番外編 ちいさな恋




7月31日、本日は月末恒例の番外編をお届けします。




この数週間、夏バテ気味な体調から、自分自身で満足できる(皆さまのご批判は常にあると思いますが)記事になっていないことが気がかりです。

以前、ブログの執筆に燃えていたころは、通勤の車の中で執筆予定の曲を聴くに当たり、書きたい記事の内容が固まるまで何度も何度も同じ曲を繰り返し聴いて、いざ執筆の際には一気に数時間で書き上げたものでしたが、最近はいわゆる倦怠期に入ってしまったのでしょうか、記事の文字が言葉がなかなか思い浮かびません。

2009年に天地真理さんのファンとして復帰したころの情熱はどこへ行ってしまったのかと、自分に問いかけますが、あの頃は異常に燃え過ぎていたのであって、今が普通なのだと自分に返答するようにしています。

多少の浮き沈みはあっても、天地真理応援団の火が消えることはありません。




さて、本日は日曜日ということで久しぶりに時間が取れましたので「小柳ルミ子」さんについて書いてみたいと思います。

きっかけは、昨夜7月30日の夜にNHKラジオで放送された「ふるさと自慢コンサート」。

この番組は歌手をふるさとに招いて、ミニコンサートを披露しながら、その地の名物、名産をご紹介するという番組です。小柳さんが出演されたのは、去る5月27日に愛媛県愛南町で公開収録された番組で、それが約2ヶ月を経た、昨夜放送されたものです。



小柳ルミ子さんといえば、1970年代に天地真理さんと南沙織さんとで3人娘と呼ばれ、「私の城下町」等々のヒット曲を数多くお出しになり、NHK紅白歌合戦にも18回連続出場という輝かしい記録をお持ちです。

昨年には歌手生活40周年を迎えられ、更には今年3月に待望の9年ぶりのシングル「やさしくして/遠い母への子守唄」がリリースされ、ご本人もご自分のブログで、その喜びをつづっておられます。

61FhF07kv0L__SL500_AA300_.jpg



先の「ふるさと自慢コンサート」の中でもお話されていましたが、9年ぶりにリリースできる新曲には特別の思いがあり、感無量の一言。デビュー当時は年間4枚もシングルを出していた時代を考えると、この1枚の重みをひしひしと感じると仰っていました。

私もこの言葉を聞いて、1970年当初の天地真理さんの経歴を重ね合わせ「あの時代はすごかったんだ」と改めて思い知らされたのです。そして、真理さんも常々語っておられたように、作詞・作曲・編曲の先生方、スタッフの皆さん、等々、皆さんのお力があってこそ、歌手として新曲をリリースできる、9年ぶりの新曲はそんな裏方の皆さんのお力を改めて感じる機会になりました。





さて、小柳さんと言えば、シェイプアップに成功され、2度に渡りマスコミを賑わせた異性経験、等々、歌手生活以外にも華々しい経歴をお持ちですが、今でも彼女の痩身美は素晴らしく、私のようなおじさんからすれば、60歳を越えてのあの姿は、逆に痛々しくも感じますが、皆さまは如何でしょう。あ、これは批判ではありませんので悪しからず。

私が申し上げたいのは、時代に翻弄された天地真理さんと、巧みにその濁流を渡って来られた小柳さんとを比べて、その華麗さ、器用さの違いは歴然とはしているのですが、だからと言って私が小柳さんを応援するのかと言えば、それは違うのです。今、質素な生活を続けておられ、体の線は比べるまでもなく、昔の声さえも失っている天地真理さんと、未だに現役の小柳さんとでは、誰が比べても小柳さんを押すでしょうし、NHKなどは真理さんに触れることさえ、拒んでいますね。そんな現状を何とかしたい、不器用な真理さんだからこそ、私は逆に意欲が沸いてきます。

この8月に出ると言う、

GOLDEN☆BEST 新三人娘 ~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~

では、フォーク志向の天地真理さんが中心の構成になっていますし、演歌に足を踏み入れる以前の天地真理さんと小柳さんとは互角以上の好敵手であったのです。




さて、そんな小柳さんと真理さんは、この春にテレビ番組で対談する機会がありました。小柳さんが真理さんの母校である国立音楽大学付属高校を訪問するという設定であったかと思います。音楽室の一角で二人が数十年ぶりに対談するという設定でしたが、対談の内容は余り放映されず、確か真理さんが小柳さんに謝るという場面であったと思います。それも過ぎ去った40年前の出来事について。

この対談の中で、小柳さんから真理さんへ、携帯電話の番号が知らされ、真理さんから小柳さんへ何度か、電話された様子なのですが、あれから数週間が経ち、真理さんのファンクラブ創設にちなんだブログ MAHO☆Style に小柳さんからの書き込みがありました。「もう電話を掛けてこないで」。未だ華々しい舞台にいる小柳さんと、下町の片隅にいる真理さん、住む世界が違ってしまった、そんな印象でした。

私がどうしてこんなことまでお伝えするのかと言えば、小柳さんを批判するでもなく、天地真理さんを哀れむのでもなく、お互いの人生を現実を受け入れ、お互いに一歩ずつでも歩みを進めて欲しい、そう願うからです。

「10月のファンの集い」の準備も8月9月になると始まるでしょう。歌謡界の大御所、天地真理さんにも出来る範囲で前進していただきたい。そう願ってこの記事を終えたいと思います。





最後になりますが、本日のお届けは、2枚目のシングル

ちいさな恋

です。

この曲は私と天地真理さんとの最初の出会いを与えてくれた曲です。この意味からしますと、この曲はデビュー曲の「水色の恋」よりも私にとって大切な曲と言えます。




この曲については、約1年前の7月24日に、1972年6月1日発売の2枚目のアルバム「ちいさな恋/ひとりじゃないの」の中の1曲としてご紹介しています。よろしければ、そちらもご参照下さい。下の青い文字をクリックすると飛びます。

ちいさな恋/ひとりじゃないの



A Petit Love
作詞:安井かずみ
作曲:浜口庫之助
編曲:馬飼野俊一

たまに会えない日もあるけれど
それでも私は待っている
秘密の約束 指切りは
今度の日曜 青い空
 ちょっとこわいの 恋かしら
 赤い夕陽が 今沈む
  ~ 繰り返し ~

聞いてみたいの一度だけ
それでも私は黙ってる
見つめる目と目はかくしても
かくし切れないこの気持ち
 涙一粒 恋かしら
 光る星空 影法師
 ~ 繰り返し ~
 
 なぜか揺れてる バラの花 
 恥ずかしそうな 恋の歌
 ~ 繰り返し ~




本日は、rkdmmd27 さんの作品をお借りしてご紹介致します。たくさんの写真に目が潤んで参ります。













さて次回からは本当に「天地真理オン・ステージ」のB面に移ります。最初の曲は「わが祖国」です。どうぞ気長にお待ち下さい !









にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ2

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 二ヶ月先には

tip さん

素晴らしい、夢のあるお話。何か、目の前が急に明るくなったような気分です。

折りしも、ファンクラブ事務局より封書が届き、ファンクラブ主催による10月1日の集い、そして、新しく天地真理ファンサークルによる全国各地でのファンの集いが知らされたばかりです。

tip さんの構想が段々現実味を帯びてきそうな雲行きですね。「飛び散った残骸が寄り集まって光を放つ」50歳を超えた初老の皆さんから発せられる光の束、それが天地真理さんに対して未だ存在する誹謗中傷から彼女を守り、彼女の真の再評価につながり、天地真理さんが本当に望む方向に進んで欲しい。私はそう願います。

楽しみですね。v-208

Re: スリーピーさんへ

真理さんファンさん

昨日、ファンクラブ事務局から郵便が届きました。10月1日(土)にケネディハウス銀座(元銀座メイツ) で開催とのこと。

「天地真理ファンサークル」でも東京サークルでは、11月5日のガラス棟だそうです。忙しくなりますねv-218

そう、中森明菜さん、そしてアグネスがいましたね

チャンスさん、ご返事有難うございます。

チャンスさんのアイドル四天王論、おもしろいですね。中森明菜さんを挙げるところが流石だと思います。他のお三方は当確ですが、明菜さんが......。そう、彼女はスター誕生で最高得点で合格し、1985年と86年の日本レコード大賞を連続受賞してるんですね。自殺事件などのトラブルメーカーという印象が私の中にありましたが、偏見だったかも。あー、なんだか彼女の特集を組みたくなってきました。

アグネスもいいですね。BS12の水曜日ですね。録画できるといいですね。

二ヶ月先には

スリーピー殿 こんにちは
 
この記事を読むにつけ芸能界における普遍的な方程式を垣間見るような気がします

悲しいですが 「人生ゲーム」のような真理さんとルミ子さん

又は星(恒星)の大きさとその寿命の関係に似ているのではないでしょうか

ルミ子さんが丁度 太陽位のバランスのとれた星だとします

真理さんの場合はどうでしたでしょうか 

巨星だったのです

巨星の場合 その輝きが強い代わりに寿命は短いのですね

最後は超新星となり消えて行くのです

しかしその残骸は長い時を過ごす間に 再び 寄り集まり

光を放つようになるのでしょう  

その光とは 当時 超新星さながら輝いていた真理さんを知る私達

なのではないでしょうか

そう思えば真理さんを取り囲む有象無象など気にしなくてもよいと思えます

二ヶ月先   

真理さんのデビュー40年周年という時がやってきます

我々が光りだすことで 今度は 真理さんを照らし出す時なのです



大袈裟なこと言って すみません(汗) 






スリーピーさんへ

よく覚えていらっしゃいましたね!
有難うございます。
そのでしゃばり男が私でした。
人一倍の白髪頭がトレードマークです。(笑)
前打合せにも参加したかったんですが体調を悪くしてやっと会社の休職から復帰したばかりだったのと残念な事に当日は出勤になってしまい参加出来ませんでした。ファンの方はどんな人達なのか非常に興味あったので前打合せでいろいろお話ししたかったんです。体調はなかなか戻らない病気なのですが、出来れば前打合せにも参加したいです。

No title

こんにちは 
結局いつも同じような内容コメントになり すいません。
しかしこの状況を なんとかできれば・・・という想いなのです。
再評価・再ブームは もう目の前まで来ている!・・・と自分は感じています 後は各メディアが動いてくれるのを 待つばかりです 

岩崎宏美さん・・・自分も一時期この方のファンでした 確かに歌は上手く 美空ひばりさんもこの方を褒めてました ラジオ「MBSヤングタウン」で 人気DJになり関西でも人気者になりました しかし近年は 風貌もかなり変わり 喉の手術以降は往年の歌声ではないし 毒舌ぶりは加熱ぎみで この間もTVで桜田淳子さんの事を 悪く言ってました しかしなんといっても あの「木曜ヒットシヨー」の真理さんが お歌いになっている時のあの態度&表情につきるでしょう・・・
先ごろやっとユーチュブで見れた伝説の歌番組ですが 松田聖子さんと共演していたんだ~と驚きました 自分は聖子さんのファンでは無かったですが 日本のアイドル史の中では 天地真理 山口百恵 松田聖子 中森明菜 が四天王だと思います その中で評価が少し高すぎるのが百恵さん あまり評価されてないのが明菜さん さらに今現在 評価が低すぎるのが真理さん 聖子さんは相応って感じでしょうか?・・・と話しが また同じ方向へ向いてきたので この辺で・・・

訂正  アグネスさんの番組の放送チャンネルは BS11・イレブンではなく BS12・トゥエルビでした 「アグネス・チャンと行く! ポカポカ中華街」水曜日 19時~です 子供の頃「はーい!アグネス」を見てた世代には 必見です(笑)。なお BS12のホームページのご意見ご感想のコーナーに 真理さんのレギュラー番組の要望を送りました。
 

本心

チャンスさん、こんばんは。

小柳ルミ子さんは、宝塚音楽学校を首席で卒業されたそうです。ですから、音楽については自信をお持ちなのでしょう。同じように岩崎宏美さんもご自分の歌唱については絶対の自信をお持ちの方。私の中では、このお二人が天地真理さんに対してあからさまに嫌悪感を表に出しておられたように思います。

小柳さんが仰るように、真理さんが一時期、音を外すことがあったことは事実でしょう。そんな下手な歌手が可愛さだけで大人気を博して、有能な自分が二の足を踏んでいた時期があった。それを逆転するかのように、マスコミによるゴシップが悪い噂が飛び交い、それが功を奏して勝敗が逆転したと同時にあのような暴言とも言える言葉を態度を示すようになったと私は思っています。

この点について、酒井政利さんは「業界の嫉妬」と表現していますが、今のマスコミ全体の天地真理さんへの仕打ちは嫉妬だけなのでしょうか。誰か裏で糸を引いている大物がいるような気がします。

そんな作られた幕引きを受けて歌謡界から引き下がった真理さんに対して、私も同じ誤解を抱いていたわけですから、彼女たちを悪くは言えないのですが、それはそれとして、いつまでも真理さんを日陰にばかり置いておくわけにはいかないのです。皆さんのお力で天地真理さんを盛り上げて参りましょう。

BSイレブンの件、有難うございます。私も参考にさせていただきます。

真理さんファンへ

前回の「ファンの集い」では横断幕をテープで貼り付けるに当たり、左右の位置確認やら、後片付けやら、こまごまとお手伝いいただき、有難うございました。

あの時、黒いTシャツにジーンズで、あなたの目の前で横断幕を貼り付けていたのが私です。

あの時は幸いにも、集いを主催の方よりご連絡をいただきましたので、事務局の一員としてお手伝いすることが出来ましたが、今年は是非「真理さんファン」さんにもご連絡が届き、事前打ち合わせからご参加いただけると良いかなと思います。

No title

こんにちは
小柳ルミ子さん・・・・微妙な方ですね 数年前の関西のラジオ番組にゲスト出演した時 毎回恒例の渡辺プロ内での真理さんとの扱いの差の愚痴話を していました まあそれは 小柳さんの持ちネタ話なので いいのですが その話をする前に 小柳さんは 真理さんの物真似で♪ひとりじゃないのぉ~~お♪ と変な裏声でわざと音程をはずした歌い方をして 当時の真理さんの紹介をしていました・・ この方の本心が見えた瞬間でした・・・ ですから昨年10月の「解禁マル秘ストーリー」での対談での 小柳さんの涙は なんとなく素直に見れませんでした しかしこの方は ほとんど第一線で活躍され続けてるのは 凄いなと思います 
自分の世代では この方がアイドルというのは全く知らず ただの演歌歌手というイメージしかありません 自分は最初に好きになったアイドルは 多分アグネス・チャンだと思います 今BSイレブンというBSチャンネルで アグネスさんの番組がゴールデンタイムで放送中です 遠目には昔と全く変わらない姿とチャーミングというか少し天然っぽい雰囲気で とても面白く 昔ファンであった自分には懐かしくて嬉しい番組です しかし見ているうちに 真理さんにも こういう番組があればなぁ・・・と憂鬱な気分に襲われます 70年代元アイドルの方たちは まだ多くの方が いまだにTVで活躍されています しかし一番ビッグな天地真理さんという方が 数年前からTVでの出演がほとんど途絶えています・・・ もう「天地無用」なのでしょうか?
去年の10月から再び・・・というか初めてファンになりましたが スリーピーさんの初期と同じように異常に燃え過ぎているのでしょうか(笑) 
新3人娘のゴールデンベストが とても気になります 初期の小柳さんの曲 そして最近「夜ヒット」の再放送を見てて 新たにファンになりつつある南沙織さんの曲も聞きたいので 購入予定です。

"MAHO☆Style に小柳さんからの書き込みがありました。「もう電話を掛けてこないで」。"は私なりにショック。
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード