5thシングル「ふたりの日曜日/真冬のデート」②




【 通算260号 】


10月25日(木曜日)

天地真理さんの歴代のリリースシングルを特集でお届けする企画、

「天地真理」シングルヒット・パレード


10回目の今回は、真理さんの 5thシングル「ふたりの日曜日/真冬のデート」②と題して、B面の「真冬のデート」をお届けします。

なお、この記事へは、HP『癒しの天地真理』からでもお入りになれます。よろしければお立ち寄り下さい。下の青いの文字をクリック。

『癒しの天地真理』





またまた、本題に入る前に少しだけ寄り道をさせていただきます。

1年の内で最も安定した良い気候に恵まれるこの季節は、山好きの私をじっとさせてくれません。先週は、栃木県北部にある「奥鬼怒温泉郷」という人里離れた山の中の温泉を訪ねてみましたが、今回はもう少し有名で日本の百名山の一つに数えられている、茨城県にある「筑波山」に登って参りました。


筑波山マップ
筑波観光鉄道のホームページより



イラストをご覧いただくと分かりますが、標高900m 足らずの山(男体山871m、女体山877m)ですので、「なーんだ、大したことはないだろう?」と思われる方も多いかと思います。ところがしかし、日本百名山に数えられるこの山は決してバカにできません。

数あるハイキングコースから、私たち2名はロープウェイの麓の駅「つつじケ丘駅」の脇から出発して女体山の山頂を目指す「おたつ石コース」を選んで臨みました。イラストにありますように距離にして1Km半余りで約1時間の道程なのですが、事前のネットからの情報で甘くみていた私たちは、登山口の急勾配にまず驚きます。

もしよろしければ、筑波観光鉄道のホームページを下記からご覧下さい。今回は写真がほとんどありませんので。

つつじケ丘駅から弁慶茶屋まで

弁慶茶屋から女体山山頂へ


約100mは続くであろう、この急勾配に一瞬唖然とした私たちでした。この上りがずっと続くとなると結構やばいことになりそう、だからです。実際、この階段を登り終えた頃には息が切れ、汗をたっぷりかいていました。

幸いにもその先は多少の急勾配はあっても平坦な部分もあり、胸を撫で下ろしたのが本当のところです。この状態で頂上まで辿り着ければ「やはり、筑波山は大したことはない」という結論に至るはずだったのですが。ところがです、その後、白雲橋コースに合流して始まるアップダウンと、突き出た岩場はとても歩き辛くて閉口しました。時には段差のある岩と岩の間で、足が持ち上がらないことも。

e4447092c25444c44d48538c818a4a13-320x212.jpg
こんな感じの上りが多いんです


Wikipedia によれば筑波山は「筑波山は火山ではなく、深成岩(花崗岩)が隆起して風雨で削られたため現在のような形になったとされ」堅牢残丘という種類に属する山なので、凸凹は当然なのです。

それでも頂上に至るころには、有名な奇岩怪石が多少なりとも疲れた私たちを癒してくれました。そして、頂上からの眺望の素晴らしさは、低い山とは言え、関東平野に唯一そびえ立つ山ならではのものでした。

女体山頂上
女体山山頂
(クリックしてその雄大さをご堪能下さい)




ご存知かとは思いますが、スリーピーは高所恐怖症です。頂上に立つことなく終わったことは言うまでもありません。目がくらんでフラフラでしたので。


帰りはもと来た道を帰ろうかとも思ったのですが、高低差のある岩場はほとんど一方通行状態で、下山者が来ると通り過ぎるまで待つこともしばしば。これは登山者に迷惑が掛かる、という判断でロープウェイを利用しての下山を選びました。このお蔭で大した疲れもなく帰途につくことが出来ました。もしかすると、こういう登山者のためにロープウェイが出来たのでしょう。

途中、地元の大食い食堂「香味鮮」という中華で疲れを癒したことをお伝えして、このレポートを終わります。







前置きが長くて恐縮です。どちらが主体だって? それはもちろんこれからお届けする天地真理さんの曲のご紹介です。

寒さが日に日に増しつつある今日この頃に「真冬のデイト」という曲は打って付けの曲ですね。毎年、この頃になると「木枯しの舗道」「冬物語」とこの曲「真冬のデイト」を思い出すスリーピーです。



当時のシングルジャケットを拡大してご覧いただきます。「Winter date」という英字がご確認いただけますでしょうか?

ふたりの日曜日-1




Winter date
作詞:山上路夫
作曲:平尾昌晃
編曲:馬飼野俊一

木枯らし吹いてる 並木の道も
ふたりで歩けば 愛の舗道
寒くはないのよ あなたといれば
愛が心にもえるから
指を組み合わせ 肩を寄せ合い
どこまで行きましょう 真冬のデイト
冷たい季節の中でも二人の
愛は大きく育つのよ

いつものお店の とびらを開けて
あなたと座るの 窓際に
とりとめないこと おしゃべりすれば
街にたそがれ せまるのよ
こんなひとときが とても大好き
明日も逢いましょう 真冬のデイト
冷たい季節の中でも二人の
愛は大きく育つのよ
愛は大きく育つのよ




「ふたりの日曜日」と同じ作詞家・作曲家の先生方ですね。平尾昌晃さんご提供の作品はこれら2曲だけです。


それでは真理さんのお声をお聴きいただきましょう。2010年12月にスリーピーが作成したスライドショーです。12月の花を集めてみました。ろうばい、蛇の目エリカ、ヒラヤマ雪ノ下、金のなる木、水仙、スノーボールなど、です。ワンコーラスですが、お楽しみ下さい。

[真冬のデイト]

 []



今回は、この季節に相応しい曲「真冬のデイト」をお届けしました。いつ聴いても、心が温まる曲ですね。

指を組み合わせ 肩を寄せ合い
どこまで行きましょう 真冬のデイト



このフレーズを読む度に、自分にもこのような時があったことを思い出します。今の若い方々にも、同じような心温まる時を過ごしてもらいたいものだと切に願います。そうしたら、少子化問題も、労働不足も解消するのでは、と。あー、これは脱線しました。






さて次回は 6th シングル「若葉のささやき/海にたくした願い」の1回目です。

皆さま、どうぞ気長にお待ち下さい。









にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ25日

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード