた感情がてんこ盛り。

それは上っ面の感情ではなく、真を突く、愛に満ちたもの。 言い方は多少キツイですけど。

「人生相談」 や 「グチャグチャ飯」 等々

毎晩、少しずつしか読み進めませんが、読了したら、感想を書かせていただこうと思っております。

ではまた!








にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村

車検、中古車選び、風呂釜の故障、そして「恋人たちの港」




【 通算527号 】

2017年6月21日(水)



久しぶりに雨の関東地方・栃木県です。

やっと梅雨らしくなりました。

スリーピーは、晴耕雨読の百姓を目指していますので、晴天ばかりのこれまでの数ヶ月は辛いものがありました。

やっと訪れた雨読。

久しぶりに本を選びました。それは、..............

「90歳。何がめでたい」

という、弱冠93歳の佐藤愛子さんのエッセイ集。結構な人気なんだそうです。

medetai.jpg
毒舌とやさしさ、佐藤愛子さん



omosirokatta.jpg
これも買いました




佐藤愛子さんという方については断片的に「元気のいい方」という認識ではおりましたが、「読んでみたい」という気を起こさせたのは、NHKラジオ番組での対談番組を拝聴したのがきっかけでした。

その番組で一番印象的だったのは、視聴者からの投稿に対し、本気で涙を流されていたご様子を聴くに及んだから。

年を取ると涙もろくなる、これは一般的に言えることではあるのですが、普段は毒舌のこの方が涙する様子を聞き手のアナウンサーが実況する場面は、聴いている私でさえ、もらい泣きをしそうな雰囲気でした。

そんな佐藤愛子さんの書籍ですが、実はまだ届いておりません。アマゾンにKindleという媒体を利用した無料での試読というサービスがあり、これを利用して数ページを試し読みをしたのみです。届く日が楽しみです。




一方、私スリーピーは、このところネットオークション三昧です。と言いますのも、娘がやっと自動車運転免許を取得できたので、お気に入りの中古車探しをしているからです。

私の愛車・ホンダライフは同じネットオークションで2年前に安価に落札して、実に4万キロを走破しました。そして、この6月に車検を受けたのですが、磨り減ったタイヤを交換したくらいで、全くもって丈夫そのもの。更にあと2年は愛用するつもりです。

そんな安価に良い買い物ができるネットオークションで娘の車も、........ とは考えているのですが、女性は「色」や「内装」にこだわりがあり、なかなか気に入ったものが見つかりません。その上に、オートマチック専用免許となると、燃費も良いものを選ばねばならんし、心配は尽きません。

そこに、風呂釜の故障が加わって、既に10数年使用したものであるため、中古で済まそうとなれば、これもネットオークションで必要な部品を探そうと躍起になります。

というわけで、DIYに近い車検の手配、自動車探し、風呂釜探し、と気ぜわしい毎日のスリーピーなのです。









さて、真理さんの作品のご紹介です。

今日の日にち、6月21日を頭に置きながら、真理さんのアルバム集(Marist さんの夏を忘れた海 -天地真理のページ-)を物色しておりましたら、1974年の同じ6月21日にリリースされた、真理さんの8枚目のアルバム「恋人たちの港」が目に留まりました。

というわけで、このアルバムから、タイトル曲の

「恋人たちの港

をお届けしましょう。

それではお聴き下さい。 2011年のスリーピーのアレンジで、ワンコーラスです。



作詞:山上路夫
作曲:森田公一
編曲:竜崎孝路

はじめてよ二人して 港へと来てみたの
キラキラと船灯り 夢見ているみたいにきれい
白いあの船に乗り どこか遠くの国へ
あなたと今二人 行ってみたい知らないとこ
港の通り歩いてゆけば 遠く汽笛が鳴るわ

海沿いのこのお店 窓際へ座ったの
美しいことばかり なぜ私とあなたにあるの
あれはギリシャの船と 指で教えるあなた
目と目が合い二人 何も言えず黙ってるの
お店の窓を震わせながら 遠く汽笛が鳴るわ

白いあの船はまた 海に出てゆくのでしょう
明日もこの愛は きっと何か見つけるでしょう
港の街と別れてゆけば 遠く汽笛がなるわ




[恋人たちの港]

 []







そして「天地真理ミュージック・コレクション」の再放送です。


今回は2014年11月08日に、FM軽井沢で放送された第111回目の放送です。


保志野弓子さんによる気ままな話題/オレンジ色の旅、空いっぱいの幸せ

それではお楽しみ下さい。




<Windows Explorer, Lunascape 等のブラウザではこちらから>

音楽を聞くにはプラグインが必要です



<Google Chrome, Mozilla Firefox, Opera, Safari, 等のPC用ブラウザ、スマホ用ブラウザ, 等々ではこちらから>



このブログ上での再放送開始を受けて、このブログのインデックス的位置づけのHP「癒しの天地真理」での再放送が無くなりましたので、これまでのように、ブラウザの違いによる入口の違いも気にする必要がなくなります。

今後はどのブラウザをお使いになる場合でも、こちらの入口からお入りになれます。

『癒しの天地真理』への共通入口








「編集後記」

冒頭でご報告した、風呂釜の故障ですが、壊した犯人は今年88歳になる父です。

風呂の水が栓のゆるみから少しずつ抜け、空焚きとなったために電気系統が故障したものです。

家事にならなかったのは幸いでしたので、父を責めるのも酷でした。

先にガステーブル上でなべを火に掛けたまま消し忘れが何度かあり、ガスの元栓は常時締めるようにしましたが、今度は風呂釜です。また、時々は未だに使っている電気ゴタツの電気の消し忘れがあり、いつ火事になりはしないか心配の毎日です。

生活寿命という数値があります。自分で普通に生活ができ、他人の世話にならずに済む年齢だそうです。我が家の場合、生活寿命は80歳、いや頑張っても85歳止まりだったでしょうか?

そんな年齢に自分も近づいていることを考えるとやり切れない思い一塩です。あー、いやだ!

ではまた!








にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村

6月の空、そして「好きだから」




【 通算526号 】

2017年6月6日(火)



6月に入りました。

5月は暑さが際立ちましたが、何故か6月に入ってからは晴天であっても風が強かったりで、日中でも25度を下回ることが多く、過ごし易い日々が続いているな、と思っておりましたら、それもその筈で、今日九州付近が梅雨入りしたということで、私が住む関東地方でも間もなく梅雨入りとの週間予報でした。

兼業農家をやっていて、最近特に感じることがあります。朝4時頃から明るくなると、「何かをやらないといけない」という圧迫感を感じるのですが、それに輪を掛けるのが強い朝陽の光線です。中山間部に住むスリーピーですので、山の端から太陽が昇り始めるのは5時過ぎですが、少し寝坊をすると、その鋭い光線が、まだ床にいる私の心に突き刺さるように感じるのです。まるで「はよ働け」と言っているように。この思いは脳梗塞を発症した直後の5月末には顕著でした。でも、その際受診した医師の言葉が助けてくれました。「今、無理をすると、後で後悔しますよ。最悪、右半身が動かなくなる。」

この言葉を受けて、作業が途中だった田植えはそこそこで切り上げ、機械植えの後の田んぼの手直しや、田植えに使った苗箱の後片付けなど、省略といいますか、放ったままで安静に心掛けました。その甲斐あってか、何とか以前と変わらない日常生活に戻れました。

でも、この6月に入ってからは朝から曇り空の場合が多く、スリーピーは癒されております。少し遅めに起きて、少しだけ作業をする、雨が降っていたらゆっくり休む、そんな毎日が可能になります。何と嬉しいことでしょう。

幸いにも軽症で済んだ、今回の病気です。「普通に過ごす喜び」が続くよう、無理をせずに過ごしたいものです。


今年の田植えが済んだ、我が家の田んぼです。手直し無しで欠株が目立ちますが、............

DCIM0336a.jpg












さて、真理さんの作品のご紹介です。

幸いにして日常生活に戻れた、私スリーピーが、体を第一に考えつつ、元気に生活できるよう、そんな願いも込めて、この作品をお届けしたいと思います。

「好きだから

それではお聴き下さい。 2010年のスリーピーのアレンジで、ワンコーラスです。





作詞:後藤益子
作曲・編曲:森岡賢一郎


好きだから 好きだから
あの人が とっても好きだから
わたしは お嫁に行きたいの
赤い花束 二人で抱いて
白い砂浜 かけて行くの

はじめての はじめての
恋を知った 今だから
わたしは お嫁に行きたいの
赤い花束 二人で抱いて
白い馬車に 乗って行くの

好きだから 好きだから
あの人を ほんとに好きだから
わたしは お嫁に行きたいの
赤い花束 二人で抱いて
白いお城に 住みたいの



[好きだから]

 []









そして「天地真理ミュージック・コレクション」の再放送です。


今回は2014年11月01日に、FM軽井沢で放送された第110回目の放送です。


保志野弓子さんによる気ままな話題/一杯のレモンティー、クラス会

それではお楽しみ下さい。




<Windows Explorer, Lunascape 等のブラウザではこちらから>

音楽を聞くにはプラグインが必要です



<Google Chrome, Mozilla Firefox, Opera, Safari, 等のPC用ブラウザ、スマホ用ブラウザ, 等々ではこちらから>



このブログ上での再放送開始を受けて、このブログのインデックス的位置づけのHP「癒しの天地真理」での再放送が無くなりましたので、これまでのように、ブラウザの違いによる入口の違いも気にする必要がなくなります。

今後はどのブラウザをお使いになる場合でも、こちらの入口からお入りになれます。

『癒しの天地真理』への共通入口








「編集後記」

今年58歳になるスリーピーです。

実は脳梗塞を患う少し前に、「直前で焦っても、転職先なんてみつからねーよ。」との危惧から、ハローワークのHPを見て、自分が出来そうな仕事を探していましたが、良さそうな仕事には必ず「40歳以下」とか「長期雇用を目的として若年希望」とか書いてあり、

「なるほど、年寄りの仕事は少ないわ」

と、現実の難しさを目の当たりにしていました。雇用主にしてみれば、若い人材の方が良いに決まってますよね。

でも、一時の右半身の付随状態から日常生活に戻れた今では

「健康さえあれば、何とかなる」
「今から焦っても仕方がない」

という、開放感に満ちた心境です。自分の事ばかり心配していないで、周囲の人たちに心を配らねば。そうすれば、道は開ける。

そんな一つ大人になれたスリーピーでした。

この歳でお恥ずかしい!

ではまた!








にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村

1年の半分を終えて、そして「遠い夏」




【 通算525号 】

2017年5月31日(水)




5/20 に脳梗塞を発症したスリーピーですが、幸いにも太い動脈でなく、MRIに映らないような細い末梢血管の詰まりで済んだ模様で、既に1週間が過ぎて受診したところ、今後3ヶ月、6ヶ月と経過するにつれて、徐々に体調は良くなるでしょう、との担当医師のご見解でした。

医師によれば、50代での発症は若い部類とのことで、家系的に高コレステロールであるがために起こった必然性を指摘されました。となれば、怖いのは再発で、血管を拡張して、血液のサラサラを維持するのが必須とのこと。今後、30年とも40年とも思われる、私のこれからには欠かせない薬となるようです。

でも、考えようによっては、病気と上手に付き合って、無理をしない生き方を選べば良いことになり、若くして発症し、軽症で済んだことは帰って幸いであったように思っています。

一時は半身不随も考え、将来の夢さえも諦めかけた私にとっては、とても心が軽くなった、この1週間でした。

皆さまもこれからまだまだ長い人生、お気をつけあそばせ!




ところで、今日は1年の前半の最後の日、5/31です。

ついこの間、新年が明けたと思ったら、あっと言う間に半年が過ぎようとしているんですね。

まったく、歳を重ねると、年毎に時間の経過が早く感じます。

あ、これはまた、年寄りの愚痴になってしまいました。


ということで、衣替えも終え、初夏と言える6月になる前に、深緑の季節を再び。

スリーピーの勤務する、栃木市の公園の木々たちです。

DCIM0340a.jpg
4月に一度お伝えしたしだれ柳も今ではこんなに深緑に

DCIM0343b.jpg
青い花びらが象徴的

DCIM0343a.jpg
こちらはピンク

DCIM0335a.jpg
そして、いつぞやの朝、日の出の様子です







さて、真理さんの作品のご紹介です。

6月では似合わない、そう5月にお届けしたいのがこの作品

「遠い夏

です。これから暑くなる、今だからお伝えできる、そんな気がしました。

それではお聴き下さい。 2010年のスリーピーのアレンジで、ワンコーラスです。





作詞 安井かずみ
作曲・編曲 森田公一


夏を忘れた 麦わら帽子 
胸に抱いて この道行けば
いつかみんなで 唄った歌が
風の音に混ざり合い
私の胸でくりかえす
ララララララ ラララ

風邪につられて 歩いて行けば
この当たりに 咲いてたスミレ
いつかみんなで 語った夢が
恥ずかしそうに 一人今
私の胸で恋をする
ララララララ ラララ

走り書きした この絵葉書が
あの人の 手元に着けば
いつか二人が 巡り会うよな
春を待つ ざわめきが
私の胸を過ぎてゆく
ララララララ ラララ 













そして「天地真理ミュージック・コレクション」の再放送です。


今回は2014年10月25日に、FM軽井沢で放送された第109回目の放送です。


保志野弓子さんによる気ままな話題/もの想う季節、ブランコ

それではお楽しみ下さい。




<Windows Explorer, Lunascape 等のブラウザではこちらから>

音楽を聞くにはプラグインが必要です



<Google Chrome, Mozilla Firefox, Opera, Safari, 等のPC用ブラウザ、スマホ用ブラウザ, 等々ではこちらから>



このブログ上での再放送開始を受けて、このブログのインデックス的位置づけのHP「癒しの天地真理」での再放送が無くなりましたので、これまでのように、ブラウザの違いによる入口の違いも気にする必要がなくなります。

今後はどのブラウザをお使いになる場合でも、こちらの入口からお入りになれます。

『癒しの天地真理』への共通入口








「編集後記」

今年88歳になる父は、私より前に87歳で脳梗塞となり、それを境に「要介護1」となり、今では毎日眠ったような日々です。

私も脳梗塞から10日余りした経っておりませんが、何か体力が落ちたように思います。一日の労働を終えて家に帰ると、体がふら付くのです。

脳のほんの一部が壊死したために起こる脳梗塞という病気の恐ろしさを改めて感じるとともに、罹患してみないと分からない、病気の現実を知ることとなりました。

まだ、体が麻痺した訳でもないので、「何を悲観するのか」と叱られそうですが、こうなると分かっているなら、何故もっと早めに対策をとれなかったものか、と悔やまれます。高血圧の治療は行っていましたが、余り良い患者ではなかったな、と反省する毎日です。

ではまた!








にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード