番外編 なごり雪




2月22日、本日は少し寄り道をさせていただきます。

実は本日、会社から帰宅の途中、午後9時からNHK第1放送で「こうせつと仲間たち」という番組に遭遇しました。この時間には電車を降り車に乗っていることが多い私はこれまでも何度かこの番組を聴く機会がありましたが、隔週火曜日放送のこの番組に出会える確率は最高確率で2/30ですから、本日はとても幸運でした。




クリップボード02




毎回番組の冒頭に、ギターの弾き語りで1曲がこうせつさんの声で歌われるのですが、今夜は幸いにも石川ひとみさんのカバーで『なごり雪』が披露されました。こうせつさんのギターの音もクリアで素晴らしいのに加えて、石川ひとみさんの声も冴え渡り、感動の数分間でした。

彼女の歌が終わって、九州出身のこうせつさんが『なごり雪』の詩を朗読しながら自分の青春時代と重ね合わせる、そのトークも良かったのですが私はこの時、天地真理さんのアルバムの中にある同じ曲を思い出していました。真理さんだったら、ご自分でギターを弾きながら歌っただろうに、と。


そんなことを考えながら帰宅して、早速『なごり雪』を聴き直しました。そして思いました「やっぱりいいな」と。先日のミュージアム講座でも第9位に入っていたこの曲です。誰の耳にも心地よいはずなのです。






そこで今夜は『なごり雪』をお届けします。今回もまた、keisukefamily さんにお世話になります。






お聴きいただき、如何でしたでしょう。

コンサートという場ではあっても、感情移入と声が素晴らしい仕上がりですよね。





この番組「こうせつと仲間たち」について知りたくて、NHKのホームページを尋ねたところ、「お便り募集コーナー」がありましたので、次のように書き込みました。何か反応があるといいですね。


「いつも通勤帰宅の車の中で聴いています。2月21日放送の「なごり雪」はとても良かったです。石川ひとみさんの歌声がぴったりでしたね。

ところで南こうせつさんにお願いがあります。私は天地真理さんの応援をしているものですが、こうせつさんが嘗てオーディションで同時に応募していた天地真理さんと最後まで残り、こうせつさんが最終的に選ばれ、天地真理さんが落選したという話を伺っています。このとき、天地真理さんは森光子さんに拾われ「時間ですよ」という番組出演を経て、アイドル歌手として一世を風靡するまでになりました。しかし、その後の彼女は「歌が下手はアイドル」というレッテルを貼られ、芸能界から身を引くことになります。当時のテレビ番組を観ますと確かに音程を外す場面もありましたが、それは殺人的なスケジュールの中で音合せもなく歌わされての結果であり、全くの理不尽と思っています。実際、音楽活動末期のころの作品を聴くと、しかもカバー曲でご本家を凌駕するほどの仕上がりで本来はクラシックで鍛えた声を持つ彼女の真価を是非とも皆さんに知っていただき、汚名を晴らしたいと常々願っておりました。今夜幸いにも「なごり雪」を聴く機会をいただき、天地真理さんが歌う「なごり雪」を思い出した次第です。

こうせつさん、デビュー時からのご縁です。今はほとんど活動のない天地真理さんですが、彼女を一度スタジオにお呼びいただき、トーク番組という形で天地真理さんのカバー曲をご紹介いただけませんでしょうか。無理なお願いと承知しておりますが、どうかよろしくお願い致します」




今回はこの冬最後と言われる2月の寒波が過ぎ去ろうとしている2月も末近いこの頃、この季節にピッタリ、いやこの好機を逃すと来年まで出会えない絶好のチャンスに『なごり雪』をお届けしました。

2月と言えば『二月の風景画』もありますが、こちらは2月と題していても他の季節にも似合う曲ですので、こちらは次回とさせていただきます。皆さま、その時までお楽しみに!







さて次回は、本当に「ある恋の感想」です。

どうか気長にお待ち下さい !










にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ25日

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 私は9月まで待てない

熊五郎さん、こんにちは。

誤字脱字の当ブログへようこそ。

熊五郎さんが例に挙げられた、テマリさんや白雪伝さんにはお邪魔したことがありませんが、きっと高度な内容なのでしょうね。

こちらは低レベルを維持しつつ日々奮闘しております。こんな内容ですが、どうぞお越し下さい。お待ち致しております。

私は9月まで待てない

初めて投稿させていただきます。クマゴロウまたはユウタロウです。
よろしくお願いします。真理ちゃんファン暦41年です。
テマリさんやもも茶さん、白雪伝等にお邪魔虫のように投稿しています。
昨年ファンクラブが出来て活動再会。9月より活動に参加しました。
私は音楽学的な専門話をされると分かりませんが、真理ちゃんの歌声を
聴くたびに癒されることだけは確実です。
これからたびたびお邪魔いたしますのでよろしくお願い申しあげます。
真理ちゃんファンクラブの年間予定表では東京地方は9月から11月となっています。
正直、私は9月まで待てない。だから北海道まで追いかけるぞ。でも日程がきびしいなあ~。

Re: オーディション

ひこうき雲さん、こんばんは。

貴重な情報いただき有難うございます。あれは阿久悠さんの回顧録だったのですね。私の記憶には残っていたのですが、最近は物忘れがひどく、不確かな内容ではどなたかに批判されるのではと心配しておりました。個人ではなくグループでの応募であったのですね。これは訂正が必要です。

「さよならこんにちわ」のライブ音源を使わせていただきました。この曲に限って当時の記録が少ないのですが助かりました。有難うございます。

オーディション

chitaさんのお尋ねに参考になれば、ということですが、私はこのエピソードは阿久悠さんの著書を本屋で立ち読みして見つけました。
私の記憶では、阿久悠さんが審査員をしていたオーディションで最終選考に男性3人組と1人の女性が残った。女性もよかったのだが、3人組がともかく面白かったのでそちらを採った。それがかぐや姫で、ずっと後になってその時の担当者から、落とした女性が今の天地真理だと聞いて驚いた、という内容です。
阿久悠さん自身も伝聞なので本当に事実かはわかりませんが、先日の酒井さんの講座の中でも、天路圭子さんの事務所に属していた時いろいろオーディションを受けていた、という話があったようですから、その頃のことではないでしょうか。

Re: お便り募集コーナー

chita さん、こんにちは。

真理さんが参加した新人オーディションについての詳しい記録というものは実際に読んだことはないのですが、どこかの音声記録に南こうせつさんのことが語られていたのを覚えています。史実という面からすれば100%正しいとは言えないかもしれませんが、それもご本人に直接問うていますので、遅かれ早かれ反応があるものと期待しています。

石川ひとみさんへのアプローチの件、了解しました。また何か新しい情報がありましたら、お互いにご提供お願い致します。

お便り募集コーナー

最近の読売新聞の「青春グラフィティー」という特集の中で、南こうせつの自伝のような連載記事があります。
http://www.yomiuri.co.jp/otona/people/graffiti/20120111-OYT8T00353.htm
第1話に、「高節さんは1970年にクラウンレコードのフォーク新人オーディションを受けて、デビューのきっかけをつかんだ。」とありますが、これに、天地真理さんが参加していたのですか。

お便り募集コーナーに関してですが、同じく「青春グラフィティー」の2年前には、石川ひとみの連載記事があり、真理さんに憧れ歌手になったことがちょっと書かれています。
http://www.yomiuri.co.jp/otona/people/graffiti/090128.htm

このラジオ番組では、石川ひとみもアシスタントとして、毎回出るでしょうから、石川ひとみへのアプローチもいいかもしれません。

お見事です

スリーピーさん、こんばんは

書き込み読ませていただきました。チャンスを逃さずかつ説得力ある文章、さすがですね。是非届いてほしいです、このメッセージ。

愛さんとTIPさんも来られたんですね。

愛さんは多くの真理さんファンにとって、まさに精神的支柱としての役割を長く果たされてきたキーパーソン的女性です。彼女の功績は断じて忘れられてはなりません。事務局の方にも是非気づいていただき、しっかりと評価していただきたいです。

TIPさんも、自己との戦いの中で傷つきながらも、なんとか前進されようと現在頑張っておられる方です。Keiさんとのつながり、大切になさってください。私もついています。

スリーピーさん、波はきています。今一度雄雄しくお立ちください。スリーピーさんも、ファンクラブにとって、間違いなく「地上の星」なのですから・・・。断じて、よいしょなどではありません。私は、本当に感じたことしか口にしない人間です。仁

Re: 最高の「なごり雪」

TIPさん、お早うございます。

真理さんの「なごり雪」ですが、今回は番外編ということで”感じたまま”をお伝えしました。

他のアーティストの方々との聴き比べについては、後日『私は天地真理』の中で詳細にお伝えしようと思っています。その日が楽しみですね!

追伸(その2)

keisukefamily さんの動画 本当にセンスが良くて 私もファンです

舫(もやい)というブログを立てておられます 

追伸

二代目も「君の唇が さよならと 動く~」の「く~」の空に吸い込まれるような美しさ 
この部分が好きで好きで堪らないのです 

最高の「なごり雪」

スリーピーさん こんにちは いよいよ「なごり雪」ですね

作詞 作曲 伊勢正三 のこの歌は多くの方々がカヴァーしておられます 
それぞれ 個性的なのです 
イルカ 坂本冬美 平原綾香 石川ひとみ 松浦亜弥 鬼束ちひろ
山崎まさよし/スガシカオ 元ちとせ X japann toshi Scott Marfy
中西保志 天地真理

これらを聞いて気付く唯一のポイント 「なごり雪も~」 の部分 聞けば誰でも判るこの部分の抑揚に 真理さんだけの独自性を感じるのです 驚く事に唯一真理さんだけ違うのです 

単に歌い間違いなんおでしょうか いいえ これは真理さんが意識してこう歌ったのだと思えないでしょうか 
本当に驚きです 曲の構成も単調なりがちな この曲に変化を付けしかも 歌い崩しが無い真理さんの「なごり雪」 

オリジナルを越えた最高の「なごり雪」だと思えないでしょうか
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード