FM 軽井沢 2013.04.13 第29回




【 通算306号 】


4月17日(水曜日)






4月14日に「スーさん」こと、三國連太郎さんがお亡くなりになられました。

私にとっての三國さんは映画「釣りバカ日誌」に「スー」さんとして登場されたお姿が全てではあるのですが、常に穏やかな物腰で、決して感情を害したり、怒り出すことのない落ち着いた方、という印象が強いのです。それ以外の作品で見せるお姿が「釣りバカ日誌」でのそれと違いがある場合はご容赦下さい。

ゼネコン・鈴木建設の社長でありながら、平社員のハマちゃんと共に「釣り」にのめり込み、社長で威厳のあるお姿と、一人の釣りキチガイで人情味のある姿が好対照を見せる、そんな作品に好感を持って視聴させていただいておりました。

クリップボード010  クリップボード020
第一回作品から



人間、年を重ねると温厚になるものだそうですが、人生経験の浅い私は、50を越えた今でも感情の起伏を抑えられないことが度々あり、そんな血気に走った後で、いつもながら後悔しつつ、三國さんの穏やかなお顔を思い出すのです。

「短気は損気」と言われますように、高ぶった感情で臨んでは、物事は上手く行くはずもありません。それは分かってはいるのですが、旧来の「年功序列」制度が崩れて久しく、近頃の「成果主義」と言いますか、若い世代が会社や世の中を引っ張ってくれるのは有難いですし、そうあるべきだとは思うのですが、50歳を越えると紙屑の様な扱いを受けるのには看過できないものがあります。そんな扱いを受ける時に「短気」を起こしてしまった私ですが、方や、記憶力が薄れ、判断能力も減退し、髪の毛も薄れ、既に第一線を外れてしまっているのも確かですので、三國さんのお顔を思い出しつつ「またやってしまった、困った老人だなあ」と自分に苦笑いの連続なのです。

今回はそんな三國連太郎さんを偲んで、少しだけ名場面をご覧いただきたいと思います。先の損気に至る、老人問題がテーマです。YokokuEiga さんの作品です。












いつもながら、勝手気ままな前置きで失礼しました。

それでは、この4月13日に放送された、FM軽井沢での「天地真理ミュージック・コレクション」29回目の再放送をお届けいたします。

今回は、シングルのB面コレクションとしまして、5枚目のシングル「ふたりの日曜日」のB面にある「真冬のデート」、そして「蔵出しコレクション」は、13枚目のアルバム「童話作家」のB面の4番目に収録されている「海辺まで10マイル」が放送されました。それではどうぞ。








お聴きいただいてお分かりのように、昨年7月に発売された「天地真理 オリジナル・ミュージック・コレクション」に収められた新譜は番組冒頭のテーマ曲を除いて省いてあります。それ以外の真理さんの現役時代の楽曲については、そのまま載せてあります。その関係で15分番組でありながら、動画の再生時間は10分程度となっています。

新譜をお聴きになりたい方は是非とも、ファンクラブで現物をお求め下さい。



下の緑の文字をクリックしていただくと、購入サイトへジャンプします。どうぞよろしくお願い致します。

天地 真理 オリジナル・ミュージック・コレクション







今回お届けしました、5枚目のシングル「ふたりの日曜日」のB面にある「真冬のデート」、そして、13枚目のアルバム「童話作家」に収録されている「海辺まで10マイル」については、このブログでも触れていますので、もしお時間の許す方はこちらへもお越し下さい。


2012.02.29 真冬のデイト

2012.12.12 海辺まで10マイル








今回は、この4月13日に放送された、FM軽井沢での「天地真理ミュージック・コレクション」29回目の再放送をお届けしました。




次回は30回目の再放送の予定です。

皆さま、気長に気長に、お待ち下さい!






にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ25日

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード