天地真理スクリーン・コンサート ダイジェスト




【 通算317号 】

6月6日(木曜日)




去る6月1日に開催されました「天地真理スクリーン・コンサート」はこれまでにない盛り上りを見せたとお聞きしています。そう私スリーピーは所用で参加できませんでした。

参加はできませんでしたが、一般の方が多く参加されたと聞く今回の催しの内容をを同じく参加されなかった方々、そして、新たにファンになって下さる方にもお届けしたい、そんな気持ちから、「天地真理スクリーン・コンサート」の模様をダイジェスト版にまとめてみたい、そう思い立ちました。




1. 12枚目オリジナルLP 「私は天地真理」の位置づけ

天地真理さんのオリジナルアルバムは、これまでに13枚発売されました。その中で「私は天地真理」は12枚目に当たり、音楽的評価の最も高い作品です。

一方、この作品の土台となったコンサートは1976年4月 東京芝・東京郵便貯金ホールにて開催されましたが、この時期はシングルでは「矢車草」の発売時期と重なります。

当時の真理さんの言動からすれば「本当に素敵な曲が出来上がり、本当に喜んでいます」と仰っているように、1年前までの精神的な落ち込みも回復して「さあこれから」という意気込みが感じられる状態であったと思います。当時のラジオ番組から真理さんの意気込みをお聴き下さい。




また、このコンサートが催されたのは、その年1976年の暮れから始まる約3年の長期休養から約半年前の時期であり、真理さんの中に何か精神的な疲れがあったことは否めない事実だと思います。このことを知るファンの中には、このコンサート、そしてアルバムをお聴きになり「痛々しい」とお感じになる方もおいでになるようです。実は私も冒頭の「水色の恋」に始まる、1曲1曲を丁寧過ぎるほどに大事に歌う姿には、同じような痛々しさを感じざるを得ません。

このような背景を念頭に置きつつ「私は天地真理」のアルバムの全容をご覧いただきましょう。



lp_12_20120413001436.jpg


A面
1 水色の恋
2 童話作家
3 「いちご白書」をもう一度
4 春の風が吹いていたら
5 夏を忘れた海
6 お嫁においで
7 矢車草


B面
1 ひとりじゃないの
2 若葉のささやき
3 ふたりの日曜日
4 なごり雪
5 ウイスキーの小瓶
6 哀しきマリオネット
7 告悔
8 オー・マリヤーナ
9 矢車草(アンコール)




2. 会場となった東京新宿区立・角筈(つのはず)区民ホール


小ホールながら、ゆったりとした会場です。

tsunohazu.jpg

e-tsunohazu_photo01.jpg

e-tsunohazu_photo02.jpg




3. 第一部「天地真理スクリーン・コンサート」の進行

『ソニー提供の「私は天地真理」コンサート現場スチール写真(ポジフィルム約250枚)を1枚1枚丁寧にHDデジタル化し、......』と、OFFICIAL WEBSITE にありますように、曲の進行と共に会場の大画面に映し出される当時の真理さんのデジタル写真はまさに見応えのある、臨場感溢れるものであったことでしょう。

特に、冒頭の「水色の恋」「夏を忘れた海」でのピアノの弾き語りは見ものでしょうし、後半の真理さんオリジナル曲3曲での会場を歩いての歌唱では、真理さんの息のはずむ様子まで聴こえて来て、まさに会場と一体となった場面が目に浮かびます。

そして「告悔」での情感込めた歌唱や、「矢車草(アンコール)」での一般の観客が舞台に上がって真理さんの隣りで緊張した面持ちでマイクを握る姿、等々、迫真に迫る写真の数々が目に浮かびます。


そんなスクリーン・コンサートの模様をレポートして下さった方がいますので、その一節をご紹介させていただきます。


以下、レポートです。



『天地真理スクリーンコンサートに行ってきました。私が参加したのは11:30~の第一回目です。

参加者は230名の座席が9割ぐらい埋まっていました。今回はファンの方以外も大勢来ていました。

ファンクラブの人は会場で名前チェックして参加費を払いましたのでチケットは有りませんでした。チケットを持って来ていた人も結構見かけたので一般の人も多かった様ですね。だんだんと真理さんの歌の再評価が広まって来た様な感じです。

まず始めは、スクリーンコンサートですが、「私は天地真理」のCDに合わせて、その当時の写真を小まめにプロジェクタースクリーンに映し出していました。

真理さんの衣装は、前半の曲は襟のついた白いドレスで、後半はフリフリ3段の裾の薄ピンク色のドレスでした。

「オーマリアーナ」の時は後ろで当時で言うスクールメイツの様な出で立ちの方々が踊っていました。

太田裕美さんも応援に来ていました。終わりの方では「森光子」さんがステージに上がって真理さんを応援していました。

何と言っても圧巻だったのは、最後のアンコールの「矢車草」を歌う時、真理さんが「どなたかマイクを持って下さい。」と会場にお願いしたのに対して、マイクを持つフアンの方が映し出された時でした。

結構ハンサムな方で長島選手のような眉毛をお持ちで、水色のセーターに紺色のジーパン姿でした。かなり緊張した感じでマイクを持ってあげていました。今日参加した人たちは皆今更ながら羨ましそうでした。』


以上、レポートでした。


アルバムのジャケットでは見られなかった真理さんの衣装まで解説して下さり、また舞台の臨場感が伝わって来るようですね。




それではそんなコンサートで歌われた16曲をここでメドレー形式でご紹介して、一時でもコンサートの気分をこのサイトを訪れた方々に味わっていただきたいと思います。一応ワンコーラスまで載せてありますが、これだけ数が多いとたとえワンコーラスでも著作権の問題に発展するやもしれません。そのため期間限定でお届け致しますから、どうか限られた期間で存分にお楽しみいただきたいと思います。

それではどうぞ。







4. 第二部 ファン投票について

事前に期限を区切って募集された真理さんの歴代の楽曲の中からのファン投票でしたが、次のような結果であったそうです。


1位.あのすばらしい愛をもう一度 125票
2位.明日へのワルツ 119票
3位.銀座ひとりぼっち 87票
4位.花ひらくとき 69票
5位.あなたの故郷 45票

※投票総数1132票


そして、注目の真理さん自身がお好きな曲ですが、11時からの1回目のコンサートと、午後2時半からの2回目のコンサートとでは内容が違っていたそうです。次の様でした。

<1回目>

『木枯らしの舗道』
『シュガーベイビーラブ』
『あなたの故郷』

<2回目>

『想いでのセレナーデ』
『恋する夏の日』
『レインステイション』


うーん、私の好きな曲と重なるものがあり、何故か嬉しいですね。皆さんは如何でしょう?





さて、このファン投票についてもレポートをいただいていますので、ご覧いただきましょう。その模様がよく分かりますよ。


以下、レポートです。



『この時の司会はFM軽井沢の穂志野さんでした。ファン投票結果の発表後に、真理さんを初めとした方々の舞台挨拶がありました。

真理さん、真保さん、ファンクラブ事務局の方々がステージに出てきました。最初に真理さんの挨拶があり「皆さん大勢来てくれて本当にありがとう!」と言って涙ぐんでいました。とても幸せの様なお顔でした。

次に真保さんのお礼の挨拶。次に、そしてファンクラブ事務局からのお話があり「今日の参加費の中から1万円を東日本大震災の方への援助金に回させて下さい。金額よりも継続する事に意義があります。」と言っていました。これは、今まで森光子さんが行っていて、これを天地真理ファンクラブで引き継ぎたいとの事でした。それに対して会場の皆さんんから大きな拍手!森光子さんへの恩返しですね。


そして、スクリーンコンサートは終了し、会場の全員が舞台に上がり、真理さんを真ん中に据えて記念撮影を行いました。

一部に足の不自由な方がおられましたが、他のファンの方々の手助けをいただいて舞台に上がりました。新潟からお越しの外人の方も足元が悪かったので皆で舞台に上げてあげました。

記念撮影が終わって一人一人真理さんとお話が出来ました。皆さん話が長かったです。

先の外人の方はすぐに立てなかったので真理さんがとなりに座って英語でお話をしていました。真理さんは英語が結構出来るんですね。ジャズを何時も聞いているようなので英語が分かるんですね。真理さんの発音が結構良かったように聞こえました。真理さん、体調の影響で日本語だと話しにくそうな感じですが、英語になると流暢な発音でビックリしました。

真理さんは会うたびに何か元気になってきた様な気がします。3年後には「日比谷公会堂」で50人のオーケストラを呼んで歌を歌う目標を立てている様です。その案内チラシを一緒に送ります。』


以上、レポートでした。



また、Twitter 経由でいただいた情報でも次のようなご感想がありました。


『真理さん参加者全員と握手と言葉をかけてくれました。真理さんの優しさが伝わってきました。』

『退場間際、真理さんの微笑みが見られた。嬉しい。』






レポートの最後にご紹介のあった、会場で配られたファンクラブからの手紙をここでご披露申し上げます。紙面をクリックしていただくと大きな文字でお読みいただけます。

ちらし




皆さんはこのお手紙をどのように読まれましたか?寝ながら読んだって?ま、それはどうでもいいのですが、今回のコンサートが歌手『天地真理』の再評価を前面に打ち出しているのがお分かりでしょうか?

彼のレポートにもありましたが、真理さんの歌手としての評価がもっともっと高まることを私も願いつつ、このブログを書かせていただいています。




5. コンサートの後で

毎回、ファンクラブの催しの後には関係者による打ち上げがありますが、今回も約20名が会場となった「さくら水産甲州街道店」に集まったそうです。

あのメンバーです。盛り上がったことでしょうね。





さて、今回は、去る6月1日に開催された「天地真理スクリーン・コンサート」の模様を参加者からのレポートを頼りにご報告させていただきました。実際に参加しなかった私がまとめたコンサートの模様でしたが、如何でしたでしょうか?無理を承知で進めさせていただきましたので、お叱りは甘んじてお受け致します。ご勘弁を!




最後に今回のご協力をいただいた方々をイニシャルにてご紹介致します。有難うございました。

レポート F.Y. さん
Twitter Y.H. さん
Twitter W.S. さん
Twitter A.U. さん




さて、次回は、FM軽井沢の第37回の再放送をお届けする予定です。

それでは皆さま、気長にお待ち下さい!









にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ25日

コメントの投稿

非公開コメント

日比谷公会堂「天地真理音楽祭」について

chita さん、こんにちは

そうですね、50人のオーケストラ演奏は将来の目標として掲げるのはありだとは思います。でも、当面は chita さんが仰るようにギター1本、あるいはピアノの弾き語りがいいですね。

少人数でファンを前に歌っていただいて、機が熟したらオーケストラもありだと思います。でも、機が熟すとは音楽的に十分なレベルに達した場合であって、そうでない場合は無理に進める必要もないと思います。一度失った声を取り戻すことは容易ではないと思うからです。

「当時、世間の人は、そのように感じていなかったはず。容姿だけで、EP版が500万枚、売れるわけがない」この点も chita さんに同感です。音楽的なレベルは高かったのにいつの間にか(忙しく飛び回っているうちに)マスコミがそのようなレッテルを貼ってしまった。一般の方々は「そういえばそうね」くらいの感覚でマスコミの報道に賛同せず否定もせず、そのまま定説だけが独り歩きしてしまった。当時は今のように一般人が自由な発言をする場が少なかったのも大きな要因だと思います。そして、真理さん自身も発信する場が少なかった。マスコミの力に屈した。そんな流れではなかったでしょうか。

三年後なのか、今なのか、私は真理さんの体調次第、だと思います。体調とは声調も含んでいます。十分な準備をして、慎重に進めていただきたいと思います。これは全国に点在するアンチ真理勢力に騒ぎ立てるチャンスを与えないためです。

Re:「私は天地真理」の所以

 実は、私も、ファンクラブ事務局の3年後の目標には、ちょっと違和感を感じておりました。

 50人のオーケストラの演奏というのは、どのような意味が含まれているのでしょうか。だれが、そんな音楽を聴きたいのでしょうか。やはり、真理さんご本人が、大きなバンドのもとで、歌いたいのでしょうか。

 「歌に対する評価は今ひとつでした」という表現が、事務局の手紙にありますが、当時、世間の人は、そのように感じていなかったはずです。容姿だけで、EP版が500万枚、売れるわけがありません。大衆の心に響くものがあったのは事実であり、それ以上に何の評価が必要でしょうか。

 初コンサートを開いた日比谷公会堂でのイベントは、大きな意味がありますが、3年後というのは、あまりにも先の話です。すぐにでも企画していただきたいと思います。ギター一本で十分です。

 「真理ちゃんと日比谷でデート」の場面・・・凄い!!
http://www.youtube.com/watch?v=WJWMpxQtCHM

「私は天地真理」の所以

chitaさん、お早うございます。

あなたのコメントを読ませていただいて「ハッと」させられました。

そう「私は天地真理」の所以について触れるのを忘れていた、そして、その理由は、chita さんが仰るように「矢車草」の演奏に表れていたのだ、と。

「天地真理」は、アイドルとして国民的人気者となりました。それはデビュー当時の報道を見聞きしても「スジがしっかりとしている」とか「クラシック仕込みだから」などなど、歌唱力も評価されての出だしであったと思うのですが、それが中盤ではメディアへの露出が頻繁過ぎて、テレビに登場して歌う姿は決して100%の歌唱でない状態が続きました。その結果、種々のゴシップが飛び交ううちに、また酒井政利さんが仰るところの「業界からのねたみ」を買ってしまい「下手なアイドル」というレッテルを貼られてしまったという流れのように思います。

この「私は天地真理」では、そんな自分への評価を見直してもらいたい、「天地真理」はそんな下手な歌手ではない、ギターもピアノも弾けるフォークシンガーなのだ、と「天地真理」の再評価を訴えている、そんな作品なのかもしれませんね。

そんな真理さんであったのであれば、この作品の発表後の約半年後に長期休養に入らざるを得なかったのは残念です。でも真理さんも人間、精神的に勝てなかったのでしょう。今は、そんな真理さんの悔しいお気持ちを察してあげることが、最も喜んでいただけることなのかも知れません。

3年後の「真理ちゃんと日比谷でデート」については、実現してあげたい気持ちは大きいのですが、真理さんの体調次第であり、無理に声を出していただくのはお気の毒に思います。私としては既に大きな仕事を成し遂げた真理さんであれば、静かに平穏に過ごしていただきたいと思います。でも実現したら、こんな嬉しいことはありませんけど。

 リクエスト曲の投票に、私は、「レイン・ステーション」をコメントも書いて投票しましたので、真理さんの曲選のなかに入ったのは、嬉しいですね。

 ところで、「矢車草」のシングル盤は、「夕陽のスケッチ」と同様に、ジャンルとしては演歌になったように、私には思えるのですが、このライブを聴くと、真理さんとしては、本当はフォーク調に仕上げたっかったのに・・・という思いが、伝わってきます。

 新曲発売直前ならば、レコードと同じ演奏で歌い、キャンペーンするのが普通だと思われますが、あえてギターのみというのが、天地真理のこだわりだったのでしょうか。まさに、「私は天地真理」ですね。

 3年後の「真理ちゃんと日比谷でデート」も楽しみですね。

これからも

NOZIKA さん、こんにちは。

今、昼休みでご飯を食べながら、自分でアップした「私は天地真理」を聴いています。全部聴いても25分足らずの短縮版ですから、毎日でも気軽に聴いていただけると思います。

そんな身近な存在に、真理さんも「もの想う季節」もなっていただけると私も嬉しいです。

これからもブログは続きます。どうぞ、気長にお待ち下さい。

ではまた。

No title

スリーピさんはじめまして。。(・∀・)
去年の秋頃 ふっと見たYuuTubeで真理さんにはまり・・こちらのブログで色々学び、今ツイートで真理ちゃん好き(´ε` )好きと呟いているビギナーフアンです。毎回の更新、有り難く何時も楽しみにしてます。o(^o^)o
今回のコンサート行けませんでしたが、こうして公開頂くと参加した気分になり嬉しくなります。(^^♪
本当にありがとうございます(=^0^=)
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード