アルバム 童話作家

3月31日、本日のお題は「童話作家」


季節、季節に応じた作品をピックアップしてご紹介しようと、予定しているこのブログですが、果たしてそれが正しいのか、迷うところです。そう、季節に関係のない曲もあるからです。そういった、季節に関係のない曲は、ご紹介できずに終わる、それも悲しいこと。

そこでスリーピーは考えました。真理さんのオリジナルLPは、これまでに13枚存在しますが、それぞれに発売された時期に応じて、曲の内容も相応しくアレンジされています。それなら、その季節に該当するLPの中から、ピックアップしてご紹介して行けば、いつかは全ての作品をご紹介できるのでは、と。

それでは、今の季節、3月から4月に掛けて、どのアルバムが相応しいかと言えば、彼女の13枚目のLP「童話作家」のような気がします。

これまで、アルバム単位での採り上げ方が無かったように思いますので、初の試みとしても楽しいのではないかと思います。


さて、このアルバム「童話作家」は、1976年12月21日に発売されたもので、彼女のオリジナルアルバムとしては、現存する最後の作品です。

アルバムのおもて表紙は次のようです。

lp_13.jpg

収録の構成は次のようです。

A面
 童話作家(ワンコーラスのみ)
 出不精のピーターパン
 返信
 ひこうき雲
 二月の風景画
 風花(かざばな)のさよなら
 童話作家(フルコーラス)
B面
 夢ほのぼの
 矢車草
 愛がほしい
 海辺まで10マイル
 一杯のレモンティー
 愛の渚



さて、そんなアルバムの中で、本日のご紹介は、先頭にある「童話作家」

この曲は、去る1月19日に、一度ご紹介しているのですが、アルバム収録作品としてご紹介するのは今回が初めてです。さだまさしさんとの聴き比べを堪能したい方はこちらにどうぞ。

<< 童話作家聴き比べ >>

このアルバムの中には、この作品が2曲収録されています。1曲目はワンコーラスのみの導入版、そして2曲目はフルコーラスとなっています。

それでは、1曲目をお聴き下さい。出典は、スリーピーです。





そして、フルコーラス版は次のようです。出典は、romane7248さんの作品です。





如何でしたか? 高音が特徴的なこの曲ですが、真理さんは難なく歌いこなしていますね。恐らく、この曲を歌わせたら、真理さんの右に出る者はいないと思います。この曲を歌うことを真理さんも、心地よく感じているから、2曲も収録しているものと思います。

実際、この曲をベスト何位として掲げる方は多く、私にとっても大好きな曲です。先の聴き比べでもお分かりのように、さだまさしさんの歌唱とは異質のものであり、他の女性歌手のそれと比べてもピカイチではないかと思います。
真理さんの歌唱がぴったり合う、そんな曲なんですね。個人的には、「悲しいくらいにダメな私の指先は、気が付けばいつも、あなたの笑顔を描いてる」このくだりにさしかかると、熱いものを感じます。私の特別な1曲です。



さて、次回は「出不精のピーターパン」です。お楽しみに!






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード