トップ・オブ・ザ・ワールド




11月2日、本日のお題は、トップ・オブ・ザ・ワールド




アルバム単位で、真理さんの曲をご紹介する今回の企画、今、1974年12月10日発売のアルバム『天地真理オン・ステージ』について、ご紹介しています。



この真理さんの9枚目のアルバム天地真理オン・ステージは2枚組で構成されています。その表裏表紙と、収録の構成は次のようです。

オンステージ

< 1枚目 >
A面
1 水色の恋
2 青春
3 ある雨の日の情景
4 想い出のグリーン・グラス
5 結婚しようよ
6 夏を忘れた海


B面
1 わが祖国
2 愛する人に歌わせないで
3 想い出のセレナーデ
4 また逢うためにさようなら



< 2枚目 >
A面
1 シュガー・ベイビー・ラブ
2 シュガー・タウンは恋の町
3 悲しき天使
4 愛の休日
5 ひとりじゃないの
6 恋する夏の日
7 若葉のささやき

B面
1 ジョニー・エンジェル
2 トップ・オブ・ザ・ワールド
3 ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド
4 ママにサンタがキッスした
5 ホワイト・クリスマス
6 赤鼻のトナカイ
7 聖しこの夜

*このアルバムは1974年9月に、東京・九段会館ホールでのコンサートの模様が収められています。




本日のご紹介は「トップ・オブ・ザ・ワールド」です。

この曲は、プレミアムボックスDISC7の19番に当たります。






「トップ・オブ・ザ・ワールド」と言えば、1970年代の一世を風靡した、兄妹によるポップスデュオ『カーペンターズ』によるものがオリジナルです。

1972年にアルバムの中の一曲として世に出たこの曲は、翌1973年にシングルカットされ、カーペンターズにとって2枚目のビルボード1位の曲となり、今日まで世界的な知名度を保っています。




個人的にも彼らの曲は大好きで、当時ブームであったビートルズに馴染めなかった私は、海外はカーペンターズ、国内は天地真理さんと決めていました。あのカレンの明瞭な発音はたいへん親しみやすく、私が英語が好きになったきっかけでもありました。個人的にはこの「トップ・オブ・ザ・ワールド」と「オンリー・イエスタデイ」が大好きで、英語でも歌えるようにと丸暗記したものです。今でも歌えますよ。



さて、カーペンターズの魅力はその分かり易い詩と軽快なメロディにあると思いますが、中でも妹さんのカレンの発する低音が魅力ですね。彼女はおよそ3オクターヴにわたる広い声域をもっていたそうで、この発声法は「胸声」と呼ばれるそうですが、こちらの天地真理さんも低音から高音までカバーできるのが特徴で、似た部分があるように思います。

1983年にカレンは悲しい死を遂げることになりますが、その僅か10数年の間に素晴らしい歴史を残しました。同じように短期間に活躍された点においても、天地真理さんと共通するものがあります。





彼らのご説明はこれくらいにしまして、彼らの作品を早速お聴きいただくことに致しましょう。

カレンは、その歌声の素晴らしさに加えてドラム演奏でも才能を発揮しました。1970年のデビュー当時から、ドラムを叩きながら歌う場面が多く見られたそうですが、ドラムを叩きながら歌うとどうしても前かがみになって、彼女の顔が良く観えません。そんなファンからの不評を受け、更にはヒットを連発するようになって、いつの日かドラムを叩きながらの出演はなくなってしまったそうです。

そんな1972年当時のドラムを叩きながらの演奏と、その後に少々大人びてドラム無しで歌うカレン、2本を続けてお聴き下さい。

1972年にホワイトハウスにて時の大統領ニクソンを前にしての演奏です。耳を澄ませば彼女のとるリズム音が響きますね。 kneroli8676 さんの作品からどうぞ。






そして、笑顔にもゆとりがうかがえる、後半の元気な頃のカレン。DancingPV さんの作品をご紹介できると思ったのですが、カーペンターズが登場する映像のほとんど全てが特定の場所での公開制限を受けており、この映像もYoutube にてご覧いただくことになります。画面上のURLをクリックしていただくとジャンプします。








如何でしたでしょう?いつ聴いてもカーペンターズ、カレンの声は素晴らしいですね。私も天地真理さんと同じように40年の歳月をタイムスリップして再び聴き惚れました。






さて、次はこの曲「トップ・オブ・ザ・ワールド」のカバーです。

この曲は当時中学生の私が聴き惚れたように、とても発音が聞き取りやすく、多くのアマチュアの方々がギター弾き語りででカバーしておいでです。でも、この場は一応アーティストの演奏を採り上げることを主命題としておりますので、Youtube からそんな有名人を探しましたが、以外にもこの曲をカバーした方が見つけられません。スリーピーの努力不足かとは思いますが、そんな中で見つかったアーティストの一人をご紹介しましょう。

それはアグネス・チャンでした。この演奏は1973年のアルバム『草原の輝き』の中で演奏されています。ktjong さんの作品からどうぞ。








そして、最後は天地真理さんの登場です。天地真理さんは日本語で歌われています。日本語の訳詞は次の通りです。

作詞・作曲:john Bettis, Richard Lynn Carpenters
日本語訳詩:森亜仁霞 編曲:森田公一

誰かに教えたい はずむようなこの気持ち
空の青さがまぶしすぎるの
ほら夢じゃないかしら
望むものはひとつ
それはあなたの愛なの
愛があれば生きてることの
ほらすばらしい証し
いつも幸せの道 歩き続けて
何故かこわいくらい
あなたの愛を どこの誰にも
渡したりはしないわ

誰かが囁くの 過ぎた日を忘れないで
だけどいつか花が咲いたら
ほらそよ風が甘い
いつも幸せの道 歩き続けて
何故かこわいくらい
あなたの愛を どこの誰にも
渡したりはしないわ

幸せの道 歩き続けて
何故かこわいくらい
あなたの愛を どこの誰にも
渡したりはしないわ







それでは、真理さんの歌声をお聴きいただきましょう。いつもながらスリーピーの手抜き映像で本当にスミマセン。フルコーラスでお楽しみ下さい。


トップ・オブ・ザ・ワールド








如何でしたでしょう?

詩の内容は少々違っても、日本版カレンと呼んでも遜色の無いくらい、低音から高音までカバーする天地真理さんらしい歌い方だと思います。

40余年の歳月を経て再び出会えた、二人のアーティスト。どちらも素晴らしい声の持ち主でした。天地真理さんと同じくらいにカレンを褒め称えたい、そんな想いを新たにした、今回の特集でした。






さて次回は、「ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド」です。 

どうか気長にお待ち下さい !







最後になりますが、来る11月5日には東京サークルによる

「天地真理ファンの集い Vol.6」

が開催予定です。都合によりスリーピーは参加できなくなりました。誠に残念ですが、お近くで都合のつく方は是非ご参加下さい。どうか盛り上げて下さい。

内容の詳細は次の通りです。



11月5日(土)13:30~17:00

場所: 銀座「コンファレンス東京」 

住所: 東京都中央区銀座6-5-13 JDB銀座ビル5F

地図: http://www.conferencehall.jp/ginza_map.html

天地真理ファンクラブの会員でなくてもご参加いただけます。

天地真理さんの参加はありません。

参加費:営利目的ではありませんので会場費等の経費を参加人数で均等に割らせていただきます。ただし、参加費の上限はお一人様 2,000円までとし、それを上回る金額にはなりません。








にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ25日

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 真理さんの優しい歌声とカレンさんの優しい歌声とカレン

Fumio さん、お早うございます。

ご返事が遅くなりました。11/5のファンの集いには残念ながら参加できませんでした。
でも、11/7付けの記事で書いたように真保さんと真理さんとの関係がより改善され、参加した以上に嬉しく思いました。次は二つの映画のDVD化、そして、古賀ミュージアムですね。奥さまと一緒に参加できますよう、祈っております。

真理さんの優しい歌声とカレンさんの優しい歌声とカレン

スリーピーさん こんばんは!

気が早いですが、11/5 明日は真理さんのお誕生日ですね!真理さんお誕生日おめでとう御座います。いつまでも御元気でいて下さいね!

明日は東京サークルや\\\"愛ってなんだろ\\\"の上映もあり私もチケットを妻の分とで2枚購入してあったけど、残念ながら所用でいけなくなりました。でも、上映成立して嬉しいです。スリーピーさん、私の分まで楽しんできて下さいね!

トップ・オブ・ザ・ワールド は私が社会人になってからなんとなく聴いていた曲のひとつでカレンさんの発音がとても綺麗で好きな歌でした。私は英語が苦手にもかかわらず聴きやすいいい歌だな~と思いっていました。そして、真理さんのプレミアムボックスを購入した時にこのトップ・オブ・ザ・ワールドが入っていたので私も聞き比べをしていました。真理さんの歌声とカレンさんの歌声には優しさという共通点が有りますね!。
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード