銀座ひとりぼっち




3月4日、本日のお題は、銀座ひとりぼっち




アルバム単位で、真理さんの曲をご紹介する今回の企画、今、1973年12月5日発売のアルバム『空いっぱいの幸せ』について、ご紹介しています。



真理さんの7枚目のアルバム空いっぱいの幸せの表裏表紙と、収録の構成は次のようです。

空いっぱいの幸せ



A面
1 空いっぱいの幸せ
2 銀座ひとりぼっち
3 愛と涙と約束と
4 愛を呼ぶ春
5 さよならは心をこめて
6 もの想う季節

B面
1 風にねがいごと
2 似顔絵
3 幸福(しあわせ)な時間
4 青春のうたごえ
5 あなたの故郷(ふるさと)
6 あなたが教えてくれた歌





本日のご紹介は、このアルバムのA面2番目の曲「銀座ひとりぼっち」です。

この曲は、プレミアムボックスのDISC6の2番に当たります。






私がこの曲を知ったきっかけは『「銀座ひとりぼっち」という曲が好き』というある方のご感想を伺った時でした。

2009年当時、私は天地真理さんのアルバムの構成すらまともに知らなかった、ファンとしての駆け出しでしたので、この曲を探し出すのにも四苦八苦でした。当時はもちろん、Youtube にさえ登録がありませんでした(今でもありませんが)ので、maristさまのサイトを覗いて初めて、この曲の存在を知ったほどです。

そして、いざ原曲をある方からいただいて聴いてみて感じたことは「さほど興味の湧く曲ではないな」というものでした。この感想を教えて下さった方に返したところ「なるほど、男性と女性では感じ方が違うのね」というさっぱりしたご返答。

それきり、この曲とはご無沙汰しておりましたが、昨年の3月だったでしょうか、プレミアムボックスを購入して、毎日通勤の車の中で、全曲を聴くようになって、再びこの曲に着目するように。何が良いかというと、......、それは後半で。





私にとって、そんな歴史のある曲をひも解いて参りましょう。



作詞:なかにし礼
作曲・編曲:鈴木邦彦

あなたがふるさとへ 帰った日から
銀座の街角で 私は一人
消えた恋の夢を 抱きしめて
歩くすずらん通り 涙がこぼれて来るの
今夜 おそくまで
手紙をきっと書くわ

あなたが好きだった レンガの店で
コーヒーを飲んでいる 私は一人
ほほにほほを寄せて 恋人が
歩く並木通り 窓から見つめているの
少し淋しいの
一人で待っているわ

花屋の店先で あなたのために
小さなバラを買う 私は一人
いつかめぐり逢える 夢をみて
歩くみゆき通り 小雨がポツリとおちる
傘を差しかけて
あなたと帰りたいの




作詞のなかにし礼さん、そして作曲・編曲の鈴木邦彦さんのご両人は、私の知る限り、天地真理さんのための作品を担当されるのは初めてかと思います。

なかにし礼さんが、かつて日本語訳をされた「バタフライ」という曲を天地真理さんがカバーされたことがありますが、天地真理さん専用のオリジナル作品を担当されたのは初めてなのです。




なかにし礼さんと言えば、日本を代表する作詞家、小説家であり、マルチタレントとも呼ばれておいでです。彼が世に出したヒット曲の膨大な数は驚くばかりです。私が知っているヒット曲の中でも、「今日でお別れ」菅原洋一・「フィーリング」ハイファイセット・「手紙」由紀さおり(敬称略)などがあります。2000年には『長崎ぶらぶら節』で直木賞も受賞されておいでです。

鈴木邦彦さん、こちらも日本を代表するピアニストであり、作曲家でいらっしゃいます。「天使の誘惑」黛ジュンで日本レコード大賞を受賞されたのは有名ですね。また、ミュージックベルというハンドベルに似た楽器で、音楽教育にも積極的に携わって来られましたことでも知られています。




そんなお二人による作品「銀座ひとりぼっち」をお聴きいただきましょう。

今回は、余り季節感のない作品ではありますが、花屋、小さなバラ、といった表現が歌詞の中にありましたので、そんなバラとカーネーションを採り上げてみました。ワンコーラスですがご堪能下さい。

[銀座ひとりぼっち]

 []










「銀座ひとりぼっち」を聴いていただきましたが、如何でしたでしょう?


頻繁に聴くようになったこの曲についての私の感想は、

① 曲のテンポが速いことでは、天地真理さんの曲の中で随一。天地真理さんの曲で3コーラスまである曲も珍しいです。
② 歌詞の中に出てくる「すずらん通り」「並木通り」「みゆき通り」は現存する銀座の通りの名前ですが、通り名や地名が出てくると、何となく郷愁を感じるのは私だけではないでしょう。東京・銀座と言えど、ふるさとといった趣きを感じます。
③ 「手紙をきっと書くわ」「一人で待っているわ」「あなたと帰りたいの」これらはこの曲のクライマックスと思います。聴き終わって脳裏に残るのは、やはりこの部分なのです。


天地真理さんにとっても、このようなテンポの速い曲は、軽快で雰囲気を一新する良い契機だったと思いました。このような速い曲も歌いこなすのは、やはり天地真理さんならではでしょう。



















次回は「愛と涙と約束と」です。 こちらもいい曲です。 どうぞ、気長にお待ち下さい !








にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード