あの素晴らしい愛をもう一度




5月30日、本日のお題は「あの素晴らしい愛をもう一度」


アルバム単位で、真理さんの曲をご紹介する今回の企画、今、1971年12月21日発売の「水色の恋/涙から明日へ」について、ご紹介しています。




真理さんのファーストアルバム「水色の恋/涙から明日へ」のおもて表紙と、収録の構成は次のようです。

水色の恋/涙から明日へ



A面

01 水色の恋
02 なのにあなたは京都へゆくの
03 あの素晴らしい愛をもう一度
04 涙は明日に
05 悲しき天使
06 忘れていた朝

B面

07 涙から明日に
08 忘れな草をあなたに
09 虹と雪のバラード
10 恋は水色
11 恋人もいないのに
12 バタフライ


本日のご紹介は、「あの素晴らしい愛をもう一度」です。


まず、このような名曲を採り上げる機会を与えていただき、幸いです。もし、天地真理さんの楽曲をブログでご紹介する企画を行っていなかったならば、決して触れることのない曲だったように思います。フォークソングの原点とも言えるこの曲は、それほどに重い、簡単に語り尽くせない曲だからです。

加藤和彦さんが、去る2009年10月に鬱病が悪化して、軽井沢で自殺をされたことを、私は今日の今日まで知りませんでした。「加藤和彦さん=あの素晴らしい愛をもう一度」という図式が私の中になかったからです。それからです、彼について調べ始めたのは。

加藤さんは、ザ・フォーク・クルセダーズの一員として、1968年に最初のシングル「帰って来たヨッパライ」をヒットさせ、親の後を継いで仏門に入るのをやめ、プロ歌手の道へ進む事になりました。常に一歩先、二歩先を考えて、新しい作品を創出される方で、色々な分野に対してアイデアを発信され、1990年代には、スーパー歌舞伎にも参加されたそうです。『青年は荒野をめざす』『悲しくてやりきれない』『家をつくるなら』「イムジン河」等々、名曲は数限りなく、生涯に作曲された曲は3,000にも上ると言われております。

天地真理さん関連では、「ミモザの花の咲く頃」「季節はずれの白いボート」などを作詞をされた、安井かずみさんとご夫婦でいらした方です。

それでは、特別に加藤和彦さんを偲んで、懐かしい音源をお聴き下さい。

[高画質で再生]

加藤和彦さんを偲んで [無料BBS]


加藤さん、長いようで短い人生、お疲れ様でした。ご冥福を祈ります。






さて、それでは本題に戻りまして、「あの素晴らしい愛をもう一度」について触れて参りましょう。

作詞: 北山修
作曲: 加藤和彦
編曲: 葵まさひこ

命かけてと誓った日から
すてきな想い出残してきたのに
あの時同じ花を見て
美しいと言った二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度

赤トンボの唄を歌った空は
なんにも変わっていないけれど
あの時ずっと夕焼けを
追いかけていった二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度

広い荒野にぽつんといるよで
涙が知らずにあふれてくるのさ
あの時風が流れても
変わらないと言った二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度




いわゆる聴き比べで進めて参ります。

まず最初は、本家本元の、加藤和彦さんで、亡くなる前年にウクレレを弾きながら、歌われた加藤さんのお姿をご覧下さい。中央でウクレレを弾いているのが加藤さんで、右後ろに泉谷しげるさんの姿もあります。
出典は、sean2055jp さんです。






次は、同じくこの曲をカバーしている方々のお声です。

まず本田路津子さん。私が、真理さんの最大の強敵と考えている方です。出典は、HondaRutsuko さんです。





そして、桑田桂祐さん。これはかなり陽気ですね。出典は hironobu05 さんです。





次は、三倉 茉奈・佳奈のお二人。若々しさが最大の武器ですね。出典は、1945August さん。





次は、中澤裕子・ばんばひろふみさんのお二人。異色のコンビで、年の差が心配です。出典は、elevenwota さん。








そして、本命の真理さんの歌唱です。ワンコーラスですが、スリーピーが作りました。








お聴きになって如何だったでしょうか?

この曲のカバーリストを見てみますと、勿論色々な方々がカバーしている名曲なのですが、最も筆頭に最初にカバーしているのが、真理さんとなっています。こんなことを申し上げると、真理さん自体も今では、古い存在に聴こえそうですが、加藤さんの享年67歳でギターを弾いているお姿を拝見してみても、若々しい、時代を感じさせない力がありますね。今の真理さんにもそのお力はまだ十分におありと私は考えています。


さてさて、余談はそのくらいにして、歌い比べ、聴き比べですが、やはり本田路津子さんの強烈な高音は、見事ですし、他の皆さんのお声も素晴らしいのですが、真理さんのファルセットの清清しさと、「心と心が」で始まる後半の力強さは、本田路津子さんをも凌ぐものがあります。私はこの点を評価して、真理さんに一票入れたいと思います。皆さんは如何でしょうか?

ということで、甲乙つけ難く、人によって好みの問題もありますので、一方的な勝敗、結論は出さないことに致します。

それでも、私は真理さんですけどね。



皆さま、長時間のお付き合い、有難うございました。

次回は、「涙は明日に」です。どうぞ、お楽しみに!







にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード