小さな人生




【 通算221号 】


3月31日、本日のお題は、小さな人生




アルバム単位で、真理さんの曲をご紹介する今回の企画、今、1975年12月21日発売のアルバム『小さな人生』について、ご紹介しています。



この真理さんの11枚目のアルバム小さな人生の表裏表紙と、収録の構成は次のようです。

lp_11_20120131121058.jpg


A面
1 一枚の写真
2 レイン・ステイション
3 家なき子
4 海辺に誘われて…
5 ある恋の感想
6 さよならこんにちわ

B面
7 夕陽のスケッチ
8 明日また
9 ひとりぼっちのデート
10 京都でひとり
11 明日への愛
12 小さな人生





本日のご紹介は「小さな人生」です。


この曲は、プレミアムボックスではDISC8の12番に当たります。





この曲に感激された方、もっと天地真理の世界を堪能したい方はこちらのサイトでプレミアムボックスをお求めになれます。


box.jpg

ソニーミュージック「プレミアムボックス」購入ページ




年度末の土曜日を皆さま、如何お過ごしでしょう?

私の住む栃木県内は生憎と言うか、返って静かに過ごせる雨の週末です。この季節の太陽は夏を思わせるように力強くなっていますので、雨模様の方が室内で過ごすには快適と思えるからです。

我が家は平屋のトタン屋根ですので、雨音がダイレクトに聞こえてきます。それが何とも言えず、落ち着きを与えてくれるのです。

そんなボロ屋からお届けしている、このブログ「もの想う季節」です。







さて、本日は天地真理さんの11枚目のアルバム『小さな人生』の最終回です。ご紹介する曲はアルバムのタイトルと同じ「小さな人生」看板曲です。


この曲と私の出会いは2010年2月頃に遡ります。Youtube で真理さんの曲を物色していた私は真理さんのある曲に出会います。

「ミモザの花の咲く頃」

この曲はワルツのような曲で、清々しい真理さんの声質がベストマッチングの曲なのですが、その歌詞の最後に

どうぞ私の小さな人生 
光りに満ちて いついつまでも

というフレーズがありました。この曲が発表された1973年4月頃は「若葉のささやき」が発売された頃ですので、アイドル天地真理の絶頂期と言える時期であったはずです。そんな真理さんのアルバムのB面にある曲に、なぜこのような言葉が出てくるのだろうと私は疑問に思いました。

そして、Youtube での物色を続ける内にこのフレーズを題名にした別の曲を発見するのです。それが「小さな人生」でした。私はYoutube での当時の書き込みで「真理さんがしきりに訴えている」と書いた記憶がありますが、頂点を登りつめようとしているアイドル天地真理が一方では「小さな人生」を思考していたという点にとても興味を覚えたものです。



作詞:安井かずみ
作曲:筒美京平
編曲:荻田光雄


西日が差し込む窓
低くかけた ラジオの歌に
振り向く二人が ここにいます
途切れそうな 夢でも
暖めあえるわ そんな気がしている
あなたが 好きなの
小さな人生が 見えています

花びら バラの花が
目だちすぎる この部屋だけど
幸せに似ている 感じがします
これからの先など
心配するより 目の前に ぶつかる
あなたが 好きなの
小さな人生を 持っています

夕暮れになっても
ふたりぼっちでも
明日こそ 似合うの
あなたと わたしは
小さな人生の 中にいます





作詞の安井かずみさんは「ミモザの花の咲く頃」でも作詞を担当されています。そう、この "小さな人生" という言葉は安井かずみさんが当時の殺人的なスケジュールで活動していた巨人「天地真理」に対して投げかけたいたわりの言葉であったのだろうと私は思います。



ここで安井かずみさんと天地真理さんとの関係について少し触れてみましょう。

真理さんと安井かずみさんとの最初の出会いは、1971年10月に発売された天地真理さんのファーストシングル「水色の恋」のB面にある「風を見た人」に始まります。この曲は作曲の森岡賢一郎さんと組んで作られた曲なのですが、低音から高音まで2オクターブ近くも音程が上下する曲で、私がある方からこの曲についての質問を受けた際、「安井かずみさんが真理さんを試した」曲ではないでしょうか、と勝手に想像させていただいた曲でした。つまり、当時はアイドルという言葉がまだ走りで、歌唱力を伴った人物でなければ大成は望めないと言う芸能界の厳しさを背景に、果たして天地真理が今後に花を咲かせることのできる人物であるかどうかを占った曲がこの曲であったのだろうと、当時思ったのです。その結果として、安井かずみさんは歌手・天地真理のその後の数年間は彼女の節目節目の大事な場面をサポートし続けて下さいました。その一端をご紹介すると次のようです。


ファーストアルバム「水色の恋/涙から明日へ」の中で「風を見た人」「乙女の祈り」

2枚目シングル「ちいさな恋」

アルバム「明日へのメロディー」の中の「夏を忘れた海」「オレンジ色の旅」

アルバム「若葉のささやき/さよならだけを残して」の中で「遠い夏」「ミモザの花の咲く頃」「季節はずれの白いボート」

10枚目のシングル「恋と海とTシャツと」「花嫁の友だち」

11枚目のシングルB面「私の場合」

ミュージカル「君よ知るや南の国」での舞台曲全般の作詞担当「君よ知るや南の国」「初めての涙」「天使の約束」「明日へのワルツ」が秀逸

アルバム「小さな人生」の中で「一枚の写真」「ある恋の感想」「さよならこんにちわ」「明日また」(以上2曲は山口洋子さんとの共作)「明日への愛」「小さな人生」



等々が代表作です。如何でしょう、いずれの曲も歌手天地真理を代表する曲となっています。



もし、安井かずみさんについて更にお知りになりたい方は下のページが参考になります。よろしければお尋ね下さい。

本当の安井かずみを探して




以上、安井かずみさんについて少し詳しくお伝えしましたが、この曲「小さな人生」をもって天地真理さんと安井かずみさんとの関係は終焉を迎えます。これまでの安井かずみさんのご苦労に対する御礼を含めて今回の企画を組ませていただきました。安井かずみさん、有難うございました。



それでは看板曲「小さな人生」をお聴きいただきましょう。

今回もスリーピーが2010年2月当時に作成したスライドショーでお楽しみいただきます。この動画は正直申し上げて余り音質が良くありません。この曲はYoutube にアップするようになったほぼ最初の頃の作品ですので、全てにおいて幼稚なのです。でもここでお聴きいただくにはその方が意味合いを理解していただき易いと考え、敢えてご披露するものです。悪しからず。限定公開です。






お聴きいただき如何でしたでしょう?

途切れそうな 夢でも
暖めあえるわ そんな気がしている
あなたが 好きなの

これからの先など
心配するより 目の前に ぶつかる
あなたが 好きなの


私はこれらのフレーズが好きです。苦しい生活、希望の見えない生活の中に希望を見出す、その手がかりが「あなた」なのです。

ワーキングプアーという言葉が流行る昨今、若い人たちは将来に希望が持てているのでしょうか?二人での生活に悩んだとき、この曲を聴いていただきたいものです。






今回は、アルバム『小さな人生』の最終曲「小さな人生」をお届けしました。

コンセプトアルバム『小さな人生』は、その一貫した流れ、1曲1曲の完成度、等々、全てにおいてやはり優れた作品であると思います。このアルバムの素晴らしさを今一度強調して、アルバム紹介を終了したいと思います。長らく、有難うございました。









さて次回からは12枚目のアルバム『私は天地真理』に舞台を移します。「水色の恋」からのスタート。

どうか気長にお待ち下さい。





にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ25日
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード