ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド




11月7日、本日のお題は、ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド




アルバム単位で、真理さんの曲をご紹介する今回の企画、今、1974年12月10日発売のアルバム『天地真理オン・ステージ』について、ご紹介しています。



この真理さんの9枚目のアルバム天地真理オン・ステージは2枚組で構成されています。その表裏表紙と、収録の構成は次のようです。

オンステージ

< 1枚目 >
A面
1 水色の恋
2 青春
3 ある雨の日の情景
4 想い出のグリーン・グラス
5 結婚しようよ
6 夏を忘れた海


B面
1 わが祖国
2 愛する人に歌わせないで
3 想い出のセレナーデ
4 また逢うためにさようなら



< 2枚目 >
A面
1 シュガー・ベイビー・ラブ
2 シュガー・タウンは恋の町
3 悲しき天使
4 愛の休日
5 ひとりじゃないの
6 恋する夏の日
7 若葉のささやき

B面
1 ジョニー・エンジェル
2 トップ・オブ・ザ・ワールド
3 ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド
4 ママにサンタがキッスした
5 ホワイト・クリスマス
6 赤鼻のトナカイ
7 聖しこの夜

*このアルバムは1974年9月に、東京・九段会館ホールでのコンサートの模様が収められています。




本日のご紹介は「ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド」です。

この曲は、プレミアムボックスDISC7の20番に当たります。





一昨日の11月5日は、天地真理さんのお誕生日でした。

還暦を迎えられたことになり、女性におめでとうと申し上げてよいのかどうか分かりませんが、人間生きている限り、毎日がお祭りだと私は思っていますので、そのお祭りの最高潮に達したことについては、お祝いを申し上げて差し支えないのではと思います。

しかしながら、過日開催されたデビュー40周年でのご本人のご様子を拝見しますと、まだまだ体調は万全ではないようにお見受けします。このところ、行事が目白押しではありますが、どうか無理をされませんよう。


また、当日は関東サークルで「天地真理ファンの集い」が東京で開催されました。残念ながら、スリーピーは所用で参加は出来ませんでしたが、いつもながら、丸秘映像の数々が上映された模様です。一時でもタイムスリップして、40年前に戻る機会を与えてくれるあの場は、非常に貴重であると思いますので、今回の不参加は後々まで悔いが残りそうです。

ある方が Twitter で知らせてくれたところによりますと、いつものメンバーを中心にたいへん盛り上がった会となり、その盛り上がりが3次会まで及んで多くの方が楽しまれた模様です。良かった良かった。

そんな中で、Twitter を通じて、真理さんの娘さんの真保さんからファンの集いと「愛って何だろう」の映画鑑賞会へ参加されたご感想を伺う機会をいただきました。次のような書き込みがありましたのでご披露申し上げます。



『今日は映画上映会・ファンの集いに参加してきました。私にとって新たな発見がありました。映画も観るのも初めてだし、集いでも初めて観る映像ばかりでした。どれも見たことのないお母さんの一面でした。

「愛ってなんだろう」に出ている出演者が凄いですね。森田健作さんや尾藤イサオさん井上順さん。皆カッコいいですね。一番印象的なのは田中邦衛さん。「北の国から」でしか知らなかったもので。でもお母さんの可愛いさや歌の上手さが表れている作品ですね。『天地真理』の映画なんだなって思いました。

天地真理 主演作「虹をわたって」「愛ってなんだろう」のDVD化、現実になるよう頑張りましょう~イョ━(´・ω・`)ノ━ゥ!!』



という内容でした。私は、集いにもニュープリント映画の上映会にも参加できませんでしたが、彼女のこの書き込みを読み、とても安心し、嬉しく思いました。それは、真理さんの実子である真保さんがこれまで、ご自分の母親である真理さんを誤解していたことを以前の集い参加の時にご本人から伺っていましたので、やっと真の天地真理を知ってもらえたのだろうと思えたからです。肉親であれば、表には出せない裏の面にも遭遇せざるを得ないでしょう。そういった裏面ばかりを見て来た真保さんにとっては、かつてのアイドル・天地真理を正しく理解するには時間が掛かったと言えると思うのです。この機会を堺に、真保さんにとっての天地真理が私たちと同じレベルで語れる存在になり得たことを祝しまして、この前置きを締めくくりたいと思います。






前置きが長過ぎました。済みません。

さて、本日のご紹介は「ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド」でした。

この曲はカントリーシンガーである、スキーター・デイヴィス(Skeeter Davis)が1962年に発表したものがオリジナルです。「この世の果てまで」という邦題のこの曲は、

「日が輝き、波は寄せ、小鳥がさえずるのは何故?彼らはこの世の終わりを知らないのかしら?あなたが去ってこの世が終わったということを。」

という内容の失恋の歌なのですが、メロディが素晴らしいことも手伝って、その意味を超えて世界中に有名になり、多くのアーティストがカバーしています。



それでは、そんなスキーター・デイヴィスの声をお聴きいただきましょう。 ocultista さんの作品でどうぞ。


Skeeter_Davis_-_The_end_of_the_world




続きまして、この名曲をカバーしている方々もご紹介して参ります。

ここで一つお断りですが、最近の Youtube では特定のサイトでの鑑賞が制限されているものがあり、これからご紹介するものについても、このブログ上でなく、Youtube のサイトでの鑑賞を求められる場合があります。その場合は、プレーヤーの中に表示されるURLをクリックしていただくとジャンプします。


まずは、スキーター・デイヴィスと同様にカントリー歌手の道を歩んだブレンダ・リー (Brenda Lee) の歌唱です。aausejo さんの作品からどうぞ。




次は、カレン・カーペンター。勿論、カーペンターズの歌声ですが、この場は女性歌手の競演と認識していますので、個人名でのご紹介です。ThaiEsan2 さんの作品でどうぞ。




続きましては、スーザン・ボイル。2009年に彗星のごとく現れた歌姫が歌う、この曲も傾聴に値すると思います。telganainy さんの作品からどうぞ。




次は日本の方々のカバー。

まずは、麻丘めぐみさんの歌唱をどうぞ。hosi181 さんの作品です。




もう一方、石嶺聡子さんです。この方の歌唱力は折り紙付きですね。英語もご堪能です。melonshake2 さんの作品です。







そして、最後に天地真理さんの登場です。

いつものように、歌詞について触れておきましょう。

作詞:Sylvia Dee
作曲:Kent Arthur
日本語詩:山上路夫
編曲:森田公一

Why does the sun go on shining
Why does the sea rush to shore
Don't they know it's the end of the world
'Cause you don't love me any more

Why do the birds go on singing
Why do the stars glow above
Don't they know it's the end of the world
It ended when I lost your love

I wake up in the morning
And I wonder why everything
the same as it was
I can't understand
No I can't understand
how life goes on the way it does

Why does my heart go on beating
Why do these eyes of mine cry
Don't they know it's the end of the world
It ended when you said goodbye



今回もスリーピーの映像でお聴きいただきます。フルコーラスでどうぞ。

[[ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド]

 []







お聴きいただき、如何でしたでしょう?

世界に有名なこの曲での夢の競演でした。1962年の曲ですから、既に50年近くの時間を経て、特に私などはそのルーツを知る機会を得ました。こんな機会を与えていただけたのも、天地真理さんについて少しばかりの知識を得てのことです。本当に感謝に堪えません。

さて、競演の結果ですが、オリジナル曲の起源を知り、多くのアーティストのカバーを聴かせていただく中で、それぞれ素晴らしい歌唱をされており、比較すること自体余り意味をなさない感がありますが(英語の発音の良し悪しもあり)ここは天地真理さんの澄んだ声の魅力を強くアピールさせていただいて、彼女に一票を投じさせていただきます。

皆さんのご協力に感謝申し上げます。










さて次回は、「クリスマスのテーマ4曲」を一気にお届けしようと思います。 

どうか気長にお待ち下さい !










にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ25日

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 40周年記念日初参加

idol☆No.1 さん、こんにちは。

大阪から3度もお起こしになられたとは、お疲れさまでした。そのバイタリティーは再び天地真理さんに会えた何にも替えがたい喜びなのでしょう。それは私も同じでしたから。

天地真理さんに関するサイトは最近とてもたくさんありますね。皆さんで力を合わせて天地真理さんの周囲を明るくして参りましょう。時にはこちらにもお立寄り下さいね。v-290

40周年記念日初参加

初めましてツイからたどって来ました(笑)f^_^;
タイトルから外れ恐縮しますm(_ _)mペコリと(笑)【御挨拶申し上げます。】
《9/11.10/1.そして11/5》周り全てが初発見です。。。
9/11新宿会場サプライズ真理ちゃん初御登壇されて、わたくしは、涙で思い爆発
3次会まで参加した。
10/1銀座《40周年記念》ライブハウス会場にそしてニュープリント第1弾映画『虹をわたって』初鑑賞。記念撮影会。夢のように思い、憧れが現実になった喜びは、計り知れないですこんなに真理ちゃん思い沢山お知り合いになってお話出来て嬉しく思います。
【我が地区】
大阪サークル10/16.初参加

11/5真理ちゃん誕生日
今年最後の東京サークル参加して朝から第2弾『愛ってなんだろ』
涙してスクリーン見えませんでした。すべての東京サークル真理ちゃんのfanメンバーに心から感謝します。来年は参加『古賀ミュージアム』真理ちゃん御登壇ですからね!
【私的な内容で 大変失礼致いたしました】

Re: 真保さんから見た真理さんへの印象

Fumio さん、こんばんは

真保さんにご自分の母親を正しく理解していただく、これは彼女がファンクラブを創設して下さってからの、当面の目標でした。今、その目標が少しずつ実りを結んで来て、次の目標は真保さんと同じ若い世代への浸透にあると思います。

これまでWebで日々、天地真理の魅力を説いてきても、その影響力は微々たるものでしたが、今回の進展は映画という現実の映像の効果は絶大であることの証明でした。その意味でも2つの映画のDVD化は是非とも成し遂げたい課題だと思います。

頑張りましょう!



真保さんから見た真理さんへの印象

スリーピーさん こんばんは!

真保さんの力強いメッセージには私もとても嬉しいです。
真保さんから見た真理さんと私たちが感じている真理さんへの思いとは随分ギャップがあるのでしょうね。
でも今回の映画鑑賞や集いで公開された映像をご覧になって真理さんの魅力を目のあたりにされてさぞかし凄い事だったんだなって思われたんではないでしょうか。
改めてお母様を見直されたんではないでしょうか。

私はTwitterで映画上映をこれで終わりにするのはもったいない!とさんざんわめいていましたが(笑)、是非映画のDVD化を実現して欲しいですね!

?「ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド」は、カントリー歌手の道を歩んだブレンダ・リー (Brenda Lee)さんの歌が昔懐かしいアメリカのにおいがしてとても落ち着いた気持ちにしてくれますね。
真理さんの歌声はフォークも合うけれど、カントリーも凄く素敵です。
色々な方の歌声と聴き比べると雰囲気が凄く出ているのが良くわかりますね。
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード