夢ほのぼの

4月6日、本日のお題は「夢ほのぼの」



アルバム単位で、真理さんの曲をご紹介する今回の企画、今、アルバム「童話作家」に収録されている曲をご紹介しています。


真理さんの13枚目のアルバム「童話作家」のおもて表紙と、収録の構成は次のようです。

lp_13.jpg

A面
 童話作家(ワンコーラスのみ)
 出不精のピーターパン
 返信
 ひこうき雲
 二月の風景画
 風花(かざばな)のさよなら 
 童話作家(フルコーラス)
B面
 夢ほのぼの
 矢車草
 愛がほしい
 海辺まで10マイル
 一杯のレモンティー
 愛の渚


本日のご紹介は、「夢ほのぼの」です。

さあ、本日より、このアルバム「童話作家」の後半B面です。このアルバムの特徴として、いわゆるシングルとして発表された曲が6曲も入っているのですが、それらはいずれもB面に廻され、A面はすべてシングルとして登場したことのないオリジナル曲で占められていることです。それほどにA面に収録された曲たちは完成度が高く、何れもシングルリリースが可能な素晴らしい曲の集まりであると言えると思います。

これからお届けするB面に収録されている6曲は、何れもシングルリリースされた曲ばかりなのですがその発売時期、販売実績は次の通りです。

矢車草/一杯のレモンティー 発売:1976年4月21日/販売数:2.3万枚/オリコン最高順位:50位
愛の渚/愛が欲しい     発売:1976年7月21日/販売数:2.8万枚/オリコン最高順位:51位
夢ほのぼの/海まで10マイル 発売:1976年12月5日
(夏を忘れた海 - 天地真理のページ - より抜粋)



それでは、本題の「夢ほのぼの」について、触れて参りましょう。

先に「二月の風景画」が、彼女の3年間の休業に至るカギとなった曲であるとお伝えしましたが、実際に真理さんが入院生活に入るのが、1977年1月であるのに対し、この曲のリリースが1976年12月5日となっており、まさに3年間の休業に入る直前のシングルリリース曲であります。TBS水曜劇場の『ふたりでひとり』の劇中歌としても歌われました。TBS水曜劇場は『時間ですよ』でお世話になった番組、彼女にとっての故郷ですね。


それではお聴き下さい。出典は、JPSong4U さんの作品です。





夢ほのぼの

作詩:橋本 淳
作曲:小林亜星
編曲:森岡賢一郎

坂道を登ればアパートの灯りが
木枯しにふるえて淋しくゆれていた
幸せをねだることさえ知らない私が悲しくて
一人寝の夜なら来ないで

仲のいいあの娘と女同士で話した
恋人ができたら分かれて暮らそうねと
ひざを組み湯上りのまま
髪をとくあの娘がまぶしい
あなたの面影がちらちら

花模様の寝間着が似合わない年頃
真夜中に目覚めて心も風邪を引いたわ
故郷に帰るつもりも今更私はないけれど
一人寝の夜なら来ないで


如何でしたか? しっとりとして落ち着いた曲ですね。販売は芳しくなかったのですが、もともとフォーク系が好きな彼女にとって、ご自分の好みを前面に出した曲のように思えます。恋人のいない彼女を想っての曲ですが、自分は幸せなはずなのに何故か淋しい、そんな曲です。「矢車草」もそうなのですが、私は賑やかで元気な曲よりも、こういった落ち着いた曲が好きです。そういう意味で、この「童話作家」というアルバムを何度も何度も私は聴いています。




次回は、「矢車草」です。どうぞ、お楽しみに!



コメントの投稿

非公開コメント

Re: 『二月の風景画』へのコメント

ひこうき雲さま

4月6日からコメントいただきながら、拒否されていたこと、誠に申し訳ございません。ただ今、設定変更しましたので、今後はこのようなことが起きないようにしたいと存じます。万が一、修正不十分の場合はご一報下さい。

以下、ひこうき雲さまのご投稿です。

> きのうから何回も『二月の風景画』の方にコメントしようとしたのですが、なぜか投稿できません。「スパムメールと判定されました」と出てきます。そんなに怪しいでしょうか?
> というわけで、こちらに投稿し直してみました。成功を祈って・・・〈送信〉
>
> >>>>>>>>>>>
>
> 『二月の風景画』そのものからは離れてしまいますが、真理さんの入院の原因について、Shiolaboさんが公式発表である「甲状腺機能障害」に対し「懐疑的」と言っておられることについては私も共感するところがあります。ただその後の三年間復帰できなかったこと、その間盗撮された写真を見ると外見から明らかに病的だと考えられる時があったこと、そうしたことを総合的に考えれば、何らかの心身のトラブルがあったことは事実だと思います。その原因については諸説ありますし、ナベプロとの確執もよく言われているところですが、すべて推論です。私自身の推論もありますが、一方でそれでは説明できない事実もあります。結局、真実は真理さん自身にお聞きするしかわからないのではないでしょうか。

こんばんはー!!

今日はASOSAN と合体してるパワー全開の愛ですっ(笑)
スリーピーさまにも、ブオーーーーー☆ 届いたかな~^0^?

スリーピーさまのブログ、これ以上美しくまとまったら、緊張してコメント書けなくなってしまうぅ・・・なので読書は禁止ですよ。ひらがなが好きですー
それにしても・・ 謹慎中さまやshiolaboさまのように、これ以上はないと思われる程、冷静かつ的確なご意見を寄せてくださる方々に恵まれている事、これはスリーピーさまのお人柄ですね・・人は宝物ですから(印象的な表現っ)大いに自慢できることですよ!おかげさまで私は、真理さんのうたの一つ一つが、たいへん味わい深いものとなりました。

わわ、春の風さまではないですか! こんなところで発見^^
メロンママが待っていらっしゃるのに・・・ お顔見せてあげてくださいね!

Re: 夢ほのぼの

春の風さま

「夢ほのぼの」へのコメント有難うございます。

今後とも、真理さんの話題や、季節の話題があれば、
書き込んでいただけると嬉しいです。

よろしくお願い致します。

『二月の風景画』へのコメント

きのうから何回も『二月の風景画』の方にコメントしようとしたのですが、なぜか投稿できません。「スパムメールと判定されました」と出てきます。そんなに怪しいでしょうか?
というわけで、こちらに投稿し直してみました。成功を祈って・・・〈送信〉

>>>>>>>>>>>

『二月の風景画』そのものからは離れてしまいますが、真理さんの入院の原因について、Shiolaboさんが公式発表である「甲状腺機能障害」に対し「懐疑的」と言っておられることについては私も共感するところがあります。ただその後の三年間復帰できなかったこと、その間盗撮された写真を見ると外見から明らかに病的だと考えられる時があったこと、そうしたことを総合的に考えれば、何らかの心身のトラブルがあったことは事実だと思います。その原因については諸説ありますし、ナベプロとの確執もよく言われているところですが、すべて推論です。私自身の推論もありますが、一方でそれでは説明できない事実もあります。結局、真実は真理さん自身にお聞きするしかわからないのではないでしょうか。

夢ほのぼの

こんばんは。
この「ふたりでひとり」は1976年~1977年に放送された
スポーツドラマですね。(主演・小川真由美、山城新伍、放送回数20回)
もちろん真理ちゃんもレギュラー出演していました。
そして挿入歌に「愛ほのぼの」が使われていましたね。
真理ちゃんの歌うこの曲はあんとも暖かみのある歌唱です。
真理ちゃんが歌うことによってこのドラマをいっそうひき立てて
いたに違いありません。

プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード