一枚の写真(番外編)




2月1日、本日のお題は、一枚の写真






本日は少し気分を変えまして「一枚の写真」(番外編)をお届けします。


人間、時にはスランプと言いますか、ペンが進まないときがあります。それは決して曲のせいではなくて、流れが単調になって、自分自身が飽きてしまったり、それでいて新しいアイデアが浮かんでこなかったり。

そんな気分を一新する意味でも、息抜きをさせて下さい。






この曲「一枚の写真」は、私にとって古くて新しい曲です。

一昨年の12月に、天地真理さんのファンに返り咲いた時、youtubeを散歩していて出会い感動した曲がこの曲でした。余りに感動した私は、当時頻繁に書き込みを始めた掲示板で、思わずこの曲を紹介してしまいました。他の人達にも是非聴いて欲しくて。



でも少し経って、ある方からこの曲の原音を聴かせていただいてビックリしました。お聴かせいただいた原音は、速いテンポのイントロで始まっていたのです。何だろうこれはと、尋ねてみると、イントロが速いテンポであるのに対して、本番はゆっくりとしたテンポであるのが、本当の作品であって、youtubeにアップされていた曲は、そのイントロの速い部分を削除してあったのです。




これは真実を伝えねばならないと、いきり立ってyoutubeに初アップしたのが、この曲であったように覚えています。たった一枚の写真を動画に貼り付け、悪評を買い、音が割れるわ、散々な評価でしたが、何とかカンとか処女作が船出しました。

後で聴きなおしてみますと、たった一枚の写真を使ったのが逆に良かったようで、その後に訪れる、著作権騒動の中でもお叱りが少なかったように思います。





作詞:安井かずみ
作曲・編曲 川口 真

一枚の写真から 
思い出がほどけるの
あの時 何気なく
つないでた手と手
ギター弾くたび いつも間違える
そんなあの人が とても大好きだったのに
恋人というよりも
兄妹のようだった
ふたりは似ていたわ 色んなことすべて

いつだかのコンサート
色あせた プログラム
あの時 帰り道
初めての お酒
とても自然に 肩にもたれて
ちょっと大人びた 夜はスリルがあったのに
恋人というよりも
兄妹のようだった
私は忘れない 青春のすべて






この曲は1975年12月発売の、天地真理さんの11枚目のアルバム「小さな人生」のA面の最初に来る曲です。このアルバムに収録されている曲は、本当に素晴らしい曲ばかりですが、私がこのブログでご紹介できるのは、予定では事の夏ごろになりそうですので、我慢しきれずに「番外編」という形で少しずつご紹介して参るつもりです。

小さな人生






作詞の安井かずみさん、いい曲に出会うと「やはり」と言うほど、この方が登場されます。やはり女性ならではの感性でお書きになっているからでしょうか。真理さんのお声にジャストミートですね。

作曲・編曲をされた川口真さん。私にとっては初めてお会いする方なのですが、この方の残されたヒット曲の素晴らしいこと。私は開いた口が閉まるのを忘れました。

(作曲)
浅野ゆう子 「恋はダンダン」
内田あかり 「浮世絵の街」
金井克子  「他人の関係」
河合奈保子 「愛してます」
ザ・ドリフターズ 「ズンドコ節」
内藤やす子 「弟よ」
中尾ミエ  「片想い」
新沼謙治  「嫁に来ないか」
弘田三枝子 「人形の家」
布施明   「積木の部屋」
由紀さおり 「手紙」
(編曲)
安西マリア 「涙の太陽」
倉田まり子 「グラジュエイション」
テレサ・テン「時の流れに身をまかせ」「愛人」「つぐない」
渚ゆう子  「京都の恋」
山口百恵  「いい日旅立ち」「しなやかに歌って」



天地真理さんのページであるはずなのに、一作曲家の曲をこんなにも書き並べてお叱りを受けそうですが、私としては正直、これらの素晴らしい曲たちに感動しました。素晴らしい方のお名前を知ることができた、そんな一瞬でした。失礼しました。

 

なるほど、素晴らしい先生方によって作られたこの曲は、当たり前のように素晴らしかった。



それではお聴き下さい。スリーピーの処女作です。










お聴きいただき、如何だったでしょう?

何度聴いても、いい曲です。私のお気に入りの一曲でした。

もちろん、真理さんの声があればこそ、この歌詞の、このメロディにぴたり合わせた様な彼女の雰囲気作りがあればこそ、このような素晴らしい曲になり得た。この点を最後に強調させていただきます。巧みの歌手、天地真理ここにあり。






久々の寄り道で、私スリーピーは、とても楽しいひと時を過ごさせていただきました。

今後も、色々な機会を利用して、このような寄り道をさせていただこうと思いますので、皆さま、お付き合いの程を!
















さて次回は、当初の予定通り、B面の2番目の曲「明日への出発」です。


どうぞ、気長にお待ち下さい !








にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プレミアムボックスをお勧めします

チャンスさま

ご自身の歴史をご披露いただき、有難うございます。

「天地真理さんの再評価が実現すれば、彼女はそのスマイルで応えて下さる」その図式に私も賛成です。出ない声ならば無理して出していただかなくとも良い、無理してダイエットしてステージに立たなくとも出来ることはあるはずです。健康に気を配ってお元気でいて下さい、それが一ファンとしての願いです。

プレミアムボックスをお勧めします。天地真理さんの歴史を振り返る意味でも。

No title

スリーピー様
ご丁寧な返信ありがとうございます

自分が 天地真理さんに再び夢中になったのは・・・実は去年の12月からなのです! テレ東のなつかしCMを特集した番組を見たとき
「真理ちゃんのおてごろセール」という自転車のCMを見たのが きっかけです・・・なんてかわいいんだろうと!電撃がはしりました そけからユーチューブの真理ちゃんシリーズで歌われてる映像にも驚きました 何回も見てるうちに容姿だけでなく 歌も素晴らしいなと気付きました それからはベストCDを買い毎日聞いてます

 再び夢中・・・かなり幼い頃 多分TVの真理ちゃんシリーズを見て なんて綺麗で優しそうなお姉さんだろうと思って名前もわからず好きになって以来なのです しかしその後・・・アグネス・チャンやキャンディーズ、中3トリオ、石野真子さん、ピンクレディーにいつのまにか興味が移り 真理さんの事は自分の中では消え去り またメディアからも消え去っていました その後ひょうきん族で久しぶりに見た真理さんは 綺麗でしたが昔のイメージとは違いました そして写真集やにっかつ映画出演 激太りや声の変化等でますます遠い存在になりました・・・

・・・が今現在 自分は再びファンになりました 昔の真理ちゃんだけでなく現在の真理さんもです ちあきなおみさんは あれだけ再評価されたのに結局ファンの前に(もちろん事情はあるにしろ)現れてくれませんでした しかし真理さんは違うと思います みなさんの力で再評価が実現すれば あの真理ちゃんスマイルで応えてくれると思います 天地真理さんの再評価を目指してがんばりましょう! 
 
長文になり すいませんでした。 

天地真理さんの再評価を目指して

チャンスさま

お越しいただき、有難うございます。

天地真理さんの再評価、これは私たちの念願です。30余年前に私も、音痴とは言わないまでも、誤解をしたまま、真理さんから遠ざかっておりました。後悔先に立たずと申しますが、あの当時の社会情勢を考えると致し方なかったとは思いつつも、当時は何もしてあげられずに苦労をされた真理さんが不憫でなりません。ただ不憫さを哀れむだけでなく、彼女の真価を伝えたくて、このブログを続けております。

私共の僅かなお手伝いですが、いつの日にか、そのようなチャンスに結びつくことを祈っております。今後ともよろしくお願い致します。

No title

とてもいい歌ですね この曲は シングルコレクションアンドモアのDISC2の1曲目で 最初のイントロ部分の感じから「恋する夏の日」や「恋と海とTシャツと」系の曲かなって思ったら 真理さんが歌いだすと全く違う感じの曲調になり・・・ この曲もとても上手く歌われていてー天地真理=音痴?ーと言うイメージが 全く間違ってるって事が わかります 全体に芹洋子さん的な歌い方ですが ♪あの時~、♪ふたりは~、♪わたしは~の歌詞の歌い方はとってもかわいく特徴的で大好きです なんとか・・・ ちあきなおみさんみたいに 再評価&再ブームになって欲しいですね!
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード