君よ知るや南の国 第1幕後半




1月3日、本日のお題は、「君よ知るや南の国」第1幕の後半




アルバム単位で、真理さんの曲をご紹介する今回の企画、今、1975年7月1日発売のアルバム『君よ知るや南の国』について、ご紹介しています。



この真理さんの10枚目のアルバム君よ知るや南の国の表裏表紙と、収録の構成は次のようです。


lp_10.jpg



A面
1 オーヴァチュア
2 君よ知るや南の国
3 気が合う同志
4 ミニヨンの幻想
5 初めての涙

6 大人への憧れ


B面

1 恋のすれちがい
2 天使の約束
3 ナポリ・ナポリ
4 明日へのワルツ
5 君よ知るや南の国(フィナーレ)





さてミュージカル「君よ知るや南の国」の舞台進行に合わせてご紹介、2回目の今日は、次の2曲についてお届けして参ります。



ミニヨンの幻想

初めての涙




今回も当時の台本を参照しながら進めて参ります。



クリップボード03 クリップボード07 クリップボード13



クリップボード12 クリップボー18




まずは「ミニヨンの幻想

この作品は宮川泰さんによる作曲・編曲です。

この5分19秒という長い作品は、正直に申し上げて、どの部分がどの場面を歌ったものなのかは詳細がわかりません。でも、恐らく恐らくですが話の流れから次のような構成なのではと思います。



流浪の民に拐われ、ジャルノ一座に入れられた際の悲しい状況
父親代わりとなったウィルヘルムとの約束
南の国「イタリア」への渇望
南へ向かうサーカス団が山賊に襲われる
ウィルヘルム、ロタリオ、ミニヨンの3人がサーカス団を追われる




想像たくましいこの作品ですが、これ以上の解説は意味をなさないでしょう。それではお聴き下さい。今回もスリーピーの手抜き映像で失礼します。


ミニヨンの幻想 投稿者 tadashi20090628






さて、サーカス団を追われたウィルヘルムは、愛し合っていたフィリーナに別れを告げる事になります。その様子を傍目で見ていたミニヨンは、ひそかにウィルヘルムに想いを寄せるようになります。

そんな悲しいミニヨンの気持ちを歌ったのが

初めての涙

なのです。というミュージカルの流れからすれば順当な選曲なのですが、一方この曲は天地真理さんにとっては、14枚目のシングルのA面の曲でした。

13枚目のシングルA面の「愛のアルバム」を皮切りに大人路線への脱皮を狙ったものという見方もあるのですが、この選曲はたまたま曲相が合致しただけ、なのではと私は思います。詮索はこの位にしておきますが、そんな周囲の思惑をよそに当の真理さんは、あくまで素直に指示に従っておられたご様子です(よろしければ時代のサカイ目をご参照下さい。この青い文字をクリックしていただくとジャンプします)。




初めての涙

作詞:安井かずみ
作曲。編曲:宮川泰

毎日 あなたを好きだと
この目でこの手で 伝えてる
この気持 わかってくれない
胸にためた 恋なのに
 叫びたいの 「とても愛してます」
 振り向いて 私はここなの
 見て欲しいのよ 初めての涙
 ひとりぼっち 待ち焦がれている

やさしく してくれる時は
うれしい でも違う 何かしら
この気持 わかってくれない
いつも側で みてるのに
 あなただけを 「とても愛してます」
 抱きしめて 私はここなの
 来て欲しいのよ 初めての涙
 あなたの愛 待ち焦がれている

 来て欲しいのよ 初めての涙
 あなたの愛 待ち焦がれている





それではお聴きいただきましょう。 

この曲には劇中歌の他に、先にご紹介しましたように14枚目のシングル、そしてその他ステージでの歌唱と3種類のアレンジがあります。その違いはそれぞれ、小山田宗徳さんのナレーション入りであったり、歌詞の「胸にためた」の部分を「胸に秘めた」と歌ったりという違いだけなのですが、この曲についてのご紹介は先にも後にも、このミュージカルに絡んだ場合だけですので、この機会を利用して一挙に3曲をお届け致します。

まずは劇中歌としての「初めての涙」、こちらはスリーピーの手抜き映像で失礼させていただきます。特徴的なのは、やはり小山田宗徳さんの的を得たナレーション、そして次の場面への繋ぎのイントロでしょう。


初めての涙(ナレーション入り) 投稿者 tadashi20090628



次は1975.5.24 歌のスターパレードという番組で歌われた「胸に秘めた」という特別な歌詞違いの歌唱です。Sugi4Geru さんの作品です。





最後はオリジナルのシングル盤です。こちらは「胸にためた」と歌われていますね。70idle80 さんの作品でどうぞ。







お聴きいただき、如何でしたでしょう?

この記事をお届けするまでは「初めての涙」という曲は、所属事務所の戦略として歌うことになった曲とばかり思っておりました。でも実際は「ミュージカル君よ知るや南の国」への出演が主たる目的で、その劇中歌がシングル盤になったという流れであったようです。

いずれにしましても、それまでの清純派路線から離れつつある流れであることは確かです。その路線変更はミュージカルでのシナリオの進行と共に自然に成し遂げられたという見方も可能かと思います。それは良いにつけ悪いにつけ、天地真理という歌手の裾野が広がったという意味では成功であったのだと思います。










さて、次回は第2幕の前半から

「大人への憧れ」「恋のすれちがい」「天使の約束」

をお届けして参ります。皆さま、引き続きお付き合いのほど、よろしくお願い致します。






にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ25日

コメントの投稿

非公開コメント

Re: アレルギー・・・

チャンスさん、ご無沙汰です。

幾つになっても褒められると嬉しいものですね。最近は真理ちゃんワールドが拡大してきらびやかなサイトやブログが増えていますので、旧態依然の状態でこのブログを続けることに時には孤独感を感じておりましたので。

先のミュージアム講座に参加された方々は、ネットに関心のない世代(60歳以降?)の方々が多かったように思います。実際、パソコンやスマートフォンといったデジタル機材を高年になってから覚えるには努力が必要ですね。そのような方々の窓口はどうしても紙に書かれた物やテレビとなるのだと思います。

当時、国民的なアイドルであった天地真理さんのファン層は小学生から老年に至るまで幅広かった訳ですが、チャンスさんが仰る「アレルギー」問題は私のような50歳未満の方々に多いように思います。つまり、インターネットでの検索やYoutubeで最初に登場するのがそういった天地真理さんに対する中傷記事や動画であるからです。

真理さんの側近の方のお言葉を借りれば、60歳以上の方々は青春回帰と言いますか、自然と青春時代のアイドルの象徴である真理さんに戻って来るだろうけれど、問題はそれ以外の方々を如何に方向転換させるかにあると。

それは現状ではやはり、検索で上位に登場できるようにサイトやブログのアクセス数を増やすことと、草の根でテレビや新聞、雑誌というマスメディアに少しずつでも投稿して記事や楽曲演奏を試みる、これに尽きるのではと思っています。

これからも少しでも状況が改善されるように頑張りましょう。宜しくお願い致します。


アレルギー・・・

スリーピーさん お久し振りに失礼いたします。
 
最新記事は更新のたびに いつも読ませてもらっています。
いろんな真理さんのHPがありますが やはりこの「もの想う季節」が一番だと思います。
 
理由は 真理さん絶賛だけのHPが多いのですが 現実的な視点を きちんと書かれている点です。
 
最近のイベントでの 真理さんの歌や体調の事などですが、他のHPを見ていると もう明日にでも 真理さんがメディアに復活しそうな玉虫色の評価をされているのですが(自分も勿論そう思いたいのですが) 現実はどうなんでしょうか?

 歌のレッスン、体調の問題、ダイエットなど 最近 確実にステップアップされていると思うんですが まだ完全ではないという事が 記事から(自分には)読み取れます。 

少し重いコメントをしてしまいましたが その理由は 先ごろ会社の先輩との話で 「最近 天地真理さんのファンになったんですよ」と言ったところ 驚愕の表情で「あの ○タの? 歌、下手やん。なんでよ?」と言われました・・。

そうスリーピーさんが ボランティアでのバスでの件と同じ いわゆる「天地真理アレルギー」です。自分もファンになる前は その先輩ほどではありませんがイメージはよくありませんでした。がしかし その先輩は 「まあでも当時もの凄い人気やったよ。俺もコンサート言ったもん。」実は元ファンだったのです

今 真理さんの再評価や再ブームを拒んでいるのは このアレルギーだと自分は思います。

しかし それはファンやスタッフの力で修復できるはずです 去年からの動きは奇跡に近いぐらいの前進をしてると思います。これからが勝負だと思います。

 このブログが一定の役割を終えたのではというのは 失礼ながら間違いです。これからますますこのブログが重要な存在になると思いますので これからもよろしくお願い致します。

いつもながら 長文で失礼しました。笑)
 

Re: Re:Re: 「初めての涙」

chita さん、観ました。

久し振りです。1年以上も前ですから。

この時の真理さんはかなり弱っていたんでしょうね? そんな彼女を元気付けようと次の曲「さよなら こんにちわ」が山口洋子さん+安井かずみさん&筒美京平さんの作詞で企画されたというのは頷けるところですね。

有難うございました。

Re:Re: 「初めての涙」

YTでは削除されていますが、こちらで見れます。http://www.dailymotion.com/video/xbvdfc_yyyy-yyyyy_music

Re: 「初めての涙」

chita さん、こんばんは。そして、今年もよろしくお願い致します。

詳しく解説いただいた「夜のヒットスタジオ(75年7月28日)」ですが、実は私もあの映像が脳裏に焼きついてはいました。あの動画を発見したのは1年以上前であったと記憶していますし、アップして下さった方へもお礼の書き込みをしたのを覚えています。残念ながら今では削除されてしまっていますね。

あの時の涙はどんな理由であったのか?あの当時は無理やりのイメージチェンジであったために彼女自身が自分との不釣合いにギャップを感じていたこと。そしてもう一つはまさにあの当時ささやかれていた、ある男性との失恋話、等々を受けての涙ではといった憶測がありました。そして私自身もしばらくは忘れて過ごしておりました。

この機会に思い起こさせて下さり有難うございます。

「初めての涙」

 今年も含蓄ある曲の解説を楽しみにしております。
 「初めての涙」は、私の好きなベスト5のなかの一つですが、なぜかリアルタイムでの記憶がありません。この歌との再会は、YTでの「夜のヒットスタジオ(75年7月28日)」です。
 この番組オープニングでは、出場歌手のトップバッターは真理さんで、司会の芳村真理、三波伸介と少し会話したのち、真理さんが「絹の靴下」を少し歌い、「名前は同じでも、色気では負けます」と言って、走りながら、次の夏木マリにマイクを渡しています。出場歌手が勢ぞろいした時の真理さんは楽しそうに笑っています。
 この時、真理さんは、「初めての涙」を歌うのですが、歌いだしは、無化粧のせいか、能面のような顔で悲壮感を漂わせ歌っています。2番になり、「うれしい でも違う 何かしら」の「でも違う」のところだけ地声のトーンになるのですが、その後、一般の観客でしょうか、小さな女の子が映り、本来の真理ちゃんスマイルとともに、子供の手を優しく握り、子供に話しかけるように歌っています。これが何度見ても微笑ましく、素晴らしいシーンです。そして、曲の最後は、目に涙をためて終わるのです。
 また、「ためた」と「ひめた」の歌詞の違いについても興味深いところです。Sugi4Geru(杉茂?)さんのチャンネルでは、TV等の放送を時系列に並べて、6月半ばまで「胸に秘めた」と歌っていると解説していますが.それでは、実際のミュージカルのときはどう歌っていたのでしょうか・・・。

Re: 年頭にあたって

Fumio さん、新年明けましておめでとうございます。

今年の正月は久し振りにゆっくりすることが出来ました。今日で三が日も終わりますが、ほとんど家から出ずに済みました。それだけテレビの前のコタツに入り浸り、色んな特番を観ることが出来たわけです。

Fumio さんのコメントの中に「ブログの目的」と「思うまま」という言葉があったように思います。目的の達成が果たしてどこまで進んだか、それはただただ「まだまだ」と言わざるを得ない状況と思っています。

ここに一つの例を示しますが、私がボランティアで宮城県石巻市へ行った時のことです。バスの中で隣に居合わせた女性に「天地真理のブログ」のことを話したら「え、天地真理が好きなの?」と驚きの声を上げたのを今でも生々しく覚えています。30歳に近い女性でしたが、天地真理アレルギーは結構浸透しているんだな、というのが私の印象だったのです。

一度アレルギーを感じた人を改心させる程のインプレッションを如何に与えられるか、それが今後の課題のように今考えています。

Fumio さんも私も同じ年代と思います。個人的な悩みも勿論あるでしょう。「悲しみが多いほど、人には優しくできる」と誰かが歌っていましたね。辛い時ほど笑い飛ばして、中高年に厳しい時代を生き抜いて参りましょう。奥さまによろしく!

年頭にあたって

スリービーさん おはようございます

昨年末はスリービーさん大変お忙しかった様ですね。
お疲れ様でした。

今年もよろしくお願い致します!

年の始めという事でなんとなくスリービーさんのブログ開設当時の記事を拝見させていただきました。
2009/12/20 に開設されたのですね。
ちょうど私が休職から会社に復帰してしばらくたった頃です。
休職時は癒しを求めていましたのでYouTubeで真理さんの歌でかなり助けられました。
それだけでは聴き足りなくてプレミアムボックスを購入した次第です。
ファンの皆様のブログの閲覧もこの頃からです。

スリービーさんの開設された目的も書かれておりました。

1.?真理さんへの正しい評価が浸透するように

2. 今の真理さんを囲んで、昔のように楽しいひと時を過ごすことができるように

1.は、ブログの記事そのものによる正しい評価が私にとって更に真理さんに対してファン熱を再燃させております。
他のファンの方も同じではないでしょうか。
2.は、ブログをご覧になっている真保さんのファンクラブ設立決意やファンの皆様のサークル活動などが出来ました。

これらは、スリービーさん始めブログを運営されている皆様のご努力の共通の成果のあらわれだと思います。
これからも目的に向かって更にブログの更新をよろしくお願い致します!
有難うございます!

なんか、偉そうに書かさせて頂きましたが記事と関係ないコメントで申し訳ありませんでした。

これからもスリービーさんの思うままのブログ楽しみにしております。
よろしくお願い致します!
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード