童話作家

1月19日、真理さんの後半の曲から、今回は「童話作家」を選んでみました。

勿論、この曲は、さだまさしさんの「童話作家」をカバーしたものであることは皆さんご存知であったかもしれませんが、私は初めてこの曲を聴いたときは、彼女の澄んだ高音に感心して、真理さんは自分自身に相応しい、いい曲をお持ちだなと、本気で思ってしまいました。真理さんの歌唱が思う存分発揮されている曲作りですね。

そんな中で、本家本元のさだまさしさんの「童話作家」を聴いてみると、テンポの遅い雰囲気の違う曲で、これはこれなりに良い出来だと思います。それほどに真理さんの曲作りは、真理さんらしく。さださんは、さださんらしく、仕上がっていますね。

それでは、はじめてに真理さんのカバーをお聴きいただいて、彼女の雰囲気に酔いしれて下さい。それから、さださんのオリジナルを聴けば、恐らくあなたは、真理さんの虜になるでしょう。

真理さんの曲は、keisukefamily さんの作品。





さださんのオリジナルはrose0rose さんの作品です。






今回改めて、真理さんの澄んだ高音に魅せられました。この高音を生かした曲が、まだまだたくさんあります。真理さんは、本当に大きな功績を残されましたね。(未だご健在ですけどね。)


P.S. まりもりさまから、教えていただきましたが、この曲は、1976年6月に発売された彼女の12枚目のアルバム「私は天地真理」のA面に収められていますが、同じ年の12月に発売された彼女最後のアルバム「童話作家」では、先頭に納められています。真理さんもこの曲には、かなりの入れ込みがあったようですね。







1月20日(水曜日)。

シンシアさんが、「童話作家」をカバーしたものが、Youtubeで見つかりましたので、補足させていただきます。

南沙織さんと言えば、「17歳」「色づく街」「人恋しくて」「潮風のメロディ」「ひとかけらの純情」「傷つく世代」.........。

後から後から出てきます。そう、私もシンシアの曲はたくさん聴きました。あの時代は、テレビをつければ、必ずどこかのテレビ局で歌謡番組が組まれていた時代、ラジオをつければ、どこかで今週のベスト10、とかが日常茶飯事で放送されていました。否が応でも、歌謡曲を聴かされる、そんな時代でしたね。あの頃はまた、FM放送が全盛の時代で、レコードを買えない私のような貧乏品は、あの頃のFM東京やNHK-FMから、お気に入りの歌手の特集をカセットテープに録音しておりました。これがエアチェック。そんな訳で、私がカラオケに行くと、マイクは私のもの。70年代、80年代のほとんどの曲は私にお任せを........。

さて、本題に入りますが、私がファンであったシンシアの「童話作家」を聴いてみましょう。彼女の声質も伸びやかですので、この歌の高音は何とかなりそうですね。

それでは、彼女の「童話作家」をどうぞ。映像は miutcb さんの作品です。




シンシア、ご出演いただき有難うございます。この録音は、少し低めのキー設定のようでしたが、シンシアらしい軽やかな歌声が聴こえましたよ。

でも、シンシア。「童話作家」という曲は、さだまさしさんの曲だけあって、高音が特徴。この場は、真理さんに軍配を挙げてもいいでしょうかね?ご賛同、有難うございます。シンシアの曲もこの場で採り上げますからね、今後とも、よろしくお願いしますね。

という訳で、無理やりでもないのですが、私は真理さんに軍配をあげます。真理さん、これからも、澄んだ高音を聴かせて下さいね。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

春の風 さまへ

春の風 さま

”本家を凌駕”、私も同感です。一体、何故なんでしょうね?一説には、一つ一つの歌を大切に、心を込めて歌っているから、発声が声質が素晴らしいから、等々、ありますが、私はスーパーだから、と言いたいですね。容姿がスーパー、笑顔がスーパー、発声がスーパー、高音がスーパー、そして、飾らない人間性がスーパー。褒めすぎでしょうか?

shiolabo さんへ

shiolabo さん

南沙織さんの「童話作家」。早速、追記させていただきました。有難うございます。

「苦難を歩む人生はそれ自体が詩」ですか、なかなか良いことを仰いますね。「二月の風景画」も、入手できましたら、採り上げさせていただきます。

本家をも凌駕していまう。

この「童話作家」は多数の歌手に歌われたいますが
あの山口百恵ちゃんもコンサートで歌ったことがあるそうです。
残念なことにレコーディングはされなかったそうです。

それと真理ちゃんがカバー曲を歌うとどれも本家を凌駕してしまうのは
気のせいでしょうか。

やはり真理さんに軍配を。

 youtube 上にある南沙織歌う「童話作家」も聴いてみました。
 どうしても苦難の道を歩んだ真理さんの人生を思い合わせながら聴いてしまうので、happy な Cynthia には似つかわしくない曲に思います。(あまりにもひいきしすぎですね……。)

 苦難を歩む人生はそれ自体が詩です。歌です。スリーピーさんも、もしも真理さんが陽の当たる道ばかり歩んでいたら応援していないんじゃないですか。

 まりもりさんがあげている「二月の風景画」は、真理さんがある番組で「この歌、嫌いです!」と叫んじゃったという曲だそうですが、当方はまだ聴いたことがありません。何がそう叫ばせたのか、以前から気になっています。その謎をぜひ解きたいので、この曲も機会がありましたら採り上げてみてくださいませんか。

まりもりさまへ

まりもりさま

真理さんの後半、まりもりさまは、ほたるの??ですね。

「私は天地真理」や「童話作家」が発売された当時、真理さんの現実のファンであったこと。これは、私にはどうあっても真似のできないことです。あれから、35年余りも真理さんファンであること自体、超人的ですよ。(よく飽きないですね?)

「二月の風景画」って、Youtubeにありませんよ。まりもりさま、アップして下さいよ。お願いですから。。。


No title

♪童話作家♪ですか、、、。

何かの雑誌で真理ちゃんが”毎年桜の花が咲く頃にリサイタルをしたい・・・・”と言う記事を読んだ記憶があります。で、この♪童話作家♪ですが、LP”私は天地真理”で初めて聞きました。とても耳に心地いい歌い方をしているなぁと思っていたら、年末発売のLPではタイトルもずばり”童話作家”・・・真理ちゃんこの歌大好きでこのLP作ったのかな?と思ったりしたものでした。

ちなみに、”童話作家”に収録されている♪二月の風景画♪まりもりはとても大好きです。

☆さださんの、オリジナルの方の♪童話作家♪聴きましたが・・・・・・・うぅぅん、、、、_(笑)正直真理ちゃんの歌う♪童話作家♪しか知らなかったので、今更(?)本家の方を聴いてもなんだかなぁ・・・・と言うのが正直な感想です。さださんのファンの方には申し訳ないケド・・・・(毒舌)☆

まりもり
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード