虹と雪のバラード(番外編)

このブログを始めてから、初めてリクエストをいただいた曲があります。

それは、トワ・エ・モアの「虹と雪のバラード」です。北海道ご出身のshiolaboさまのご希望でした。

確かに真理さんのカバーにこの曲がございます。1971年に発売された、彼女のファーストアルバム「水色の恋/涙から明日へ」にありました。

余談ですが、こういう彼女の曲を調べる時は、marist さまの「夏を忘れた海、天地真理のページ」にいつもお世話になっています。有難うございます。


さて、この曲、トワ・エ・モアの作品。男性と女性がデュエットする形式である、この曲を女性が一人で歌って、どれだけ太刀打ちできるのか、という勝負になるのかなと、思って望みました。

まずは、ご本人たちのオリジナルをお聴き下さい。出典は、ryjyc497 さんの作品です。




さてさて、次は真理さんですが、ギター伴奏付きでこちらも好感が持てますね。出典は、alohello4646 さんの作品です。





トワ・エ・モアは、芥川さんと白鳥さんのペア、こちらは女性、真理さん一人。ここは、芥川さんには、沈黙いただいて、白鳥さんと真理さんの対決とさせていただきましょうか。

そうですね、やはり高音を比べると、うーん、どちらとも言えないような気がします。強いて言えば、真理さんの方が、澄んだ声だとは思います。でも、この曲はオリンピックの曲であるし、雰囲気を出すには、白鳥さんの声質の方が適しているのかもしれません。

さて、曲の評価はそれくらいにして、白鳥英美子さんは、トワ・エ・モアを解散した後、ソロで歌手を続けられ、最近また、トワ・エ・モアとして復活されていますね。

「復活」、この言葉を聞くと真理さんの声が、今でも真理さんに備わっていればな、と思います。あの澄んだ張りのある声があれば、フォークでもポップスでも、顕在で歌い続けられたんだろうに。スリーピーの独り言でした。

shiolaboさま、いかがでしたか?歌の評価は別にしても、昭和47年の冬季オリンピック札幌大会は、今でも熱く思い出されますね。あのころは、みんな若かった。夢と希望に満ちていましたね。お互い、年を取りましたよ。

また、リクエストして下さいね。

コメントの投稿

非公開コメント

shiolabo さまへ

shiolabo さま

ご返事できずにすみません。ここのところ、仕事上のトラブルで、少々参っておりました。

また、「想い出のセレナーデ」をどのように表現しようかと考えあぐねいていたのも確かです。

shiolabo さま、彼女をカバーするお言葉、有難うございます。何にも心配することはありませんでした。私の取り越し苦労でしたので、どうぞこれからもよろしくお願い致します。

スリーピー

お礼にもなりませんが……。

先日、このブログでのどなたかの書き込みのなかで、スリーピーさんが youtube にも進出した、と読んだものですから、当方はてっきり「冬物語」動画はスリーピーさん作成のものと早合点してしまいました。誠に失礼しました。(それにしても、冒頭の仔犬を抱いてる写真、とても愛らしいですよね。)

さて、このたびは当方のリクエストにお応えいただき、誠に有難うございます。恋の歌でもないし、おそらく当分採り上げていただけないだろうと予想していたのですが、お早くアップしていただき感謝しています。
人間、中年を過ぎると誰しも少年時代にハイムケール(故郷回帰)するそうです。(昨今ではハイムケールどころか、いつまでたっても乳離れしないパラサイトな人間がふえましたが……。)
youtube 上のジャネット・リンの映像(当時はテレビ・コマーシャルにも登場していました)などを観ると思わず目頭が熱くなります。
「虹と雪のバラード」ですが、当方の記憶では、女性の声しか印象がないんです。もしかしたら、真理さん歌唱のものも当時(札幌五輪後もしばらく巷では歌われていた)かなり放送されていたのではないでしょうか。確実なことはわかりませんが。

お礼ともなりませんが、熱烈な真理さんのファンであるスリーピーさんがおそらくお悦びになるであろう情報を提供します。
実は、つい先日、youtube 上でオランダ人のティーンエイジャーと交信しました。(ご存知だと思いますが、youtube は米カリフォルニアの会社ですから、世界中の動画愛好者と交信できます。)
その青年は、現代日本の芸能・映画等にくわしいようで、1974年紅白アグネス・チャン「ポケットいっぱいの秘密」のアグネスのバックダンサーをつとめる4人のうち、3人しかわからない、などと言っているのです。相当の通ですよね。
「ポケットいっぱい……」の映像、ご覧になったことありますか? この天地真理応援サイトではいささか書きにくいんですけど、真理さんがアグネスのバックでいかにも楽しくなさそうに踊っているものです。当時、アグネス・淳子・百恵などの新人にファンを奪われつつあるなどして、真理さんもつらいことが多く、その気持ちが正直に出てしまったちょっと悲愴感も漂う映像です。
 アグネスのバックで踊っているのは、天地真理・南沙織・あべ静江……(みんななつかしいですね)、オランダの親日青年は、あと一人がわからない。当方が映像を確かめますと、それはなんと山本リンダでした。<70年代の日本国民は Dounimo-tomaranai を歌う Linda をmost coquettish な sexual symbol として愛好した。>と当方が伝えると、かの青年はまたひとつ愛する日本の知識がふえたようで満悦気味でした。
 さて、注意していただきたいのですが、真理さんについてはオランダ青年は説明も要らずにすでに知っていたということ、これはとてもすごいことではないでしょうか。年配の知日家などではありませんから、当然ながら、その知識はネットで得たものでしょう。かえすがえすも、youtube の威力のすさまじさだと思います。どうかよろこんでください、スリーピーさん、その youtube を通じて真理さんはもはや世界のアイドルとなっていますよ(涙)。
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード