忘れていた朝




6月11日、本日のお題は「忘れていた朝」


アルバム単位で、真理さんの曲をご紹介する今回の企画、今、1971年12月21日発売の「水色の恋/涙から明日へ」について、ご紹介しています。




真理さんのファーストアルバム「水色の恋/涙から明日へ」のおもて表紙と、収録の構成は次のようです。

水色の恋/涙から明日へ



A面

01 水色の恋
02 なのにあなたは京都へゆくの
03 あの素晴らしい愛をもう一度
04 涙は明日に
05 悲しき天使
06 忘れていた朝

B面

07 涙から明日に
08 忘れな草をあなたに
09 虹と雪のバラード
10 恋は水色
11 恋人もいないのに
12 バタフライ


本日のご紹介は、「忘れていた朝」です。



この曲「忘れていた朝」は、赤い鳥というグループが、1971年にリリースした曲がオリジナルです。

赤い鳥と言えば、「竹田の子守唄」「翼をください」などのヒット曲が、思い出されますね。




作詞 山上路夫 
作曲 村井邦彦
編曲 青木 望


忘れた朝を 二人ここで見つけたよ
愛の国を探して 二人して来たよ
言葉など 今いらないさ
この夜明け 見つめるときに
ここですべてを 二人で始めようよ

忘れた心 二人ここでよみがえる
愛の棲家探して 二人して来たよ
疑いも涙も消えて
新しい命が育つ
ここですべてを 二人で始めようよ



当初、9人体制で出発した赤い鳥のボーカルとして出発した、ヤマモトジュンコさんは、赤い鳥の解散後、ハイファイセットの一員として「フィーリング」などのヒット曲を飛ばし、超有名になられました。

そして、今でも2児の母としてソロで活動を続けておいでです。




そんなヤマモトジュンコ(山本潤子)さんで、「忘れていた朝」をお聴き下さい。
出展は、toanytoany0800 さんの作品です。







聞き比べの二人目として、布施明さんの歌唱がアップされていましたので、お聴き下さい。
出典は、DS990TTWE さんです。






最後に、天地真理さんの登場です。季節柄、花しょうぶを集めてみました。
やっぱり、ワンコーラスは不利ですが、頑張っています。

[天地真理 忘れていた朝]

 []






お聴き比べいただき、如何でしたでしょうか?

布施さんの歌唱も熱唱だったのですが、ここは女性同士の対決とさせていただきます。

ハイファイセットで活躍された、山本潤子さんの歌唱も見事でしたが、真理さんの全く違う声質、抜けるような高音、やっぱり魅力です。



この女性同士の対決は、スリーピーの独断で、真理さんに入れさせていただきました。

今度「翼をください」とかで、今一度の競演をお願いしたいものですね。お二人とも、そのときはよろしくお願いいたします。







次回は、「涙から明日に」です。どうぞ、お楽しみに!









にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード