愛の休日




10月11日、本日のお題は、愛の休日




アルバム単位で、真理さんの曲をご紹介する今回の企画、今、1974年12月10日発売のアルバム『天地真理オン・ステージ』について、ご紹介しています。



この真理さんの9枚目のアルバム天地真理オン・ステージは2枚組で構成されています。その表裏表紙と、収録の構成は次のようです。

オンステージ

< 1枚目 >
A面
1 水色の恋
2 青春
3 ある雨の日の情景
4 想い出のグリーン・グラス
5 結婚しようよ
6 夏を忘れた海


B面
1 わが祖国
2 愛する人に歌わせないで
3 想い出のセレナーデ
4 また逢うためにさようなら



< 2枚目 >
A面
1 シュガー・ベイビー・ラブ
2 シュガー・タウンは恋の町
3 悲しき天使
4 愛の休日
5 ひとりじゃないの
6 恋する夏の日
7 若葉のささやき

B面
1 ジョニー・エンジェル
2 トップ・オブ・ザ・ワールド
3 ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド
4 ママにサンタがキッスした
5 ホワイト・クリスマス
6 赤鼻のトナカイ
7 聖しこの夜

*このアルバムは1974年9月に、東京・九段会館ホールでのコンサートの模様が収められています。




本日のご紹介は「愛の休日」です。

この曲は、プレミアムボックスDISC7の14番に当たります。









この曲は1972年にフランスのミッシェル・ポルナレフの歌った「愛の休日 (Holidays)」がオリジナルです。

このミッシェル・ポルナレフは、フランスでは国民的歌手として人気があったそうで、ポップス・シンガーソングライターとして活躍されました。

日本でも「愛の休日」が大ヒットとなり、1972年から1979年まで4回の来日公演を行っています。


それでは早速、オリジナルをお聴きいただきましょう。voyageurmusicale さんの作品からどうぞ。







彼の映像を拝見して、大きなサングラスにきらびやかなステージ衣装が好きなのかと思っていましたが、あの姿がトレードマークであり、常にあの姿で活動していた模様です。日本でも沢田研二さんに同じような傾向がありましたので、彼の影響を受けているのだろうかと思いました。

彼は色々な楽器を弾きこなせることでも知られており、ピアノは正規の教育を受けて習得したものだそうです。ギターは独学とか。




私は初めて彼の映像をYoutube で拝見し、その奇抜な衣装と、女性のような高い声に、天地真理さんがどうしてこのようなアーティストに興味を持ったのかと疑問に思いました。しかし、彼がピアノが得意でしかも「フランスへの手紙 (Lettre a France)」という名曲を残していることを知って、彼への考え方が変わりました。ピアノの上手さも秀逸ですが、この曲のメロディは私を虜にしました。フレンチ・ポップスの貴公子」などと呼ばれるのはこの曲所以なのでしょうか。


それではその名曲「フランスへの手紙」をお聴き下さい。didyme8 さんの作品です。





この曲は、マネージャーに財産を持ち逃げされて、税金が払えなくなってアメリカへ逃亡した彼が母国フランスへの想いを歌った曲だそうです。フランス語の分からない私ですが、そのメロディに魅せられました。




もう一つ、彼の特徴をご紹介しておきましょう。彼が各地でコンサートを行うに当たって定番で披露する曲があったそうです。それは「トランペット」という曲でスタンダード・ナンバー「サマー・タイム」を元にした曲ですが、彼がトランペットの音色を声で真似て歌うものです。こちらは Polnareff59 さんの作品でお聴き下さい。





この曲の最後に使っていたマイクを床に叩きつけて破壊するのも定番であったそうです。何とも豪快なパフォーマンスです。

そしてもう一つ、瞳さえ見えない暗いサングラスを掛ける理由は、彼の目の障害をカバーするためのものだそうです。






さて、オリジナルのご紹介はこの位にして、天地真理さんのご紹介に戻りましょう。



作詞:Jeen Loup Dabadie
作曲:Michel Polnareff
日本語訳詩:柴野未知
編曲:竜崎孝路


HOLIDAYS OH HOLIDAYS
人はなぜかしら いつも何かを
求めすぎて 疲れてる HOLIDAYS 

HOLIDAYS OH HOLIDAYS
私は空を飛び ガラスのような
青い海 みつけたの HOLIDAYS 

HOLIDAYS OH HOLIDAYS
私の住む町は とても小さくて
みえないの あの空で HOLIDAYS

HOLIDAYS OH HOLIDAYS
いつか再び すべてをすてて
飛び立つの あの空へ HOLIDAYS




この柴野未知さんの日本語訳は、この天地真理さんのステージで初めてお聞きしました。フランス語の分からないスリーピーですが、原文は高い雲の上から地上を見下ろして、そののどかさを Holidays と表現しているように受け取れますので、この柴野未知さんの日本語訳もその雰囲気を上手く捉えておいでなのかなと思います。偉そうなことを申し上げて失礼致しました。

そして、竜崎孝路さんのアレンジでは若干ながらオリジナルよりもテンポが速めに設定されて、天地真理さんに相応しい構成となっています。



それでは、天地真理さんの歌唱をお聴き下さい。今回もスリーピーの手抜き映像ですが、ご勘弁下さい。フルコーラスでどうぞ。

[愛の休日]

 []






お聴きいただき、如何でしたでしょう?


今回は、オリジナルであるミッシェル・ポルナレフについて少し詳しくご紹介しました。それは、私が最初に彼に対して抱いた印象「何だろう、この歌手は?」という疑問を払拭したく、彼の素顔を正しくご紹介して、皆さまにも正しくご理解いただきたい、そんな理由からです。

彼の人生の全てをご説明することは不可能ですが、最初のきらびやかな衣装の彼だけをご紹介していたのでは、恐らく彼に対するマイナスイメージしか印象に残らないのかな、人の姿は全体を見ないと語りつくせない、そんなことを思いました。

そのような角度から天地真理さんにこれから接する方々も、一時的な姿だけではなく、彼女の人生全般を見て知っていただきたい、そんな思いをお伝えしたく思います。

それにしましても、1974年当時で彼のこの曲をカバーした日本人はスリーピーの数少ない資料では、天地真理さんの他には余り見当たりません。言葉の問題もあってカバーしにくかったこともあるのかと思いますが、これ一つをとってもさすがは音楽の専門学校を出られた人だけあって目の付け所が違うな、とそんな感想を持ちました。











さて次回は、天地真理さんのオリジナル3曲を一気にお届けしようと思います。「ひとりじゃないの」「恋する夏の日」「若葉のささやき」の3曲です。 

どうか気長にお待ち下さい !









にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ25日

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 真理さんの歌の聴き方

真理さんファンさん、こんにちは。

今日は日曜日で少しゆっくり出来ますので、久々にブログ更新の準備をしています。かつては週に2回のペースで更新していましたが、体が言うことを利きません。かつては睡眠よりブログ更新でしたが、今は体に合わせ、睡眠優先にしています。ですので週一での更新とさせtいただきます。

「歌の聴き方を」などと大それたことはありません。たまたま真理さんの選択された曲が当時は有名な曲であったためにその調査を進めると意外なことが分かってきた、それを一人で納得するのでなく、多くの方にもお裾分けしている、そんな感じなのです。

お引越しをされたそうですね?お体が不調な中での引越し作業はお辛らかったでしょうが、あなたのご病気は体を動かすのが治療に最も良いですから、良い機会を得られたと思います。その調子で運動に励んで下さい。程々に頑張るのがコツですよ。

真理さんの歌の聴き方

スリーピーさん おはようございます!

真理さんはフランスがお好きの様ですね。
YTで1970年代の真理さんの出演されたラジオ番組でおっしゃられていますね。
私は当時の真理さんをアイドルとしてしか見ていなかったしコンサートも行った事もありませんでした。
当時の私は中高生でしたから本当に真理さんの事何も知りませんでした。
今になって当時の真理さんの事をいろいろ知りたくなりました。
そういう意味で、スリーピーさんの解説や関連する他の方の曲紹介を見ては真理さんの歌を聴き直しています。

どなたかのブログで書かれていたのか忘れてしまいましたが、素晴らしい歌は後に評価される。とおっしゃられていました。真理さんの歌は正に今再評価されるに値しますね!
この歳になって初めて歌の聴き方をスリーピーさんに教えて頂きました。
スリーピーさんいつも有難うございます。

ファンの集いにご参加下さい

MAKO さん、こんばんは。

ミッシェル・ポルナレフという歌手の存在を、この記事の執筆を通して教えていただいたスリーピーです。本当に良い出会いを与えていただいたと感謝しております。

去る10月1日に開催された40周年祝賀会には、女性の参加も1割ほどございました。私がお話できた方々の中では、遠くは鎌倉からご参加の女性もおられましたが、多くは都内や関東地区からのご参加が多かったように思います。

来る11月5日には同じく都内で「第5回ファンの集い」が開かれますが、遠くは九州からも女性が参加される模様です。女性の参加が決して多いとは言えないかもしれませんが、女性が多いほど真理さんもお喜びと聞きますので、MAKOさんも是非ご検討下さい。

自転車通勤の件ですが、あれから続けておりますし、今後も頑張るつもりです。でも雨の日とか、残業で遅くなる時など、車に頼ってしまうこともしばしば。それでも基本は自転車であることに変わりはありませんので、疲れを感じたら車に切り替えつつも、自転車のお世話になるつもりです。MAKOさんもお散歩されているとのことでした。余り辛くない楽しみながら出来る健康法がいいですね。またお越し下さい。

妄想?

「この柴野未知さんの日本語訳は、この天地真理さんのステージでしか聴けない訳詩ですので、」

どうして断定できるのでしょう?

「恐らく天地真理さん専用に訳されたものと思います。」

「1974年当時で彼のこの曲をカバーした日本人は天地真理さんを除いてほとんど皆無であったと思われます。」

思うのは勝手ですが根拠もなしに公言していいのでしょうか?

No title

こちらでミッシェル・ポルナレフの音楽を聴けるなんて!!
感激です。
詳細についても記載くださり、ありがとうございます。
彼の曲が好きで、立ち寄ったお店でCDを見つけ懐かしさも
あり購入しました。
当時の記憶は曖昧ですが、以前、何かのCMで彼の曲が流れて
いた記憶があります。

真理さんの歌も素晴らしいですね♪
このような曲を歌われたなんて知りませんでした。
ありがとうございます。

今回行われましたファンクラブにつきまして質問を
してもよろしいでしょうか?
ファンクラブでは、女性のご参加は多いいのでしょうか?
関東エリア以外の方のご参加者もいらっしゃいますか?

以前、自転車通勤について書かれておられましたが、
今でも続けられておられますか。
朝晩は寒くなりましたので、ご自愛くださいませ。


プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード