番外編 「小さな人生」




5月30日、本日は月末恒例の番外編をお届けします。


お題は、小さな人生





本日は、5/29の夜、NHKのBSプレミアムで放映された「希代のヒットメーカー 作曲家 筒美京平」という番組に関連して、天知真理さんと作曲家・筒美京平さんとの関わりについて触れてみたいと思います。





番組の中で紹介された筒美京平さんという人物は、希代のヒットメーカーと呼ばれるほどの方ですので、1960年を出発点に2000年代に至るまで、数々のヒット曲を世に出されました。

私が知る範囲でも、この曲もあの曲も、と驚かされるほどにヒットチャートを賑わせた曲には必ずと言ってよいほどに、この方の名前が登場していました。しかしながら、彼の信念からこれまで表舞台への登場を拒否し裏方に徹して来られた方ということです。

今回改めて指摘されて初めて、これほどの作曲家がおられたのかと改めて驚かされた私でした。そんなわけで、5/29の夕方7時半から9時までの1時間半、私はテレビに釘付けになってしまいました。


   筒




BSをお持ちでない方にとっては(後日、地上デジタルでも放映されると思います)そのヒット作の数々がピンと来ないかもしれませんので、一例を挙げてみますと、

1960年代後半のグループ・サウンズ(オックス・ザ・ジャガーズなど)
1970年代では麻丘めぐみ・岩崎宏美・太田裕美・郷ひろみ・野口五郎・南沙織
1980年代では河合奈保子・小泉今日子・近藤真彦・C-C-B・少年隊・田原俊彦・中山美穂・早見優・本田美奈子・松本伊代
1990年代・2000年代に入ってからも安倍麻美・KinKi Kids・SMAP・TOKIO・中川翔子・パク・ヨンハ
 *ウィキペディアから抜粋

といった顔ぶれですので、その歌手にお詳しい方であれば、どの曲がヒットチャートを駈け上がったかはお分かりでしょう。







さてさて、このブログは天地真理さんのぺージですので、筒美京平さんだけを称えるだけでは本来の目的から外れてしまいます。

そこで、天地真理さんへ提供された筒美京平さん作曲の作品をご紹介して参ります。





筒美京平さんが作曲された天地真理さんのオリジナルには次の10曲があるようです。


1975年12月 11枚目のアルバム「小さな人生」
   レインステイション 
   家なき子
   ある恋の感想
   さよならこんにちわ
   夕陽のスケッチ
   明日また
   明日への愛
   小さな人生
1976年06月 12枚目のアルバム 「私は天地真理」
   矢車草
1976年12月 13枚目のアルバム 「童話作家」
   一杯のレモンティー


上記の内、シングルとして発表されたのは次の6曲です。

1975年09月 15枚目シングル A面・さよならこんにちわ B面・明日また
1975年12月 16枚目シングル A面・夕陽のスケッチ B面・小さな人生
1976年04月 17枚目シングル A面・矢車草 B面・一杯のレモンティー



この時期の天地真理さんはコンサートを中心に活動されており、ヒットメーカーである筒美京平さんの作曲ではあっても、大きなヒットには結びつかなかったようですが、どの曲も味わいがあり、筒美京平さんのもう一つの特徴である「その歌手の持つ特徴を最大限発揮させる」という意味では、アイドル路線を離れ、フォークへ進みつつある天地真理さんの本来の姿が前面に出る作品に仕上がっていると思います。



それら10曲の中から、今回お届けするのは「小さな人生」です。

この曲を一番最初に聴いたとき、私が感じたことは「ヒットに結びつかない余り特徴のないメロディ」という印象でした。でも今こうして筒美京平さんの特徴が分かってしまうと「なるほど、これが筒美流の天地真理色の出し方なのか」と思うようになりました。ヒットさせるには客を飽きさせない工夫がいる。それはメロディの間に面白いリズムを入れるなど、歌手本来の味わいとは別物を注入すること、と筒美さんは番組の中でお話されていましたが、この曲に至ってはそのようなヒット至上主義ではなく、天地真理さんの高音を生かして彼女の特徴を引き出す、この1点に集中しているのだと私は思います。この点は高音が特徴の『一杯のレモンティー』を初め、担当された曲すべてに言えるような気がします。

そしてこの曲『小さな人生』には作詞をされた安井かずみさんの意識が大きく働いていることも感じました。『ミモザの花の咲く頃』という曲でも安井さんは「小さな人生」という言葉にこだわりを持っておられました。この「小さな人生」が何を意味するのか。デビュー当初からアイドル路線の頂点へとひた走った天地真理さんへの贈り物だと私は思っていますが、この言葉で最後を飾れるよう、筒美手腕が発揮されているのだと思います。





それでは、そんな曲『小さな人生』をお聴きいただきましょう。今回は番外編ですので、Youtube から作品をお借りします。 hyoutantugino1 さんの作品です。







お聴きいただき如何でしたでしょう。天地真理さんらしさが滲み出た作品だと思います。

ご参考までに、同じくこの曲について触れている中崎あゆむさんのページもご参照下さい。

ナツメロ喫茶店・うたノート





今回は、二度とは実現しないであろう、筒美京平さんの番組出演にちなんで天地真理さん関連の曲をお届けしました。

天地真理さんの後半の曲は何れも聴き応えがあります。アイドル歌手だけに留まらない天地真理さんの真価を今後ともご紹介して参りますので、皆さまお付き合いの程、お願い申し上げます。







さて次回からは6月に入ります。本当に「ロマンス」です。どうぞどうぞ気長にお待ち下さい !









にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ2
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード