FM 軽井沢 2013.05.25 第35回




【 通算315号 】


5月31日(金曜日)



先日の早朝、地元の市場へ山野草を出荷に出掛けた際、帰り道で奇妙な物体を発見しました。それはこんな白い米俵状のもの。

牧草



これはラップサイレージと呼ばれるもので、出穂期のイタリアンライグラスを地元の酪農家が刈り取り、天日乾しして水分を調整してから、フィルムでラッピングして簡易なサイレージを作っているものです。



Kamaire23.jpg
刈り取り作業、この写真は北海道十勝のものですが、私の地元ではもう少し小さな機械が作業してます

圧搾
ロール状に丸めているところ

ラッピング1
フィルムを包帯のように巻き付けています(見事)

ラップ格納
後はトラックに載せて雨よけ倉庫へ運ぶだけです

上記の写真は北海道十勝農場よりお借りしました。
http://www.nlbc.go.jp/tokachi/05operation%20topics/crop.html



その昔、私スリーピーの家でも昭和30年頃に酪農を営んでいた時期があり(と言っても小規模経営でしたが)、ほぼ手作業でサイレージを作る作業を手伝わされたことがあります。

あの頃は今のように機械が発達していませんでしたから、刈り取りはテーラーに刈り取り機を繋いで、何とか機械と呼べるものを使えましたが、刈り取ったイタリアンライグラスをこれまたテーラーに牽引されたトレーラーに手作業で積み、モーター駆動のカッターを通してから、直径2メートル位のコンクリート製のサイロに詰め込み、更には人間が足踏みで圧縮するといった、半自動半手作業で行った経験があります。あの頃はあれが普通でしたが、埃だらけ、汗だく、という記憶しか残っていません。時代は便利になりましたね、隔世の感があります。


その後、昭和40年頃に両親が養蚕を手掛け、所有の畑のほとんどに桑の木を植え付け、これまたほぼ手作業で「お蚕さま」を年に4回ほど飼育して、絹の原料となる繭玉として出荷して生計を立てていました。蚕が熟して、さなぎになる際に、糸を吐いて繭を作りますが、一斉に飼育を始めた同期生ですから、熟すのも一斉です。飼育場から熟した順に別場所に設置した回転マブシという営巣用の棚に入れてあげるのですが、その作業は妊婦の出産と一緒で適期を逃すと致命傷となりますから、徹夜をしてでも完了する必要があります。眠たい高校生ではありましたが、そんな時は私も夜を明かして参戦したものです。

kaiten_mabushi_s.jpg
回転蔟(マブシ)


04mayu01.jpg
営巣(繭つくり)する蚕



養蚕を約10年間やり通して後、今度は私が主体でハウス野菜を手掛けて10年余り行いましたが、今は両親は稲作のみ、私はサラリーマンとなっています。

そんな重労働の影響でしょうか、両親は今年84歳前後になりますが、共に腰が曲がり、まさに九の字の状態です。いつも「腰が痛い」と泣き声を漏らしていますが、それ以外の部分は丈夫で鍛え方の違いを実感させられます。

今日も土手の草刈、畑の手入れに勤しむ昔の青年たちです。私も腰痛がありますが、その痛みは彼らの比ではなく、まだまだひよっ子といったところです。昔の人はよく働きました。





今回は、ふと道端で見つけた最近のラップサイレージに触れたのをきっかけに、我が家の農業の歴史を少々書かせていただきました。これは自分にとってのまとめでもありますので、つまらない内容であればどうぞ読み飛ばしていただければと思います。






さて、それでは本題に戻りまして、FM軽井沢で放送されている「天地真理ミュージック・コレクション」の再放送に触れて参りましょう。

あ、そうそう。明日は「天地真理スクリーンコンサート」が東京新宿区で開催されるんですね。九州とか遠方にお住まいの方は、この催しに参加されるために既に出立されて今は雲の上かもしれません。

毎回、九州から飛行機でおいでになり、都内に1泊される方々を存じていますが、本当に頭が下がる思いです。彼らは真理さんの応援団として最も古い方々です。私のような最近復帰した者とは仕込が違います。そんな方々のためにも、明日のコンサートは是非成功させていただきたいものです。

あ、私ですか?済みません、明日はちょっと先約がありまして失礼させていただきます。コンサートの模様は別のファンクラブ会員の方からのレポートをお届けしようと思っておりますので、お許しを。





去る5月25日に放送された「天地真理ミュージック・コレクション」をお届けします。今回はシングルのB面コレクションとして、11枚目のシングル「思い出のセレナーデ」のB面に収録されている「私の場合」、そして「蔵出しコレクション」としては、ファーストアルバム「水色の恋/涙から明日へ」に収録されている「涙から明日へ」が放送されました。

それではどうぞ。






前回の放送分までは、昨年発売された、いわゆる新譜「天地真理オリジナル・ミュージック・コレクション」に収録された曲は再放送分から削除してお届けしておりました。しかし、発売から約1年が過ぎ、新譜という新鮮味がやや薄れて参っておりますので、これからはもっと身近にお聴きいただきたいという願いも込めて、この再放送で削除することなくお聴きいただくことに致します。これは著作権に触れる部分ではありますので、著作権者からのクレームをいただくに至った暁には即刻削除・修正しますことをここにお約束いたします。




今回お届けしました、11枚目のシングル「思い出のセレナーデ」のB面に収録されている「私の場合」、そして「蔵出しコレクション」としては、ファーストアルバム「水色の恋/涙から明日へ」に収録されている「涙から明日へ」については、このブログでも過去に触れて解説をさせていただいておりますので、お時間の許す方は是非こちらにもお立ち寄り下さい。下の文字をクリックしていただくとジャンプします。


2011.11.26 わたしの場合

2010.07.03 涙から明日へ




明日、6月1日の「天地真理スクリーンコンサート」を控え、不躾ながら一週間も前のFM軽井沢の再放送をお届け致しました。私の怠慢をお許し下さい。

明日のコンサートが盛会に終わることをご期待申し上げます。





さて、次回は、FM軽井沢の第36回の再放送をお届けする予定です。何やら6月からは特別の企画があるそうですよ。楽しみですね。

それでは皆さま、気長にお待ち下さい!









にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ25日

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード