オー・マリヤーナ




【 通算241号 】


6月28日、本日のお題は、オー・マリヤーナ




アルバム単位で、真理さんの曲をご紹介する今回の企画、今、1976年6月1日発売のアルバム『私は天地真理』について、ご紹介しています。



この真理さんの12枚目のアルバム私は天地真理の表裏表紙と、収録の構成は次のようです。

lp_12_20120413001436.jpg


A面
1 水色の恋
2 童話作家
3 「いちご白書」をもう一度
4 春の風が吹いていたら
5 夏を忘れた海
6 お嫁においで
7 矢車草


B面
1 ひとりじゃないの
2 若葉のささやき
3 ふたりの日曜日
4 なごり雪
5 ウイスキーの小瓶
6 哀しきマリオネット
7 告悔
8 オー・マリヤーナ
9 矢車草(アンコール)





本日のご紹介は「オー・マリヤーナ」です。

この曲は、プレミアムボックスではDISC9の15番に当たります。




この曲に感激された方、もっと天地真理の世界を堪能したい方はこちらのサイトでプレミアムボックスをお求めになれます。


box.jpg

ソニーミュージック「プレミアムボックス」購入ページ







『私は天地真理』というアルバムも残すところ2曲となりました。

今回のご紹介「オー・マリヤーナ」は、田中星児さんの作品で有名ですが、そのオリジナルは東欧はクロアチアの曲です。



クロアチアという国について、皆さんは既にご存知かと思いますが、私自身の理解のために少しだけこの国について触れてみます。


Wikipedia によれば、

クロアチア共和国(クロアチアきょうわこく、Republika Hrvatska)、通称クロアチアは、東ヨーロッパ、バルカン半島に位置する共和制国家である。本土では西にスロベニア、北にハンガリー、東にボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビアと国境を接している。南はアドリア海に面し、飛び地のドゥブロヴニクでは東にモンテネグロと接している。首都はザグレブ。

1991年にそれまで連邦を構成していたユーゴスラビアから独立した。

800px-Europe_location_CRO.jpg





クロアチアって、こんな感じの国なんです。地中海(アドリア海)に面し、対岸にはイタリアの長靴が見えます。見るからに暖かで詩情豊かなお国柄ですね。

こんな土壌で、1936年にS.Sisic という方が詩を作り、V.Paljetak という方が作曲されました。

まずその歌詞なのですが、ここにクロアチア語と英語の対訳があります。「外国の時間じゃねーだろ」とお怒りの貴兄もおいででしょうが、当時の詩情をより深く感じていただきたく、列挙させていただきますのでご覧下さい。




クロアチア語

Marijana
Jedne divne, tihe majske noći
Ti si rekla da ćeš doći na prvi rendezvous
Noć je oko mene svud je
A Marijana spava sama
I ne zna da sam tu

A ja pod palmom sjedim sam
I oči sklapa san i tužan čekam
Davno žuđen dan

O Marijana, slatka, mala Marijana
Ja ću te šekati, dok svane dan
O Marijana, slatka mala Marijana
Ja ću te šekati, jer ti ćeš doć

Baštom opet cvate majsko cvijeće
A ja drhtim sav od sreće
Jer čekam samo nju
Ponoć davno, davno već je prošla
A Marijana nije došla na prvi rendezvous


英語

Marijana
On one wonderful, silent May night
You told me you'd come on our first rendezvous
Night is around me, there is darkness everywhere
But Marijana is sleeping alone
And she doesn't know I'm here

But I'm sitting alone under the palm tree
And a dream is closing my eyes and sad I'm waiting for
the long desired day

Oh Marijana, sweet little Marijana
I will wait for you till dawn
Oh Marijana, sweet little Marijana
I will wait for you cause you will come

In the garden May flowers are blooming again
But I tremble with happiness
Because I'm waiting for her only
Midnight passed long, long time ago
But Marijana hasn't yet come on our first rendezvous





そして、田中星児さんによる日本語詩は次の通り

作詞:S.Sisic 作曲:V.Paljetak
日本語詩:田中星児 編曲:竜崎孝路

オー・マリヤーナ かわいいマリヤーナ
君を待つよ朝まで

オー・マリヤーナ 小さなマリヤーナ
君を待つよ朝まで

ふたり はじめてのランデブー
マリヤーナは来ない 夜は更ける

オー・マリヤーナ かわいいマリヤーナ
君を待つよ朝まで

星よ聞いておくれよ 
この歌が僕の 心の歌

オー・マリヤーナ かわいいマリヤーナ
君を待つよ朝まで





クロアチア語の分からないスリーピーがざっと英訳と日本語訳を比べてみますと、少々端折ってはおりますが、ほぼ忠実に日本語に訳されているのが分かります。それは「男性が女性の到来を待つ」という内容なのですが、日本では夜中に訪れるのは男性が通例です。現代では逆転現象は多々ありますが、当時の日本では余り有り得なかったように思えます。それが許されたのはお国柄の違いなのでしょうか。


さて、この曲「オー・マリヤーナ」をまずは原曲といいますか、クロアチア語で歌われたものをお聴きいただきましょう。


まずは zrinski さんという方の作品。映像をご覧になると分かるのですが、LPレコードの印刷面にはユーゴスラビアとあり、1973年に発売されたもののようです。このようにレコードを通じて多くの方に広く歌われていたようですね。





もう一つは、これは恐らく名もない市民の方による歌唱なのですが、中年婦人と老婦人によるアカペラ演奏です。私にとって、何故かこの歌唱が印象に残るのは、きっとこの曲が市民に浸透していたことを示す象徴だからなのでしょう。Reparica さんの作品です。






そして、日本でのオリジナル、田中星児さんによる歌唱を Youtube にアップされた作品からご紹介致しましょう。Oliftc さんの作品です。どうぞ。






最後に天地真理さんによる歌唱です。幸いにも Youtube から作品をお借りしてのご紹介が可能でした。amhikokigumo さんに感謝申し上げます。









お聴きいただき如何でしたでしょう?

東欧のオリジナルは曲のペースがゆっくりで、カントリーミュージックのような感触でした。

日本のオリジナル・田中星児さんの歌唱力は相当なものですね。さすがは「おかあさんといっしょ」で初代の「歌のおにいさん」をお努めになった方です。そして何よりも、この曲を日本にご紹介下さった、その功績は大きいと思います。

そして真理さんのカバー演奏。今回私が物色した歌唱の中でダントツの爽やか演奏でした。




今回は奇しくも国際色豊かな内容となりました。 amhikokigumo さんの作品を聴かせていただく中で、真理さんの歌唱が言葉の違いを越え、海を渡って東ヨーロッパで評価されていることを知り、レポートさせていただく私も嬉しくなりました。

かつて私も、ある方と一緒に「海外へ天地真理さんを紹介しよう」と取り組んだ時期がありましたが、そのような努力なしでも評価される方は世界中においでになることが分かり、世界の懐の深さに驚くスリーピーでした。

次回は英語で真理さんの曲をご紹介しようか、などと他愛のないことを考えるこの頃です。









さて次回は「矢車草(アンコール)」です。

どうか気長にお待ち下さい。





にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ25日

コメントの投稿

非公開コメント

Re: オー・マリヤーナ

仁さん、久しぶりです。

今年も早いもので1年の半分が終わってしまいました。Twitter からの情報では真理さんのCDはジャケットのデザインも手作りでリリースに向けて準備万端のようです。

ファンクラブ主体の行事と、会員やファンのひとり一人のマスコミへの働きかけ、等々がこれからのメインな動きになるのでしょう。ラジオを使ったリクエストは、ブログ記事を10回書くよりも日本全国の方々の耳に直接働きかけるという意味で効果は絶大ですね。私ももうすぐ1周を終えますので、その方向で努力してみようと思っています。

仁さんのご活躍にも期待しています。ではまた!

オー・マリヤーナ

スリーピーさん、こんばんは。

遅くなりましたが、まずは、ラジオの件おめでとうございます。
「レイン・ステイション」に目を付けられたのは、お見事でしたね。
あの歌は、今の若い世代にも受け入れられるとても貴重な歌だと私も以前から思っておりました。
でもそれを実際に行動に移されたのはスリーピーさん。
さすがだと素直に思います。

さて、今回の歌ですが、私はこの歌が大好きです。
ひこうき雲さんUPの動画、もう数え切れないくらい見させていただいております。真理さんのお声は、本当にワールドクラスですね。

近年、オペラなどの世界では森麻季さん辺りがずっと話題になっていますが、当時の真理さんのびやかな歌声をお聴きしていると、真理さんも決してひけをとらないなあと、今更ながらに思っております。

これからもお元気で!ではでは 仁
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード