愛と涙と約束と




3月9日、本日のお題は、愛と涙と約束と




アルバム単位で、真理さんの曲をご紹介する今回の企画、今、1973年12月5日発売のアルバム『空いっぱいの幸せ』について、ご紹介しています。



真理さんの7枚目のアルバム空いっぱいの幸せの表裏表紙と、収録の構成は次のようです。

空いっぱいの幸せ



A面
1 空いっぱいの幸せ
2 銀座ひとりぼっち
3 愛と涙と約束と
4 愛を呼ぶ春
5 さよならは心をこめて
6 もの想う季節

B面
1 風にねがいごと
2 似顔絵
3 幸福(しあわせ)な時間
4 青春のうたごえ
5 あなたの故郷(ふるさと)
6 あなたが教えてくれた歌





本日のご紹介は、このアルバムのA面3番目の曲「愛と涙と約束と」です。

この曲は、プレミアムボックスのDISC6の3番に当たります。






この曲と初めて出逢った時、二つのことを思いました。

ひとつは「いつもある、たまにある」の部分はどういう心情が表現されているのだろう、ということ。

そして、もうひとつは、曲の冒頭から聴こえる、古井戸から水を汲み上げるような、拍子を取る音、あの音にはどこかで聞き覚えがある、この2点でした。



一つ目の疑問については「泣いたり、笑ったり、そして、約束に胸弾ませたり、落胆したり」といった日々の喜怒哀楽の生活だけれども、今私はこの愛に集中できる喜びを表現したい、そんな作詞者の意向なのだろうか、と考えました。

二つ目は、ここ数日、何の音だろうと通勤の車の中で、ぼぉ~、と考えて続けていたのですが、やっと思い出して今日の日を迎えました。あれは、私が恐らく小学生の時に、山の小さな全生徒100人足らずの分校で、女性の先生が弾く足踏み式のオルガンの’ふいご’の音ではないだろうか、と。ギッコン、ギッコンとそのオルガンから出る低い音は、演奏されている曲のリズムに合わせて聞こえていました。あの音に似ている、そんな感慨をもちました。





作詞:山上路夫
作曲:森田公一
編曲:馬飼野俊一

幸せはいつもある さみしさもたまにある
今はただこの愛に 生きてゆきたい
あの人を思うとき この胸の奥の方
ひそやかに花が咲く 愛の涙うけて
いま私は 空の青さ 風の唄
いま私は 愛したいのすべて
あの人と二人して 生きているよろこびを
ひとつずつ 少しずつ おぼえてゆきたいの

約束はいつもある かなしさもたまにある
今はただこの愛を 信じて行くの
誰もみな それぞれに 青春という道を
歩くのよ 美しい夢を求めながら
いま私は 朝の光り 夜の星
いま私は 愛したいのすべて
あの人と二人して 生きているよろこびを
ひとつずつ 少しずつ おぼえてゆきたいの









山上さん、森田さんという、ゴールデンコンビによる作品です。

通勤途上で音楽を聴く時には、曲名に関心を寄せる暇は余り無いので、曲のメロディをまさに、ぼぉ~、と聴いているものですが、後日改めて、ヘッドホン等で細部の音を確認しながら、曲名と歌詞とに思いを寄せるとき、あの「ギッコン、ギッコン」という音や、「愛と涙と約束と」という曲名の意味、などを考えさせられます。

「愛と涙と~」そう、この曲は、愛に目覚めたひとりの女性の心情をまざまざと表現しているのだな、と分かります。それは、私に山の分校を思い出させるような、レトロな、情景。自分の過去に立ち戻るような郷愁も含んでいるような、そんな感慨です。

こんなことを考えるようになるのは、やはり歳のせいでしょうか?





それではお聴きいただきましょう。今回は歌詞のなかに登場する「愛の涙を受けてひそやかに咲く花」そんなイメージの花を探しました。ワンコーラスですが、お楽しみ下さい。

[愛と涙と約束と]

 []








お聴きいただき、如何でしたでしょう?

いま私は 空の青さ 風の唄
いま私は 愛したいのすべて

いま私は 朝の光り 夜の星
いま私は 愛したいのすべて


クライマックスであるこの部分を、真理さんは張り裂けんばかりの声量で歌い、喜びを表現しておられます。

淡々と言葉を積み重ねたこの曲ですが、愛に目覚めた女性の熱い思いを感じる曲でした。













次回は「愛を呼ぶ春」です。 いい曲が続きます。 どうぞ、気長にお待ち下さい !








にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード