家に帰ろう




12月15日、本日のお題は、家に帰ろう




アルバム単位で、真理さんの曲をご紹介する今回の企画、今、1972年12月21日発売のアルバム「明日へのメロディー」について、ご紹介しています。



真理さんの4枚目のアルバム明日へのメロディーの表裏表紙と、収録の構成は次のようです。

明日へのメロディ


A面

1 ふたりの日曜日
2 思い出の足音
3 幸福に向かって
4 明るい表通り
5 星空の乙女
6 恋の散歩道


B面

1 夏を忘れた海
2 真冬のデイト
3 オレンジ色の旅
4 家に帰ろう
5 こころの日記
6 鳩がいる公園




本日のご紹介は、このアルバムのB面の4番目の曲「家に帰ろう」です。

この曲は、プレミアムボックスのDISC4の22番に当たります。








この曲は、前回ご紹介した「オレンジ色の旅」と同じような雰囲気、夕方の淋しさの中で歌われている曲です。

しかしながら、雰囲気は若干違うようです。あちらは、これから燃え盛ろうとしている二人の恋愛を、夕陽のオレンジ色に掛けてさえいるように感じますが、こちらは、夕暮れの寂しさを理由に、女性が男性に甘えようとしているような雰囲気を感じます。




作詞:千家和也
作曲・編曲:宮川泰

お家へ帰ろうかな 夕焼けの中
遠い海を染めて陽が沈む
交わした約束は 明日も逢おう
誰も知らぬ 二人だけの恋
笑ってさよならするつもりなのに
あなたにだけは 見つけられるの
私の淋しさを

あなたは右の道 私は左
離ればなれ ここは曲がり角
どちらからともなく 今来た道へ
戻りかけて そして立ち止まる
淋しい気持ちを 隠したつもりで
あなたにだけは 分かってしまう
私の思うこと

お家へ帰ろうかな もう遅いから
暗い夜道 窓に灯がともる
明日のお天気は 曇りのち雨
恋はいつも変わりやすいから
ちょっぴり悲しい ひとときだけれど
あなたにだけは 叶えて欲しい
私のわがままを



 
作詞の千家和也さん。前出の「恋の散歩道」でも宮川泰さんとコンビを組んでおられます。

男性だけで作り出した、女性への曲。女性の心を知り尽くした千家和也さんならでは歌詞に、これまたザ・ピーナッツで女心をつかみ尽くした宮川泰さんがメロディをつける。絶妙な組み合わせとなっていますね。




それではお聴き下さい。3コーラスからなるこの曲ですが、繋ぎが短くて、いつものようにワンコーラスで切ることができないスリーピーは、2コーラスまで録音してしまいました。お許し下さい。今回は、暮れの寒さの中で見られるかんきつ類や果実についての特集です。ダイダイ、金柑、たちばな、いちご、ヒイラギモチ、南天、千両、万両などです。お楽しみ下さい。

[家に帰ろう]

 []



如何でしたでしょう?

秋の日はつるべ落とし。12月22日の冬至が最も日が短いのかと思いきや「日の出が最も遅い日は冬至の半月後頃であり、日の入りが最も早い日は冬至の半月前頃」と物の本にあるように、今頃の季節は、冬至の1週間前であり、日の入りが最も早い頂点を過ぎ、夕方の明るい時間が長くなりつつあります。最早、冬に向けての日が押し詰まるという感覚はなくなり、春を目指して動き始める、そんな気の早いスリーピーです。

これだから、一年は短く感じるし、年を取るのが早いのでしょうね。

来年は、天地真理さんの歌手生活40周年。早く明けて催し物を見てみたい。そんな気が早いおじさん、スリーピーでした。








さて次回は、「こころの日記」です。

どうぞ、気長に気長にお待ち下さい !








にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード