想い出のグリーン・グラス




【 通算310号 】


5月5日(日曜日)






飛び石連休となった2013年のゴールデンウィークを皆さま如何お過ごしでしょう?



スリーピーにとってのゴールデンウィークは、例年田植えに始まり、田植えに終わるのが通例です。

話は飛びますが、遠くに住む親戚が顔を合わせる機会は、身内に不幸ができた時であったり、田植えや、稲刈りといった農家にとって年中行事であったりです。

先日も父方の叔母が亡くなり、その葬式に参列した叔父(伯父)叔母(伯母)に久しぶりに会い、それをきっかけにこれまで足を運んだことの無い、東京や神奈川の伯父たちの家まで車で伺うこととなったりと、身内の交流を深める機会を与えて下さいました。

そんな身内が集まるもう一つの機会である、この季節の田植えは私の兄弟姉妹との交流を深める機会でもあります。


幸いに好天に恵まれた5/3、5/4は連休後半の始まりで、この日を待っていたかのように兄弟姉妹が訪れ、同時に田植えが始まります。私の父母が元気であること、その父母にとっての重労働である田植えを手伝わんがためにわざわざ遠方より来て下さる兄妹ですので、まさに田植えの初日から苗箱運び、田植機へのセットのための受け渡し、タイヤ跡を消してもらう地ならし、そして使い終わった苗箱の水洗い、等々、丸2日の休みを作業の手伝いに充ててもらうのはとても心苦しいのですが、作業を終えての昼寝の時間や夕飯を終えて車で帰る後ろ姿に頭を下げる私ではあります。老父母だけでは掃除が行き届かない薄汚れた我が家にも文句を言わず宿泊してくれる彼らには、やはり感謝の念に堪えません。

そんな珍人の世話を面倒くさがって「今年は休みが4日あるから、自分達だけでゆっくりやろうね」などと、兄妹の訪れを拒否したり、といった私でしたが、そこは訪問する側が心得ていて、自分たちのことは炊事から、風呂、寝床まで老父母や私に面倒を掛けまいと気を使って下さる、そんな姿にも「有難う」の一言でした。




そんな好天に恵まれての田植えのさ中、田植機の上で運転する私の脳裏に浮かんだのが、真理さんの「想いでのグリーン・グラス」という曲でした。

この曲は過去の記事でご紹介しているように(下の青い文字をクリックしてジャンプできます)、1974年当時、フォークやカントリーミュージックへの傾倒を試みていた真理さんが9枚目のアルバム『天地真理オン・ステージ』で発表した曲です。

当時、この曲を歌う方は森山良子さんくらいの限られた人しかいなかった時代でした。もしかしたら、フォーク歌手「天地真理」が登場したかもしれない、そんな貴重な歌声なのです。


2011.7.21 想い出のグリーン・グラス





それではそんなコンサートの模様を Youtube にアップされたmari agein さんの作品でお聴きいただきましょう。








今回は連休後半の2日間を終え、田植えが一段落したところで、その心境を歌ってくれているような,また新緑のこの季節にピッタリな真理さんの曲「想い出のグリーン・グラス」をお聴きいただきました。

こんな軽ーい内容なら、読んでいただくのも容易でしょうか?いつもクドイ内容で恐縮です。




次回は32回目の再放送の予定です。

皆さま、気長に気長に、お待ち下さい!






にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ25日

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした!

スリーピーさんおはようございます!
まず、先日ご不幸があったのですね。
大変でしたね。
お悔やみ申し上げます。

そして、ゴールデンウイークにはスリーピーさんにとって恒例の田植えの季節。
いつもお疲れ様です!
私は子供の頃、「お百姓さんが苦労して作ってくれた大切なお米を残さず食べなさい」とよく言われました。
今でもその言葉を忘れません。
しかし、現在はTVで美味しいものばかりを食べる事を美徳とする番組を盛んにやっています。
それを観る子供達は豊食の時代に育ちお腹いっばいになったら残せばいいや!と言う考えになっていますよね。
大切に食べていない様な気がします。
農家の人達の苦労を想う事を忘れない様にしたいと思います。
「いつも苦労して作ってくれてありがとう!」
今はあまりそう言う言葉を聞かなくなりましたね。
スリーピーさんの兄弟姉妹の方も自分の大切な時間を割いて田植えを手伝っていただきありがとうございました。
本当にお疲れ様でした。

真理さんの「想いでのグリーン•グラス」いい曲ですね。
元の歌詞が本来の意味と違いますが故郷に帰ったら緑が綺麗で…
という感じですね。
私もそんな想いでいつも聴いています。
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード