矢車草




【 通算230号 】


5月15日、本日のお題は、矢車草




アルバム単位で、真理さんの曲をご紹介する今回の企画、今、1976年6月1日発売のアルバム『私は天地真理』について、ご紹介しています。



この真理さんの12枚目のアルバム私は天地真理の表裏表紙と、収録の構成は次のようです。

lp_12_20120413001436.jpg


A面
1 水色の恋
2 童話作家
3 「いちご白書」をもう一度
4 春の風が吹いていたら
5 夏を忘れた海
6 お嫁においで
7 矢車草


B面
1 ひとりじゃないの
2 若葉のささやき
3 ふたりの日曜日
4 なごり雪
5 ウイスキーの小瓶
6 哀しきマリオネット
7 告悔
8 オー・マリヤーナ
9 矢車草(アンコール)





本日のご紹介は「矢車草」です。


この曲は、プレミアムボックスではDISC9の7番に当たります。





この曲に感激された方、もっと天地真理の世界を堪能したい方はこちらのサイトでプレミアムボックスをお求めになれます。


box.jpg

ソニーミュージック「プレミアムボックス」購入ページ





私は今回のご紹介曲「矢車草」の到来を首を長くして待っておりました。

と、言いますのは、この曲「矢車草」を前回ご紹介したのが2010年の11月24日で、その記事の記載の一部に誤りのあることをある方にご指摘いただいたものの「次回の記事で修正」するというお約束をしたまま、約1年半という歳月が流れてしまったからです。

全く時間の経過は早いものです。もうそんなに時間が経ったのかと驚くばかりですが、この1年半前のお約束だけは忘れずにおりました。今回はそのお約束が果たせるという思いで少々興奮しております。



さて、2010年11月24日にお伝えしましたのは、天地真理さんの10枚目のアルバム『童話作家』の中に収録されている「矢車草」でした。お時間にゆとりのある方は当時の記事にもお立ち寄り下さい。下の緑の文字をクリックしていただくとジャンプします。

2010年11月24日 矢車草(番外編)




当時の記事の中で私は”矢車草”という植物をそのまま、題材になった植物としてご紹介したのですが、実はそれは間違いであり、正しくは”矢車菊”でした。

実際、”矢車草”は花の長さの長い植物であり、私もご紹介しながら僅かな疑問は感じてはおりました。でもある方からのご指摘を受けて「シャツに留めてあげたけど」というフレーズに似合う植物は他にあるということを知りました。更にこの”矢車菊”は中世のヨーロッパからの古い伝説のある植物であり、その「シャツに留めてあげる」の根拠にも納得したものです。

以下、その当時コメントしていただいた方へのご返事を引用させていただきます。

「あなたの説にガッテンです。書き込みを読ませていただき、頭をガーンと殴られるような衝撃を受けました。早速、ネットで調べ始め、約1時間没頭する内に、数ある花言葉の解説の中から、あなたの仰る説と同じ内容の解説と、bachelor's button の意味を見つけました。なるほど、岩谷さんは「矢車菊」の伝説の意味を踏まえて、この歌詞を書かれたんですね。実際、矢車菊はカフスボタンの代わりに使えるようですし、衿元に付ける習慣もあったようです。「繊細」「信頼」といった意味の花言葉として使われ、古代には魔除けの意味もあったとのことで、ひと夏の恋に落ちた女性が、相手の男性に対し、向こう一年間、悪い虫が付かずに再び会えることを祈って「シャツに留める」という行為に至ったと想像されます。」




このご返事内容を裏付ける資料として、①植物としての側面、そして、②古代エジプトのツタンカーメン王と王妃アンケセナーメンとの愛情溢れるお話、そして、その花言葉、を少しだけご披露致しましょう。



①植物「矢車菊」として

本来、原産地のヨーロッパでは、小麦畑、ライ麦畑、トウモロコシ畑に咲く野草あるいは雑草で、その為、英名ではコ-ンフラワーと呼ばれる。

ロシアではこの花とライ麦畑は切っても切れない関係にあり、民芸刺繍の図柄にはヤグルマギクとライムギの組み合わせの図案が多いそうである。

歴史的にも由緒有る花で、ギリシャ神話では傷ついたケンタウロスがこの花の葉で手当てをした伝説があり、古代エジプトの王墓からも見つかり、近世では、プロシャの皇帝ウイルヘルムがナポレオン三世を打ち破った時にこの花を皇帝の紋章に決めた為、「皇帝の花」と呼ばれるようになって、その後、ドイツ国花となった。

P51516092.jpg

o0256019210155367552.jpg
矢車菊


②ツタンカーメン王と王妃アンケセナーメン

「ツタンカーメン王の墓は1922年11月4日イギリスのエジプト考古学者ハワード・カーターにより発見されました。棺は8重の厨子で密閉され、開けていくと石英をくり抜いた石棺があらわれ、更に、その奥に3重の人形棺が安置されていました。第一、第二の人形棺は木製金張りで各所に宝石を散りばめた豪華なもの。最後の人形棺は輝くばかりの純金製。カーター氏は興奮で震えつつ開けていくうち、石棺の上に、ひからびてほぼ炭化した草木が添えられているのを見つけます。

黒ずんだ草木は、3つの人形棺の上にも置かれていました。後の分析でこれが、「矢車菊」とわかったのです。王妃アンケセナーメンは葬儀が終わって埋葬する間際に、矢車菊を入れたのです」

「矢車菊は薄紫のキク科の一年草、花の形が矢車に似ていることからこの呼び名があります。花言葉は「信頼」「繊細な心」「幸運」など。ツタンカーメンのふたつ年上の王妃アンケセナーメン。3300年前のある日、王の葬儀での別れ際に、18才で早世した若き王の死後の幸せを祈り、思い出を添えて、愛するツタンカーメン王の棺の上にそっと置いたのでしょうか・・・・悲しみに沈みながらも、矢車菊の花言葉にメッセ-ジを託して」

o0250018010155367550.jpg
炭化した矢車菊



このような深い意味合いを込めて、作詞をされた岩谷時子さんは「矢車草」という詩を筒美京平さんに託したんですね。

その想いが通じたのでしょうか、筒美さんの奏でたメロディは、これまた天地真理の良さ、特徴を十分に引き出して、この曲にぴったりの雰囲気を作り出すのに成功していると思います。






作詩:岩谷時子
作曲:筒美京平
編曲:竜崎孝路

あの人はもういない 矢車の花は咲いたけど
逢いたくて逢いたくて 裸足で駆けた私

誰にも分からない 悲しい恋は
ふたりの若い命でした
矢車の花一つ シャツに留めてあげたけど

あの人は帰らない 矢車の花は揺れるけど
もう一度もう一度 あの日の愛が欲しい

二度とはできない きれいな恋は
短い夏の命でした
矢車の花一つ シャツに留めてあげたけど

愛して別れた 恋の寂しさ
心に染みて 辛いばかり
矢車の花一つ シャツに留めてあげたけど
シャツに留めてあげたけど





それでは、このコンサートで歌われた真理さんの歌唱をお聴きいただきましょう。

今回も Youtube を探しましたが、残念ながらズバリの映像は見つかりませんでしたので、今回はスリーピーのお手製でお届け致しましょう。矢車菊尽くしでの映像(スライドショー)です。お楽しみ下さい。Youtube からの限定公開です。




そして、もうひとつ。これは1976年6月に真理さんがNHKののど自慢にゲスト出演したときの音源です。金子アナウンサーの声が聞こえますから、間違いないです。真理さんものど自慢に出演されていたんですね。Sugi4Geru さんの作品です。




最後にもうひとつ、これは東映のテレホン放送という番組の音源です。音は小さいのですが、この曲に賭ける真理さんの意気込みが感じられる内容となっています。bellwood58 さんの作品です。







お聴きいただき如何でしたでしょう?

私はこの曲は天地真理さんらしさが感じられる素晴らしい曲だと思っています。先にカバー曲に対する感情移入の上手さから「カバーの名手」とお呼びしたことがありますが、ご自身の曲にこれほどまでに感情移入されて歌っている曲は「想い出のセレナーデ」以来のような気がします。ご本人もこの点には力点を置いて語っておられますが、自他共に認める素晴らしい仕上がりだと思います。

是非とも多くの方にこの曲を聴いていただきたいと願うスリーピーです。









この記事の中で「矢車菊」の植物としての解説、そして、古代エジプトでのツタンカーメン王と王妃アンケセナーメンのお話は下記を参考に作成致しました。有難うございました。


「野の花散歩」

http://www.geocities.jp/mc7045/sub165.htm


「しあわせ香りセラピスト☆はまゆふ☆福岡・北九州」

http://ameblo.jp/hamayufu/entry-10228457651.html












さて次回はB面最初の曲「ひとりじゃないの」です。

どうか気長にお待ち下さい。





にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ25日

コメントの投稿

非公開コメント

Re: [矢車草]再想

再発見M さん、こんにちは

的確な指摘、誠に有難うございます。

仰ることはまさにその通りと思いますし、確かにイントロに対して真理さんは不満を感じていたのかもしれませんが、それは多くを語らない真理さんであれば「皆さんのお陰で今の私がある」という気持ちが常にあったのだと思っています。

アンコールで歌われる「矢車草」についてもこれから順番に触れて参ります。先を急がず気長に参りましょう。

[矢車草]再想

スリーピーさん

私もこの曲は天地真理さんの後年の楽曲の中では、秀逸だと感じます。出遅れて来た「再発見派」としては、歴史的変遷を付け焼き刃で辿っただけですから、偉そうなコメントは出来ませんが、単純に曲と声の響き具合を素直に評価して、彼女の控えめなアッピール度からみると、かなりいい出来ではないでしょうか、、、、

人気が伴わなかった点について自分なりの分析を試みますと前奏の手あかの付いた管楽器音から入る手法が、演歌じみていてここにプロジェクトの甘い読みを感じてしまいます。

当時の時代風景を回想するとこの手の演歌系の流れは、マイナス方向に働いており、ターゲット層が明らかにずれている印象です。従ってイントロを聴いた段階で多くの方が「古い歌」という印象を持たれたのではないでしょうか、、、これは明らかに戦略の失敗であり、過去の成功体験を引きずったスタッフの作戦読み違いの面が大きい気がします。

ここで特出すべきは彼女がライブで唱ったスキャットから入る切ない歌声です。今聴いても何度聴いても響いてきます。勝手な憶測で申し訳ないのですが、彼女自身あの曲の入り方には抵抗があったのではないか(推測)、だからフォークとバラードをミックスしたようなあの独特のスキャットから入った。そうすることで「矢車草」の本題のメッセージを解釈し、伝えたかったのではないだろうか、歌い手としてのギリギリの抵抗を感じます(憶測)

その証拠としてアンコール場面では一切のオーケストラ演奏が入っていないギターだけの語りかけになっており、これがまたしびれるのデス。時代背景的には決して向いたいないけど、良いのです。多分原点還りを模索したとも言えるのではないでしょうか、、、、

これを聴いて一段と彼女の歌が好きになりました。

Re: 矢車草

iryo さん、お早うございます。

アイドル「真理ちゃん」には似合わないと評されたこの曲「矢車草」だったのかもしれませんが、真理さんご自身はこの曲を大変気に入っており、その意気込みを語っておられたのを今回発見して、悲しさばかりが伴う真理さんの後半についての評価は少し違うのかなと思うようになりました。ただ残念なことに人気が伴わなかった、それだけだったのだと。

岩谷さんがこの歌詞に込めた思いを真理さん自身はご存知なのかどうか、機会があれば伺ってみたいと思いますし、iryo さんと同じように私もこの曲を大事にして行きたい、そんな心境です。

ご投稿有難うございました。

矢車草

スリーピーさんのお調べで矢車草(菊)について勉強させていただきました・
 筒美・岩谷両氏によるこの曲は真理さんの歌の中でも異色の作品で、心に響くものがあります。彼女が休みに入る半年前の公開であり、「おとなのうた」と言ってもよいこの曲が当時のフアン層に必ずしも受け入れられなかったのは理解できます。しかし真理さんが思い入れの深いこの作品をセールスするために全国に出かけた時の心情を想うと切ないものがありますね。
 この曲を“演歌っぽい”と表現される方もいますが、トランペット・ソロに「狭義の歌謡曲」の雰囲気があるものの、こぶし・うなりのいわゆる「演歌」とは異なりますね。
 もともと真理さんの歌はいわゆる「演歌」とは180度対局の位置にあり、だからこそ私は彼女の作品を好むのですが。いずれにしても真理さんのユニークなこの曲を大事に聞いて行きたいと思っています。
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード