ある雨の日の情景




6月13日、本日のお題は、ある雨の日の情景




アルバム単位で、真理さんの曲をご紹介する今回の企画、今、1974年6月21日発売のアルバム『恋と海とTシャツと』について、ご紹介しています。



真理さんの8枚目のアルバム恋と海とTシャツとの表裏表紙と、収録の構成は次のようです。

恋と海とTシャツと




A面
1 恋と海とTシャツと
2 素晴らしい青春
3 爽やかなあなた
4 恋の予感
5 花嫁の友だち
6 恋人たちの港

B面
1 ロマンス
2 サルビアの花
3 恋の風車
4 ある雨の日の情景
5 小さな日記
6 あなた





ご紹介を前に、この6月11日で被災から3ヶ月を迎えた東日本大震災について一言。

連日、被災から3ヶ月を機に、現場の問題点がメディアで採り上げられております。瓦礫の撤去が先なのか、復興の青写真が先なのかという議論がある中で、大地震と原発被害という未曾有の大災害が一度に到来し、危機管理が不十分であったり、過去の経験が十分に生かされていないなど、この現実に誰もが歯がゆい思いをしていることは確かです。

この危機を乗り越えるには一体何が必要なのか。国レベルの問題では永田町の国会議員の先生方と霞ヶ関の官僚の皆さんに頑張ってもらうしかないのが現実です。そうであれば、権力争いはやめていただき、本当に有能な人材を投入して、復旧のスピードアップをお願いするものです。

私のような市民レベルでは、引き続きボランティア活動を通じて、少しでも末端の被災者へのケアを進めて参ります。私スリーピーは再び、被災地へ参ります。






前置きが長くなりました。

本日のご紹介は、このアルバムのB面の4番目の曲である「ある雨の日の情景」です。

この曲は、プレミアムボックスのDISC6の23番に当たります。





この曲を天地真理さんによるカバーとして初めて聴いた際の私の感想は、何と淡々と綴られた詩なんだろう、ということでした。

そう思い続けてこれまで参りましたが、この曲を特集するに当たり、オリジナルの吉田拓郎さんの歌唱を聴かせていただき、男性が歌うこの曲の印象と、天地真理さんの歌うそれとの雰囲気の大きな違いに唖然としました。






作詞:吉田拓郎/伊庭啓子
作曲:吉田拓郎
編曲:竜崎孝路

バスが停まって 外は雨が降っている
ガラス窓に 一杯並んだ雨だれの
向こうで誰かが タバコに火をつけた

それから人は 皆 傘をさして
まるで心を 傘でかくせるみたいに
そして黙って 雨の中を歩いてる

それから雨は どこかの風と一緒に
茶色のハッパを 一枚落としていった
それから 皆 雨に濡れて歩いてる

雨の中を バスは動き出した





バスの中から外を眺めている一人の女性の目に映る、雨模様の中での人々の仕草を描写したものですが、それを吉田拓郎さんが男性の感性でメロディをつけたのがこの作品であると思います。

女性の目に映る風景と、男性のメロディ、その結果として吉田拓郎さんの歌唱は非常に男性的で、一見「やけくそ」という表現が適当かどうか分からないのですが、吐き捨てるように歌っている印象でした。

そんな吉田拓郎さんのオリジナルをYoutubeで聴いた時、私は天地真理さんの女性的な明るい印象のカバーと比べて、余りにも違った印象に大きな衝撃を受けました。

これも竜崎孝路さんのアレンジによる結果であることは明確なのですが、こんなにも印象が変わっては、果たして作詞をされた伊庭啓子さんにとっては、どちらの情景をお好みなのかな、と心配さえしてしまいます。





そんな180度違うお二人の歌唱をお聴きいただきましょう。




まずは、吉田拓郎さんによるオリジナルです。この曲は1972年1月にシングル「結婚しようよ」のB面としてリリースされました。old2008sound1 さんの作品からどうぞ。






こちらは同じく吉田拓郎さんのオリジナルではあるのですが、ライブ盤からもお聴きいただきたいと思います。この曲に対する拓郎さんの思いと彼の人柄を垣間見ることができます。122Micchi さんの作品です。









そして、最後になりますが天地真理さんに歌っていただきましょう。今回はスリーピーが雨上がりの草花を集めてみました。定期便ですが、フルコーラスでお楽しみ下さい。

[ある雨の日の情景]

 []










お聴きいただき、如何でしたでしょう?

お二人のと申し上げましたが、本来はいろいろなアーティストの競演をお届けして、最終的には天地真理さんの秀逸性をアピールしたいのがこのブログの目的なのですが、この曲に限っては天地真理さん以外にカバーしている歌手が存在しません。もしかすると世界中にはいるのかもしれませんが、youtubeを基準に探しましたところでは、天地真理さんのみという結果でした。

それほどに、この曲はフォークソングの真髄を行くものであり、天地真理さんでもないとアレンジも歌いこみも叶わなかった、これが現実であったのかもしれません。別の言い方をすれば、天地真理さんのフォークへの志向は、自他共に認めるものであったという事だったのだと思います。



私の総評としましては、この曲をカバーすることを選んだ天地真理さんご自身のフォーク志向の強さと、それを可能にした竜崎孝路さんの強力なバックアップがあってこそ、このように明るい雰囲気に仕上がった、天地真理的「ある雨の日の情景」が生まれたものと思っています。 

最後に私の好みの問題なのですが、むしゃくしゃする時には吉田拓郎さんの声で、そして心が晴れ晴れする時には天地真理さんのお声で聴かれることをオススメします。








次回は「小さな日記」です。気長にお待ち下さい !









にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ2

コメントの投稿

非公開コメント

伊庭さんのこと

2011年の記事にコメントをいただき、有難うございます。

伊庭さんですか?そう、調べだすと面白いでしょうね!

吉田拓郎さんと同じ世代、今、70歳くらいですかね?

No title

この曲とても好きです。
作詞した伊庭さんのことが知りたいですね。
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード