京都でひとり




【 通算218号 】


3月18日、本日のお題は、京都でひとり




アルバム単位で、真理さんの曲をご紹介する今回の企画、今、1975年12月21日発売のアルバム『小さな人生』について、ご紹介しています。



この真理さんの11枚目のアルバム小さな人生の表裏表紙と、収録の構成は次のようです。

lp_11_20120131121058.jpg


A面
1 一枚の写真
2 レイン・ステイション
3 家なき子
4 海辺に誘われて…
5 ある恋の感想
6 さよならこんにちわ

B面
7 夕陽のスケッチ
8 明日また
9 ひとりぼっちのデート
10 京都でひとり
11 明日への愛
12 小さな人生




本日のご紹介は「京都でひとり」です。


この曲は、プレミアムボックスではDISC8の10番に当たります。





この曲に感激された方、もっと天地真理の世界を堪能したい方はこちらのサイトでプレミアムボックスをお求めになれます。


box.jpg

ソニーミュージック「プレミアムボックス」購入ページ






本日のご紹介の前に一つご報告があります。

このブログの閲覧カウンターが3万カウントを超えました。この数字が大きいのか小さいのか?大手のサイトや超人気のブログを運用されている方であれば、大騒ぎするほどの数字ではないでしょう。でも私ごときが書く記事を読んでいただく、という一点に絞れば「よくもまあこんなにも」という想いで一杯なのです。




      大花火


思えば2009年12月に拙い書き込みを始めて早2年と3が月が経とうとしています。今日の日がありますのは皆さまからの暖かい励ましのお言葉や辛口のご批判をいただき、それを何よりの糧とさせていただいたからです。

正直申し上げて、ブログを始めた最初のころはご批判が怖くて過敏に反応し過ぎて、突拍子も無いご返事をしてしまい、ご気分を害されこのブログから離れられた方も多々おいでになりました。でも昨年「天地真理ファンクラブ」が創設され、益々真理ちゃんサイトが増える中で、そのような新しいサイトに注目が集まる中、このブログを訪れる方の数も安定化してきて返ってマイペースで進められる環境が整い、このブログは私の生活の一部になりつつあります。



今後も天地真理さんの全作品を稚拙ながらご紹介することを当面の目標として進めて参る所存ですが、一つ心配なのは「天地真理ファンクラブ」との関係です。

真に天地真理さんとそのご家族に喜んでもらえるサイト・WEBというのはどういう形態が理想であるのか、このようなブログで天地真理さんの曲をご紹介して行くことはこれまでは許されたにしても、今後はどうなのか。本来プロとして曲を販売して、芸能人として活動して収入を得るはずの天地真理さんの曲を無償でフルでお聴きいただいてはCDや著作物の販売に影響が出るのは必至だからです。実際、ファンクラブからは私が進める形式について「良し」とのお言葉はいただけていません。ただ、このブログその他によるご紹介が少なからず、天地真理さんを正しく世の中に知らしめるという意味ではある程度の役割を果たしており、またCDその他の作品の販売にも決してマイナスではないという現状を踏まえて「良くはないが、禁止するほどでもない」という拮抗を保っているだけなのです。ファンクラブの関係の方のお話では、実際に著作権を有する渡辺音楽事務所(現・渡辺音楽出版株式会社)の方々も黙認されているということです。

また、未だにWEBを中心に存在する天地真理さんに対する誹謗・中傷を限りなく押さえ込む、ということが当面の至上命題であれば、私の進め方は当面は許されるのでは、とは考えています。実際、天地真理さんも「ファンクラブ」中心の活動を当面予定されている(つまり、表舞台への登場は当面控える)ようですので、暫くは今の形態で進めさせていただこうと考えております。

皆さま、今後もお付き合いのほどをよろしくお願い致します。








それでは「京都でひとり」をご紹介して参りましょう。


私とこの曲との関わりは、この「小さな人生」というアルバムを知る中で、その完成度の高さから1曲1曲に関心を持って聴き始めたことによります。

今、かつて頻繁に利用した自分の Youtube のチャンネルを再び覗いてみると、「一枚の写真」「海辺に誘われて...」「明日また」「ひとりぼっちのデート」「京都でひとり」「明日への愛」「小さな人生」等々が動画(スライドショー)として残っており、当時(2010年当初)はこのアルバムに如何に関心があったかが分かります。





作詞:山上路夫
作曲・編曲:川口 真

あなたに何も言わず 京都へと着きました
静かに二人の愛 考えたいのです
人影の絶えたお寺 ひとりで巡ったら
急に熱い涙 流れて来ました
こんなことははじめて
愛することはいつも辛いことあるけれど
あなたと生きるならば耐えてゆけそうです

今朝ほど早い汽車で 京都へと着きました
私の愛の強さ 確かめたいのです
美しい庭を見ても あなたを想います
何をしているのか 心配なのです
こんな私はじめて
愛する時にいつも 誰でも迷うけれど
あなたのもとへ私 明日は帰ります

川沿いを肩並べ あなたと歩きたい
ひとり旅を 私 後悔してます
こんな想いはじめて
愛する時にいつも 誰でも迷うけれど
あなたのもとへ私 明日は帰ります





作詞の山上路夫さん。天地真理さんと切っても切れないお方ですね。天地真理さんの前半のほとんどを彼が築いたと言っても過言ではないと思います。このアルバムではこの1曲だけのご協力です。

作曲・編曲の川口 真さん。この方は「一枚の写真」「海辺に誘われて....」「ひとりぼっちのデート」そしてこの曲で作曲と編曲をおひとりで担当されていますが、このように作曲家が作曲と編曲をひとりでこなしてしまう、ということにはどんな意味があるのだろうと考えます。編曲をどなたかにお願いすればそれなりのひとり分の費用が発生することになりますので、費用削減の意味が一つにはあるとは思います。でも、このアルバムのように分担を受け持った作曲家が一つのコンセプトを達成するために曲の完成まで全力で取り組む姿がそこにはあるように思います。




そんなお二人の作品をお聴きいただきます。

こちらも先にお話した2010年3月当時の私の作品から、限定公開でお楽しみいただきます。基本的にこちらの記事から聴きに行く場合のみ視聴可能となっています。全盛期の真理さんの写真が使用されていますので、お楽しみ下さい。






ご覧いただき、如何でしたでしょう?

2010年当時は私のようなブログ活動が活発化していた時代で、この曲(私の作品)をあるブログでも採り上げていただき、話題を作り出すほどの曲の素晴らしさでした。特に『京都』と真理さんとの結びつきが目新しく、京都弁での書き込みが注目を集めました。

私も真理さんの写真をお借りするに当たり「愛に生きる大人の女性」を意識して、相応しい写真を選ばせていただいたという記憶があります。





この曲がアルバムが私にとって大切なのは、このようにファンとして熱く燃えた時代を支えてくれたことがいつまでも記憶に新しいからなのだと思います。これからもその感慨は忘れられないことでしょう。













さて次回は「明日への愛」。このアルバムのご紹介も終盤に差し掛かって参りました。どうか気長にお待ち下さい。





にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ25日

コメントの投稿

非公開コメント

京都でひとり

マチャアキさん、お早うございます。

ご来訪、誠に有難うございます。

私も「ふたりの日曜日」と「時間ですよ」のファンです。

「ふたりの日曜日」については、当時中学2-3年の時に頻繁にカセットプレーヤーでこの曲を再生して聴いていたものですし、「時間ですよ」については後日にyoutubeでの映像で知るに至り、出演時の真理さんの初々しさに驚嘆したものです。

「京都でひとり」これも旅情が込められていいですね。色々な年代に対応できる真理さんの歌唱力ならでは、ですね。

No title

「ふたりの日曜日」と「時間ですよ」の真理ちゃんが大好きな私です。
「京都でひとり」良い曲ですねぇ。偶然知りました。チェリッシュのカバーかな?と思いましたがオリジナルなんですね。

Re: おめでとうございます!!

仁さん、こんにちは。

素直に有難うございます。

今回は、著作権という堅苦しいテーマに触れてしまい、ご紹介する曲「京都でひとり」が色あせてしまった感があります。でも2010年当時はそういった雰囲気の中でこの曲に触れていたことも確かなことです。

もうひとつ思い出すのは「天地真理の掲示板」というBBSが以前あり、その場でも真理さんの生活を巡って議論がありました。芸能界に君臨する「天地真理」という長大な存在を素人があれこれ論議しても結局のところは『お金』という超えられない壁が立ちはだかっている、という結論なのです。そんな過去に想いを馳せる時、このアルバムのテーマである「過去のことを良い想い出として封じ込め、明日の小さな夢、小さな人生に向かって歩いてゆきましょう」という言葉がしみじみと思い出されます。

Re: 京都でひとり

熊五郎さん、こんにちは。

失礼ながら、著作権の問題を軽く見られておいではありませんか?

「夜のヒットスタジオ」やテレビ番組の一部を動画としてYoutube にアップされた方の中には、著作権を盾に削除を命じられたり、アカウントそのものが抹消されたりしています。

真理さん関係でも数年前までは著作権を有する音楽会社とYoutube にアップした当事者との間で訴訟問題に発展するのではという懸念から、今のファンクラブの前身の方が親身になって考えて下さり「訴訟に発展しないよう私を救う手だてとして」音楽会社への使用料を支払うことを一緒になって真剣に考えた時期があります。

今でこそ、何のお咎めもなく音楽作品がフルでアップされていますが、当時としては自分を危険に晒してのイチかバチかの様相をはらんでおりました。そこまで危険を冒してでも天地真理さんの再評価のためにはYoutube という媒体を使うことは有意義であったのです。

偉そうなことを申し上げましたが、これが数年前の実態だったのです。失礼致しました。

おめでとうございます!!

三万回アクセス突破おめでとうございます!!

私も、ささやかなYTチャンネルですが、それでもアクセス数が増える喜びは経験していますので、スリーピーさんの喜ばれるお姿が想像できて素直に嬉しいです。

私は、スリーピーさんを支持します。スリーピーさんは真理さんの負のイメージを消し去っていく上で、間違いなく貢献されてきておられると、私なりにそう評価させていただいております。

立場の違いがどうであれ、今は真理さんのマイナス因子を確実に少しずつでも消し去っていくことが肝要です。多くの皆さんもその点に関しては異論はほぼお持ちでないと思います。

このブログの存在は重要です。是非これからもお続けいただきたいと思います。いつも読ませていただき改めて感謝します。ありがとうございます。

京都でひとり

スリーピーさん、ハムレットのように出すべきか出さざるべきというかという迷いよ~く分かりますよ。でもね、結局、出した方がいいんです。なんにもしなければ何にも起こらず前には進みません。
やはりブログ、you tubeに出すことにより何らかの変化が起こるのです。さて、ところで真理ちゃんは京都を舞台にした歌は2曲出されています。①なのにあなたは京都へゆくの②京都でひとり
この2曲ともイメージも内容も似てません。①の曲は彼氏の方が京都へ②は彼女方が京都へ、どちらとも共通点は目の前からいなくなることです。
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード