天地真理 (番外編) あの素晴らしい愛をもう一度

今日は、12月29日。一般的には仕事収めも済み、自宅で年末の大掃除やら、餅つきやら(あ、一般的に九日餅は縁起が悪いそうですね)で家事をこなすのに忙しい貴兄かと存じますが、私、スリーピーは、会社で残務整理。悲しいやら、空しいやら。そんな仕事の合間にYoutubeを覗いたところ、素晴らしい曲を見つけました。今、私の好きなベスト5をお披露目している途中なのですが、番外編として、皆様にご披露したく、ペンを執りました。

フォーククルセイダーズというグループが、40年代の前半にデビューしました。デビュー曲は「帰って来たヨッパライ」。おらは死んじまっただ~、で始まる有名な曲です。こんなふざけた歌を歌うグループは、どんなへんてこりんんなグループかと当時は幼いながら、眉をひそめたものでした。

一方、真理さんはフォークソングのいくつかをカバーしていますが、私が聴くカバー曲のほぼ全てがお世辞でもなく、オリジナルを超える出来栄えだと思うのです。彼女の歌声は、発声法が正当なので、高音にも低音にも対応が可能なので、へたをすると、オリジナルの曲を超えてしまうのです。

そこで、皆さまにご紹介するのは、あのフォーククルセイダーズが後にリリースした、知る人ぞ知る「あの素晴らしい愛をもう一度」です。 この歌なら、だれでも青春の1ページを飾っているものと思います。

ではまずはじめに、フォーククルセイダーズのオリジナルをお聴きいただきましょう。あの、「「帰って来たヨッパライ」を歌った彼らは、そまま健在です。

それでは、お聴き下さい。 出典は、hoochicoochiuploader さんです。







いかがでしたか? 遠い昔を思い出されたのではないでしょうか? 彼らの歌い方は庶民的で、誰でもすぐ歌の輪に加われる、そんな雰囲気の曲ですよね。

ところがです、この曲をあの本田路津子さんが、歌うとすがすがしい響きとなります。彼女の美しい声質、伸びやかな発声、等々、この曲をまた違ったイメージに変えてしまうのです。 ひょっとすると、皆さんの心に残っているのは、彼女の歌かもしれませんね。

それでは本田路津子さんでお聴き下さい。 出典は、HondaRutsuko さんです。







いかがでしたか? やはり私たちの記憶は、彼女の歌声だったような気がしますね。 改めて思い出します。

ところが、ところがです。これを真理さんがカバーすると、どうしてどうして、路津子さんに肉薄してしまうのです。これはもう、驚き以外の何物でもありません。改めて真理さんの歌唱のレベルの高さを実感させられます。声質が路津子さんに似ていることもありますが、高音から低音まで、彼女に負けないくらい透き通っているからだと、私は思います。

それでは、真理さんの「あの素晴らしい愛をもう一度」をお聴き下さい。後半の彼女の声の伸びにご注目下さい。この部分で本田路津子さんを超えています。

出典は、pigzag さんです。







私は、38年前に真理さんの歌唱力に疑問を持った時期がありました。それがきっかけで、彼女から離れ、38年経って再び、戻って参りました。38年前当時の彼女の過酷なアイドルとしての生活を思いやることができず、テレビのブラウン管に現れる彼女の姿と立ち居振る舞いだけを観て、それがマスコミによる無理強いであったことさえ、気が付かず、彼女から離れて行ってしまったのです。

復活のきっかけは、Youtube でした。わずか1ヶ月前に出会った、彼女の透き通るような声に身震いがしました。疑いが晴れる瞬間でした。

でも失った38年は戻りません。何と残念なことをしてしまったことか、後悔ばかりです。もし、これまでの38年の間に彼女と共に過ごしてくることができれば、幾多の苦しみや悩みも、明るく切り抜けて来れたのではと考えると、残念でなりません。

でもこれからは、何があっても彼女から離れることはしません。これからの彼女を応援して参ります。



プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード