海にたくした願い




【 通算321号 】

6月21日(金曜日)




新緑の季節、皆さま如何お過ごしでしょう?

私は今、自転車と電車による通勤を諦め、マイカーで片道50分余りを通勤しています。車で50分走ると、その距離は大変なものになります。

実は今日、愛車のエッセの車検を受けて参りましたが、7年目の車検で走行距離が13万キロになりました。7年で13万キロですから、年間2万キロ近く、月に直せば1500キロ位になります。

あれ、済みません。遠距離通勤のお話をしたかったのではありません。運転中の50分をどう過ごすかをお話したかった。




ここのところ、その往復100分余りの時間を使って、真理さんの5枚目のアルバム「若葉のささやき/さよならだけを残して」を繰り返し聴いています。ちなみに、この5枚目のアルバム(実際は、プレミアムボックスのDISC5の前半ですが)の全体構成は次のようです。


若葉のささやき


A面
 若葉のささやき
 学生街の喫茶店
 冬物語
 若草の髪かざり
 さよならだけ残して
 海にたくした願い

B面
 さびしかったら
 ギターをかかえて
 遠い夏
 ミモザの花の咲く頃
 いつもの曲り角
 さくら貝





冒頭で、新緑と申し上げましたが、新緑と言えば5月から6月前半です。6月も後半となれば初夏と言える段階ですね。でも、このアルバムを聴いている限りは、常に気分は新緑なのです。


そんなアルバムの中から、私がお届けしたいのは

海にたくした願い

です。





この曲は何と言ってもイントロが爽やかです。通勤途中に運転しながら、このCDを聴くのですが、私は歳に似合わず大音量で聴いています。でも、この曲が始まると更にボリュームを廻している自分がいます。


さびしい夜に 手紙を書いた

出す人の無い私だけれど

貰い手のない私の手紙

海に流そう、さざ波の中





この詩を読んでいただくとお分かりのように、この曲は手紙を題材にしています。



今や、e-mail や Twitter、またまた、Line などが便利に使えて、地球の裏側へさえ、本の数秒で手紙を出せる時代にあっては、昔ながらに書面を準備する、このような時代は懐かしい限りですね。

そんな渾身の一枚を書いて、郵便局まで汗をかきながら自転車を漕いで、ポストに投函する時の喜びは、胸ワクワクの楽しいひと時です。そして、その手紙が数日後に先方に届けば、どんな反応を示すだろうか、と想像するのも、これまたドキドキ楽しみです。更に、その返事の到着を待ち侘びる心配の気持ちは、皆さまご存じのカーペンターズの「Please Mr.Postman !」によく表れていますね。



私が青春時代を過ごした昭和50年代は、まだ携帯電話も普及が始まったばかりの時代でしたので、当時の連絡の手段は有線電話でした。当時はダイヤル式の黒電話で、夜中の11時頃に相手の呼び鈴を1回鳴らしてガチャンときります。すると先方から折り返しの電話が掛かる、それが二人の合図でした。毎日の話題なんて他愛のないものですが、その電話の時だけは普段無口な私が流暢になる、不思議な時間でした。

筆不精な私たちは手紙と言うものを書くことは余りありませんでした。それはお互いに誤字脱字があったら、相手に嫌われる、そんな心配があったのかもしれません。いや、実は似たもの同士の無精者の二人だったのです。後になって一緒に生活してみて分かったことですが。






詰まらない、話題で失礼しました。

それでは「海にたくした願い」をお聴きいただきましょう。keisukedappe さんの作品からどうぞ。








今回は、この数日聴き続けている「若葉のささやき/さよならだけを残して」というアルバムの中から1曲をお届けしました。

今後、順番にCDを聴き続けて、気に掛かった1曲をお届けしたいと思っています。どうぞ、気長にご期待下さい。









さて次回は、本当にFM軽井沢の第39回の再放送をお届けする予定です。

それでは皆さま、さよなら!




にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ25日

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 私もプレミアムボックスを今も聴いています。

Fumio さん、お早うございます。

「今も」と仰るプレミアムボックスですが、最近思うのです。今から40年も前のあのサウンドが音質も良く違和感なく聴ける。これは素晴らしいことだと。

写真で見る真理さんは、色褪せた色彩であったり、はたまた白黒であったり、時代を感じさせるのですが、こと音質となると、今の時代に登場させても遜色ないサウンドと声質なのです。

しかも、当時のヒットチャートに上らなかった曲の中に良いものがたくさんありますね。私も首都圏の主な放送局や地方局で、真理さんの「蔵出しコレクション」を掛けてもらおうと試みてはいるのですが、もしそれが成功すれば「天地真理がこんなにも良い曲を」という反響が来ること間違いなしです。

ところで、真理さんの写真が色褪せていると申しましたが、marist さんの手に寄って、それらの写真の一枚一枚が輝きをもって再登場されていますね。marist さんのページ「夏を忘れた海」へ皆さんもご一緒に。

http://homepage3.nifty.com/knd/mari/index.html

私もプレミアムボックスを今も聴いています。

スリーピーさん こんばんは!

私は仕事の帰りにいつもラジオのNHKを聴きながら帰るのですが、話題に興味が無い時は真理さんのプレミアムボックスを聴いています。
プレミアムボックスはチョット前までは毎日帰りに聴いていたのですが、たまには民放を聴いて見ようと思いラジオを聴き始めたのですが話題がどうでもいい内容が多くてNHKを聴き始めました。
それでも、ニュースは聴きますがやはりその他の解説番組以外は飽きてしまいます。
そんな時は真理さんのプレミアムボックスを順繰りに聴いて一日の心の疲れを癒しています。
考えて見ると真理さんがデビューした時よりももっと聴いていますね。
癒しの真理さんです。

そして、夜の11時の黒電話のお相手とは誰かなぁ〜…
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード