木枯らしの舗道




8月26日、本日のお題は、木枯らしの舗道




アルバム単位で、真理さんの曲をご紹介する今回の企画、今、1974年12月10日発売のアルバム『天地真理オン・ステージ』について、ご紹介していますが、これまで天地真理さんのアルバムは、その収録曲目の中に必ず当時のシングルリリースされた曲が含まれていたものでしたが、このアルバムから変則が始まり、収録されないシングル曲が多数存在します。

それをカバーすべく、プレミアムボックスでは「+α」として追加収録がなされています。しかしながら、時系列でお伝えしている当ブログとしましては、補足せざるを得ないものがあります。


box.jpg


この真理さんのプレミアムボックスDisc-7(天地真理オン・ステージ+α)の収録の構成は次のようです。

1 水色の恋
2 青春
3 ある雨の日の情景
4 想い出のグリーングラス
5 結婚しようよ
6 夏を忘れた海
7 わが祖国
8 愛する人に歌わせないで
9 想い出のセレナーデ
10 また逢うためにさようなら
12 シュガー・ベイビー・ラブ
13 シュガー・タウンは恋の町
14 悲しき天使
15 愛の休日
16 ひとりじゃないの
17 恋する夏の日
18 若葉のささやき
19 ジョニー・エンジェル
20 トップ・オブ・ザ・ワールド
21 ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド
22 ママがサンタにキッスした
23 ホワイト・クリスマス
24 赤鼻のトナカイ
25 聖しこの夜
26 わたしの場合(「想い出のセレナーデ」B)
27 ブランコ(「木枯らしの舗道」B)



シングルの発売順としましては、「想い出のセレナーデ」の次が「木枯らしの舗道」なのですが、B面の「ブランコ」のみが、Disc-7に挿入されてはいても、A面の「木枯らしの舗道」は、このDisc-7(天地真理オン・ステージ+α)からは抜け落ちています。

そこでこのブログとしましては、ここで「木枯らしの舗道」をご紹介することが順当という判断に至りました。




と言うわけで、本日のご紹介は「木枯らしの舗道」です。

この曲は、プレミアムボックスDISC2の12番に当たります。







この曲は、天地真理さんにとって12枚目のシングルであり、1974年12月の発売です。同じ時期に『天地真理オン・ステージ』が発売されているのに、その収録曲から「木枯らしの舗道」が抜け落ちたのには何かの理由があるのかとも思いましたが、当時、路線変更を迫られていた天地真理さん周辺にとっては、色々な意図があったのは確かですので、これ以上の詮索はしないこととします。


さて、当時、中学3年生であった私にとりましては、天地真理さんの当時のファンとしての記憶に残る最後の曲でもあります。そう、私はこの曲を最後に天地真理さんから離れてしまったのです。あれから37年余り経た今日、改めて後悔しています。


そういう意味で、私にとって記念すべき曲ではあるのですが、ご本人の真理さんにとっても大人への脱皮路線に乗る前の、清純路線最後の曲となった曲としても、意味の大きい曲だと思います。





作詞:山上路夫
作曲:森田公一
編曲:穂口雄右

街の舗道に 木枯らし吹きぬける
さよならを言いましょう 次の角で
いつか月日が 流れて行ったなら
すばらしい青春と 思うでしょう
 山登り 魚釣り いろんなことを
 教えてくれたあなた
 そんなことするだけで 幸福だった
 帰らないあの頃が とても愛しい

それがくせなの 手を上げ行くあなた
だけどもう会えないの 明日からは
ここの街とも しばらくお別れね
泣かないで 歩くことできないから
 土曜日に会うたびに 私にギター
 教えてくれたあなた
 しばらくは弾けないわ ギターもきっと
 帰らないあの頃を 想い出すから

あなたと夜更けまで
語ったことを忘れてないわ 今も
そんなことするだけで 幸福だった
帰らないあの頃が とても愛しい






久しぶりに山上・森田コンビによる作品です。

編曲の穂口雄右さんは、キャンディーズの作品の多くを作曲・編曲された方として有名です。





それでは天地真理さんの歌唱をお聴きいただきましょう。

まずはオリジナルシングルから、98junyugo さんの作品からお聴き下さい。




そして、当時のテレビ番組を録音で残して下さっている Sugi4Geru さんの作品から2つお聴き下さい。











お聴きいただき如何でしたでしょう?



聴いていて何か物悲しさを感じるのは私だけではないでしょう。季節が晩秋であること、過ぎ去った夏の恋を思い出させる詩の内容、等々、曲の雰囲気が寂しい設定であることは事実なのですが、当時の天地真理さんの置かれていたお立場を考えると別の意味で、物悲しいのです。



「想い出のセレナーデ」から始まり「木枯らしの舗道」「愛のアルバム」へと繋がる、以前の明るいイメージから、落ち着いた雰囲気への転換。私としましては、こちらの天地真理の方が好きではあります。でもそれは、厳しい芸能界では凋落を意味していましたので、簡単には喜べない現実がありました。



落ち込んでいても始まりませんね。こういう雰囲気も魅力な天地真理さんを、今後も応援して参ります。














さて次回は、アルバム「天地真理オン・ステージ」の2枚目のレコードの1曲目「シュガー・ベイビー・ラブ」をお届けする予定です。どうか気長にお待ち下さい。










にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ25日

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 失礼ですが

ひこうき雲さん、こんにちは。

どうも文章が下手で、皆さまに誤解を与えてしまっているようで申し訳ございません。

私はプレミアムボックスのDisc7で「木枯らしの舗道」が抜け落ちているのを補足したかったものです。「天地真理オンステージ」でこの曲が歌われなかったのは事実ですし、それを曲げるつもりは毛頭ございません。

また「木枯らしの舗道」の位置づけについては、反論する余地はございません。ただ私が中学3年生当時の理解はその程度の幼稚なものであったということです。皆さまに誤解を与えてしまいましたことを、心よりお詫び申し上げます。

今後とも「もの想う季節」をよろしくお願い致します。

失礼ですが

この曲をどう受け取るか、どう位置付けるかはそれぞれの考えだと思いますが、事実関係を整理しておきたいと思います。

まず、『天地真理オン・ステージ』に『木枯らしの舗道』が入っていないということですが、『天地真理オン・ステージ』の収録が行われたコンサートは9月です。『想い出のセレナーデ』が発売されて間もないころですね。したがって『木枯らしの舗道』はこのコンサートでは歌われていないでしょう。私はこのコンサートを実際に聴いていませんから、完全に確かとは言えませんが、他の人の書かれたものを見てもこのコンサートで『木枯らしの舗道』が歌われたという情報はありません。

それから「当時の天地真理さんの置かれていたお立場」を考えてみると、一般には「想い出のセレナーデ」で“大人への脱皮”に成功し、低下気味だった人気に歯止めがかかったと受け止められていたと思います。3月には念願の1カ月の休暇が取れフランス一人旅が計画されていましたし、(この時点でどれだけ具体化されていたか確実ではないですが)6月には初のミュージカルも控えていました。ですから、『木枯らしの舗道』を録音した頃は、真理さん自身は“75年は飛躍の年”と考えていたと思えますがどうでしょうか?

今更、どうでもいいことですが・・・・
 77年1月からの入院、長期休養に関して、当時から精神的(うつ病)病気との噂があり、これにより、多くのファンは、天地真理から去って行った、致命的な噂になってしまったと思っています。
 昨年10月の小柳ルミ子との特番では、「病気ではなく、ただ疲れた、辞めたくなった」とご本人が言っています。
 YTでは、76年当時のものとして、「FMバラエティ 1976.8.6 (ゲスト 天地真理) 前半・後半」がアップされており、元気に、普通に会話をしており、9月から全国縦断30か所のリサイタルを翌年1月ごろまで行うことを楽しそうに話しています。
 これ以降の76年のYTの情報が現時点では見当たらないが、私の想像では、この秋ごろに、渡辺プロ側との何らかのトラブルが表面化し、会社側から一時解雇されただけであり、けして、一部ブログで解説しているようなうつ病ではなかったと思っています。
 今後のブログを楽しみにしております。

Re: 木枯らしの舗道

chita さん

いつもお読みいただき有難うございます。

たいへん示唆の多いコメントをいただき有難く存じます。特に「スター千一夜 ゲスト:天地真理 1975/3」については私も初めて聞かせていただき、1975年2月からの1か月間のヨーロッパ旅行から帰っての、天地真理さんの冷静な自分分析を関心しながら聞きました。

1975年にはこのように冷静に過去3年間を振り返ることができた真理さんが、翌年の1976年の暮れに長期休養に至るまでにどのような確執があったのか、これから彼女のアルバムを通して少しずつ紐解いていけるなら嬉しいです。

今後ともよろしくお願い致します。

木枯らしの舗道

いつも楽しく貴ブログを読んでます。頑張ってください。

「木枯らしの舗道」は、私も当時の記憶は若干しか残っておりませんが、最近YTで天地真理を見て、この曲には何故か魅力を感じております。

 この動画として、dougatouさんの「http://www.youtube.com/watch?v=Mfe9er0Xz6w&feature=related」があり、とても好きです。これは、映画の一部でしょうか、髪形からすると、74年末の紅白と同じころと思われ、ほぼ無化粧ではないでしょうか。結構、明るく歌っています。
 この曲のふじぎな点は、まず、レコード発売が、12月10日という既に「木枯らし(晩秋から初冬)」が終わっている時期に出していること。「歌謡ベスト10 ゲスト 天地真理 1974.9.28」をYTで聞くと、「思い出セレナーデ」は、かなり早い時期に録音したが、曲のイメージにより発売が秋9月になったとご本人が言ってます。多くのスタッフがここまで考えているならば、「木枯らし」の発売は10月が旬と思う。
 もう一つは、なぜ「山登り 魚釣り」なのかということ。大先生の歌詞だが、天地真理に全く合わない、当時の時代にも全く合っていない。
 このようなことや、この時期のことを「スター千一夜 ゲスト:天地真理 1975/3」で話しているのをYTで聞くと、素直な自然な発言として好感が持てるが、当時としては、きわめて過激な発言として世間に受け止められたのではないかと考えると、ますます、この曲は、心のどこかに残る美しい曲です。
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード