番外編「ひとかかえの愛」





本日は12月23日、天皇誕生日。

しばらくのお休みをいただきました。

暮れの12月ということで、新年を迎える前に仕事に区切りをつけるべく集中せざるをえなかったこと、また少し記事の執筆から離れて、天地真理さんを眺めてみたかった、そんな理由からです。

休み中に、真理さんの色んな曲を聴き直しました。通勤の電車に乗りながら、自転車を漕ぎながらの行き帰りで、ヘッドフォンで聴き直したり、Youtube で同じ曲を探したり。そんな中で、今お伝えしようとしている「君よ知るや南の国」の頃も天地真理さんの一時代ですが、私は元気を与えてくれる曲に再び魅了されました。それは月並みなのですが、

1971年「涙は明日に」
1972年「好きだから」「トンガリ屋根の教会へ」
1973年「花ひらく時」「もの想う季節」
1974年「花嫁の友達」
1975年「さよならこんにちは」「明日また」
1976年「童話作家」「矢車草」「海まで10マイル」
1979年「ひとかかえの愛」「旅人は風の国へ」
1983年「今は想い出」

などの曲たちです。このような曲を聴きながら、Youtube で真理さんのセピア色の写真や映像を観せていただくと、改めて彼女の力の偉大さに気付かされます。

落ち込んだ時、元気のでない時に、真理さんの曲は元気を与えて下さいます。今現在、精神の病気に苦しんでいる方々が、真理さんの曲を必死に聴いて、生きる元気を与えて貰っているというのは、現実のことなのです。

ただ可愛い、懐かしいという天地真理さんに対する郷愁の念から、ファンに復帰される方も多いです。実は私もそうなのですが、私はそんな希望の星としての天地真理さんの魅力を再発見しました。




本日は、そんな希望の曲の中から一つを選んでみましたのでお聴きいただきたいと思います。

その曲は

ひとかかえの愛

この曲は去る2010年4月に Youtube にアップさせていただきましたが、当時は著作権論争が今より盛んでしたので、極力フルコーラスでのアップは避けるべきとの風潮から、これまで非公開にして参りました。最近は以前に比べて、天地真理さんをめぐる著作権論議も下火になってきたように勝手に感じておりますので、非公開を解いて、再び公開とさせていただきます。






お聴きいただき如何でしたでしょう?

当時の天地真理さんも、3年間の長期休養の中で、恐らく人知れず苦しんでおられたと思います。その苦しまれた3年の後に発表されたこの曲は、今日本中で苦しんでおられる方々にも元気を勇気を与えて下さいます。

そんな天地真理さんの楽しみ方を、あなたもお試しになっては如何でしょう。



なお、この曲については去る2010年4月にも一度お届けしました。そちらについてもお時間のある方はお立ち寄り下さい。下の青い文字をクリックしていただくとジャンプします。

ひとかかえの愛 平成22年4月12日





さて、少し休ませていただきましたので、年内に残された時間が少なくなりました。明日からは再び「君よ知るや南の国」に触れて参ります。皆さん、再びお付き合いのほどを。






にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ25日

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード