明日また




3月8日、本日のお題は、明日また




アルバム単位で、真理さんの曲をご紹介する今回の企画、今、1975年12月21日発売のアルバム『小さな人生』について、ご紹介しています。



この真理さんの11枚目のアルバム小さな人生の表裏表紙と、収録の構成は次のようです。

lp_11_20120131121058.jpg


A面
1 一枚の写真
2 レイン・ステイション
3 家なき子
4 海辺に誘われて…
5 ある恋の感想
6 さよならこんにちわ

B面
7 夕陽のスケッチ
8 明日また
9 ひとりぼっちのデート
10 京都でひとり
11 明日への愛
12 小さな人生




本日のご紹介は「明日また」です。


この曲は、1975年9月に15枚目のシングルとして発売された「さよならこんにちわ」のカップリング(B面)に収録された曲です。プレミアムボックスではDISC8の8番に当たります。





この曲に感激された方、もっと天地真理の世界を堪能したい方はこちらのサイトでプレミアムボックスをお求めになれます。


box.jpg

ソニーミュージック「プレミアムボックス」購入ページ






連日のテレビ報道は、来る3月11日を前に東日本大震災の悲惨さを伝えるものばかりです。

その頻度はまるで初めて震災報道が行われるかのように頻繁です。その共通のテーマは「震災は終わっていない」でした。

昨年の6月に私も2度ほど、石巻の人になりましたが、私たちがボランティアとしてお手伝いした場所は、比較的被害が軽度の地域で軒下まで浸水はしたものの、家が流され人が流されるという深刻な状況ではなく、水が引けば数週間で自宅に戻れる方も多い地域でした。私はたった2度でも被災地へ出向いたことで、一定の義務は果たせたという満足感に浸っていたものでした。その当時は(今もそうですが)ボランティアに出来ることは、泥出しとか側溝の掃除、等々の素人でもできる作業がほとんどでした。2度伺って同じ作業をしてきました。その時感じたこと、それはこのような軽度の被災地ではなく、重度の被災地や仮設住宅に住む方々への支援ができなくては本当の支援にはならないのでは、というものでした。かと言って、勤め人である私に出来ることは限られているし。そんな思いを抱きながら、ボランティアはそれで終りとし、それからの9ヶ月を被災地を見て見ぬ振りをして過ごしてきました。

今、テレビ報道で仮設住宅の現場や、ガレキの山が無くなった被災地の映像を観るにつけ、今の私に出来ることは更に少ないのではと思い知らされます。だからと言って、何かしかできることはあるはずだという思い、泥出しより難しい支援に今更手を出すべきでない、という2つの思いが私の中で葛藤します。

仮設住宅での孤立状態から死を選ぶ人が後を絶たない現実。最愛の人を震災で奪われ、生きる目的を失った人々。年老いて一人暮らしになり、寝たきりの老人たち。そんな心の傷を負った人たちを訪ねて歩く地元のボランティアの方々。自分にもあれくらいなら出来るかなと思いつつも、人の心は一日だけのボランティアでは上辺だけの義理にしかならない。地に足を付けた長期戦でないといけないな、などと考えました。でもそんなことは公務員でもない限り無理な話し。

そんな悩みの結果として自分には具体的に何も出来ない、その現実は何も変わらないのですが、せめて身近に一緒に住む80歳を越えた両親、妻の母親(同じく80歳)だけには寂しい思いはさせまいと、その程度しか思いつかないこの夜です。

長々と失礼致しました。震災のことになるとつい力が入ってしまいます。これまで見て見ぬふりをしてきたツケでしょうか。





本題に戻ります。

明日また

この曲は私にとってベスト5に入る曲です。先日のミュージアム講座での事前申告でもこの曲を推しましたが、残念ながら25曲には入ってきませんでした。

どうしてこの曲が好きなのか?それは自分でも良く分かりません。男心をくすぐる女心の歌だから?それも少しはあるかもしれません。でももっと大きいのはこの曲が天地真理さんにとって初めての女性らしい曲だからなのだと思います。



さよならこんにちわ




作詞:山口洋子・安井かずみ
作曲・編曲:筒美京平

行きませんかと 誘われたの
さりげなく私 断ったのよ
とても不思議ね 彼の前じゃ
素直になれない
 雨の昼下がり 窓も濡れている
 一人残されて
 遠くに消えてく 傘を見送る
きっと きっと
あなた明日また誘ってね

夢の中では とうに私
口づけもしたし あなたのものよ
すごく好きなのに 誤解させて
いけない私ね
 雨の金曜日 バスを待ちながら
 ひとり帰り道
 誰もが肩寄せ 通り過ぎるわ
きっと きっと
あなた明日また誘ってね

私だってまだ わからないの
ほんとの幸せや 生きがいや
あなたを好きな 気持ちだけが
確かなものなの
 私 泣かないわ どんなにつらくとも
 そうよ心には
 いつかの優しい 言葉あるから
きっと きっと
あなた明日また誘ってね




この曲はA面の「さよならこんにちわ」と同様に、山口洋子さんと安井かずみさんというお二人の作詞家による共作です。そして、作曲・編曲も同じく筒美京平さん。

先にご紹介しましたように、この2つの曲はあるディレクターさんの明確なコンセプトにより、窮地にある真理さんを元気づけようと、お三方が力を尽くして提供された曲たちなのです。

私にとりましてA面の「さよならこんにちわ」については、夜スタでの痛々しい映像などが脳裏に焼き付いていたため、余り好印象というわけには参りませんでした。曲の印象よりも真理さんご本人を心配する方が先だったからです。

ところがB面のこの曲「明日また」についてはそのような先入観が無かったことも幸いしたのですが、つい最近まで「さよならこんにちわ」のカップリングであることさえ知らずに、ただただ曲の歌詞とメロディが気に入り、何度も何度も聴き返しておりました。

今、この曲の生い立ちを知るに当たり、しかも筒美京平さんの作曲・編曲であることを知るに当たり、あんなにヒット曲を連発した彼が天地真理さんではヒットを生めなかった中で、唯一私が「素晴らしい」と言い切れる曲を作って下さったと思えるのがこの曲なのです。



そんな曲を早速お聴きいただきましょう。今回は去る2011年2月25日にスリーピーが数少ない真理さんの写真を使ってスライド化した映像でお楽しみいただきます。白黒写真ばかりですみませんが、しばしセピア色の真理さんに浸るのもいいものですよ。

[明日また]

スリーピー [SNS]





お聴きいただき如何でしたでしょう?私が「素晴らしい」と漏らした感想にガッテンしていただけましたでしょうか?

個人的な趣味を押し付けて申し訳ありません。でも、この曲の到来を首を長くして待っていた私にとりましては天に昇るほどの喜びなのです。お許し下さい。




なお、この曲については去る2011年2月25日に一度お届けしております。お時間の取れる方はこちらも覗いて下さると嬉しいです。下の緑の文字をクリックしていただくとジャンプします。

2011年2月25日 番外編 明日また












さて次回は「ひとりぼっちのデート」

こちらもオススメの一曲です。どうか気長にお待ち下さい。





にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ25日

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 明日また

仁さん、こんばんは。

お歳の話が出て、ハッとしました。済みません、人生の先輩でいらっしゃるのですね。誤字脱字、支離滅裂の毎日ですが、色々な角度からご指摘をいただけるとありがたく存じます。

吉永小百合さんですか?そうですね、男性を立てて一歩後ろに退く、そんな賢い女性が好きですね。え、真理さん?どうでしょう?

あれだけ大規模な災害を受けて、被災地に何が必要なのかを見極め、それを具体的に実行している方がおいでです。そういう方こそ、本当の勇気ある方なんだと思います。ボランティアでさえ継続できない自分が情けないです。

Re: ガッテン!

Fumio さん、こんばんわ。

「毎月行く病院の募金箱に毎月数千円を入れる」なかなか出来ないことです。私なんて募金するとすれば多くて100円玉ですから。

「石巻に2回」と偉そうな記述で済みません。行くだけならだれでも出来ます。

自分の経営する会社のバス(通称:落書きバス)を毎週末に運転して、筑波から岩手までボランティアを運んでいる人がいます。継続することが何よりも大切ですね。私こそ頭が下がります。

明日また

スリーピーさん、こんばんは
歌詞をじっくり読んでいると、なぜかしら、吉永小百合さんのお顔が浮かんでまいりました。スリーピーさんは、おそらくあの時代が醸し出す、「古き良き時代」という感覚がとてもお好きなんだろうなあと、現在しみじみそう感じさせていただいております。
私(1957年生まれ)より若干スリーピーさんの方がお若い筈なのに、何故かしら60前後以上の方の感覚を、部分的にせよお持ちの方のように思えてきました。

私も、阪神大震災の時には現場に駆けつけましたが、大したことは出来ずに帰ることになったことを、昨日のことのように覚えています。あの時も孤独死が問題になりましたね・・・。

ガッテン!

スリーピーさんこんばんは!

ガッテンしました!
真理さんの乙女チックな歌声、そして張りのある声。
それも真理さんらしいですね。
すみません なんでも真理さんの歌声は良いと受け止めてしまう私ですが、素晴らしいのは確かですから!
夜スタの真理さんの痛々しい映像とは…すみません私は観ていないので今更ながらなんか心配になって来ました。

スリーピーさんの被災地でのボランティアは頭が下がる思いです。
行動に移す事が大事ですので…
と言う私は何もやっていません。
せいぜい毎月行く病院の募金箱に毎月数千円を入れる程度です。
数ヶ月後その寄付金合計は数万円…
と報告が出たら次の月からは募金箱が撤去されていました。
なんだ、殆んどあまり集まって無いうちに終了してしまいました。
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード