星空の乙女




11月21日、本日のお題は、星空の乙女




アルバム単位で、真理さんの曲をご紹介する今回の企画、今、1972年12月21日発売のアルバム「明日へのメロディー」について、ご紹介しています。



真理さんの4枚目のアルバム明日へのメロディーの表裏表紙と、収録の構成は次のようです。

明日へのメロディ


A面

1 ふたりの日曜日
2 思い出の足音
3 幸福に向かって
4 明るい表通り
5 星空の乙女
6 恋の散歩道


B面

1 夏を忘れた海
2 真冬のデイト
3 オレンジ色の旅
4 家に帰ろう
5 こころの日記
6 鳩がいる公園







皆さまにご好評いただいております、真保さんの
天地真理 オリジナルカレンダー2011

まだまだ在庫に余裕がございます。お友達に、贈り物に如何でしょう?



真保さんがデザインされた手作りのカレンダーをご紹介しましょう。

ご紹介するカレンダーはこんな外観です。

まりカレ1

まりカレ2

まりカレ3




お申し込みは、直接、真保さんのメルアド(maho0816@hotmail.co.jp)、又は彼女のブログまでどうぞ(下の青文字をクリック)。


MAHO☆Style






それでは、本題に戻ります。

本日のご紹介は、このアルバムのA面の5番目の曲「星空の乙女」です。

この曲は、プレミアムボックスのDISC4の17番に当たります。





このアルバム明日へのメロディーのコンセプトは、低年齢の子供たちにその人気の裾野を広げようとしていた天地真理さんのテーマを「子供たちにも安心して聴かせられる、清純な世界を繰り広げる、ハッピーで淡い初恋を感じさせる」アイドルへと定着させる目的があったようです。

実際、1972年10月から「真理ちゃんとデイト」がTBSで始まり、まさに天地真理さんに対する子供たちの人気が沸騰しようとする矢先に発売されたアルバムであるだけに、その意味合い、存在は大きかったと思われます。




作詞:千家和也
作曲:中村泰士
編曲:高田 弘

夜空をあおいで 流れる星を数えたの
灯りつけた 私の部屋
あなたのお部屋は暗い
泣かない 恋の約束を 守っているのに
いつも知らん顔で 星は流れる
遠い空の果てに 幸せ運んでしまう

手のひら伸ばして 流れる星を受けとめて
びんの中に入れてみたら
そのまま涙になった
小さな恋の幸せを 願っているのに
いつも知らん顔で 星は流れる
誰か違う人に 幸せ運んでしまう




作詞の千家和也さんは、このアルバムに登場する4曲に登場します。「幸せに向かって」「恋の散歩道」「家に帰ろう」そしてこの曲です。中村泰士さんとのコンビによる作品としては「幸せに向かって」と二つです。

お二人は「幸せに向かって」の項でお話しましたように、共にヒットメーカーでいらっしゃいます。当時、超人気者としての仲間入りを果たした天地真理さんの曲の担当として、このような実力者も参加されるようになったのですね。



それでは「星空の乙女」をお聴き下さい。今回は、深まる秋に色づく葉と、寒空に咲く花たちの特集です。十月桜、子福桜、ツタ、吉祥草、ビラカンサス、綿、磯菊、山茶花、ユリオプスデージー、等々です。ワンコーラスでお聴き下さい。

[星空の乙女]

 []




如何でしたでしょう? 

コンセプトがシンプルな子供向けの幸せな曲とはありますが、爽やかさという点では、私のようなおじさんにも十分に受け入れられる曲だと思います。

恋がこじれて、恨みや未練の混じった大人の曲を聴くよりは、ずっとずっと穏やかで平静な心理状態にいられる。これはもしかすると、真理さんの歌の発するα波効果の主な理由であるのかもしれませんね? 違うかな?








さて次回は、「恋の散歩道」です。

どうぞ、気長に気長にお待ち下さい !








にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ

コメントの投稿

非公開コメント

アンインストール

shiolaboさまへ

私のコメントに、ご丁寧なお返事(メール)をいただき感謝申し上げます。ご誠実な内容にお返事を書くことはむずかしいのですが、これもレッスンだと受けとめ、こちらに書かせていただきます。

私は以前から「答えは、すでに自分が書いている」という考えを持っていますので、行き詰まった時は必ず、自ら書いた過去のコメントを点検することを心がけています。習慣的な口ぐせ、何げなく使っている言葉が自分の未来をつくっているように感じられて、この世は案外シンプルなルールで成り立っているのかなぁ・・と思えることがあります。
<この世が苦悶の連続であり、天の真理が活かされるのは稀なこと> これが脳に絶え間なくインプットされると、そのような現実を選ぶことになってしまうのかも・・
理想としては、朝晩顔を洗うように、その日インプットされた情報を毎日リセット。アンインストール、再起動・・という心のメリハリをつけることが一番なのでしょうね。人を巻き込まず、頭をからっぽにするレッスンです。私は、自然のなかでそれを体験する機会に非常に恵まれています。


真理さんの「私が雪だった日」の歌詞に奥深いものを観じていらっしゃるようですね、
私はこの歌は、究極の救いのメッセージ、という感想を抱いています。

あたたかい雪に もう一度 なるわ
あなたの心に もう一度 降るわ
めざめる前に 溶けて 沁みて
疲れきったいのちを うるおすため

真理さんの作品のなかでも、愛を極めた表現という点では稀有なものではないでしょうか。
天地真理さんは「水色の恋」に始まり、「私が雪だった日」を歌って一つのサイクルを終えられていますが、見事な愛のストーリーだったと、可憐な白雪姫に拍手を贈ります!

おっしゃるように、明日のことは誰にもわかりませんね・・ だからこそ、今日いのちがあること・・それがありがたいのであり、思う存分ご自分に優しくされるのが一番だとおもうのです。生意気なことを申し上げました。お読みいただき、ありがとうございます!

お元気に

先に書くべきことがあったのでした。

shiolaboさま。
お身体をいたわられて、またお元気にご活躍ください・・。
shiolaboさまは、天地真理さんを大切に想っていらっしゃる方。
真理さんのお気持ちに添って、あたたかいでエールを贈ってくださる方だと感じます。
プライベートなことは存じませんが、shiolaboさまが心穏やかな日々を過ごされますよう、祈っています。

安らぎ

これはちょっとせつない歌なのですが、純真さが際立っていて、さわやかな表現に・・☆ 繊細さと爽やかさが絶妙に調和する、真理さんのうたの世界。この作品にもそれがよく表れていますね。

アルファー波・・・そうなんですね~ 安らぎに満たされていく感じです。
人は羽をやすめて、心から安らげる場所があることで、強く心豊かに生きていけますものね。

真理さんご自身の歌への思いは、今も変わっていらっしゃらないことが何よりも嬉しいですね。
よい休日をお過ごしください~
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード