私は天地真理・スクリーンコンサート・2014.02.23 のレポート




【 通算373号 】

2014年3月5日(水)




2014年2月23日(日)の午前11時20分頃、私スリーピーは東京都杉並区は阿佐ヶ谷北にある賃貸マンション「聖観ビル」の前に到着しました。

そう、この日は「私は天地真理・スクリーンコンサート」の月に一度の上映の日でした。




こんな滑り出しで、今回は


★天地真理 スクリーン コンサート 

『私 は 天 地 真 理』

1976年4月東京郵便貯金ホールでのリサイタルの記録




2月上映会について、現場から少しだけレポートさせていただきます。




レポートと申しましても、会場に入って早々「作品の録画、録音、撮影、等々は固くお断り致します」とスタッフの方からのご注意がありましたので、その要請を破ってまで作品の内容をご披露することは致しません。あくまでさわりの部分、具体的には

会場までの道順
スタッフの方々の準備の様子
上映前の会場の様子、等々


についてレポートさせていただきます。



それでは早速スタート


1、会場までの道順

JR阿佐ヶ谷駅の北口から、スクリーンコンサートの会場である「アートアニメーションのちいさな学校地下劇場」(聖観ビル地下1階)までの道順を簡単な地図にしてみました。ちょっと見づらいかもしれませんが、地方にお住いの方が会場までの風景を味わうには何とか使えるかも、です。写真をクリックしていただくと拡大されます。

          776c2616.jpg 415b46af.jpg

asagaya-map-1.jpg

              ddb5dcae.jpg 326da722.jpg



watasiha poster
ラピュタ阿佐ヶ谷で見つけたポスター



上映会場へのご案内




2、スタッフの方々の準備の様子

スリーピーの住む地域の最寄の駅から、東武線の北千住までの直通電車を利用したくて、早めの電車に乗った私は、北千住から地下鉄東西線経由で阿佐ヶ谷駅に11時には着いていました。その北口から上記の地図に沿って、10分くらいで会場に着きました。

予定では12時40分に開場、13時からの上映となっておりましたから、1時間以上も前に到着したことになります。

時間を持て余したスリーピーは、近くの商店街をふら付き、そこで見つけた古本屋にしばらく入り浸りましたが、12時頃に会場に戻りますと、間もなくファンクラブのスタッフ(真保さん含む)3名が到着。早速、催しの準備に入ります。

準備と言いましても、地下の劇場はスクリーンがすべてですので、特別な飾りつけはありません。入口の受け付けテーブルにCDを並べたりといった作業、そして、地上の入口にある掲示板や看板にポスターを貼ったり、CDプレーヤーを設置して、真理さんのヒット曲を演奏したり、といった作業でした。

スリーピーはポスター貼りを少しだけお手伝いでした。

entrance.jpg




3、上映前の会場の様子

そんなお手伝いはあっという間に終わり、手持ち無沙汰なスリーピーは開演までの30分余りを入口の近くで、メールの処理をしたり、好きなオークションに入札したりして過ごしたのですが、それは会場前に展示した天地真理さん関連の展示に対する通りを歩く方々の反応を観察する機会にもなりました。

そんな方々の中で中年以上の方は「あら、天地真理ね」といった平然とした反応が多かったのですが、若い方々の反応では「えー、天地真理だって」といった驚きを交えた反応が多かったように思いました。

上映開始の数分前に会場に入ったスリーピーは観客席の後方に陣取り、今回で2度目の会場の内部や参加された方々の顔ぶれを観察します。

会場はゆったりとした大きめのシートが50席余り並び、楽ちんに鑑賞できる雰囲気です。スクリーンは小さいながらさほど違和感は感じませんでした。

ご来場の方々約15名の中には残念ながら、女性やお若い方の姿は見られず、ほぼ全員が中年以上の男性でした。


naibu.jpg






4、上映スタート、そして、........

そうこうしているいる内に、内部の照明が暗くなり、いよいよ上映会の始まりです。

冒頭で書きましたように、作品の記録は一切許されていません。残念ですが、上映内容についてこれ以上のご披露は出来かねます。






以上、今年1月より始まった私は「天地真理・スクリーンコンサート」の定期上映会2月開催分の模様をかいつまんでレポートさせていただきました。本番をご覧になられていない方、是非とも阿佐ヶ谷へお越し下さい。




レポートを通じてスリーピーが感じましたのは、この世の非合理、そして、地道に活動を続けられるファンクラブの方々への感謝でした。

表通りで感じた、未だ世に蔓延る「天地真理アレルギー」、しかも若い方々に多いようです。これは酒井正利さん曰く「業界の嫉妬」が原因とされていますが、40余年を経た今でもそんな固定観念が払拭されず、誤解を受けている天地真理さんが気の毒でなりません。

そんな状況を改善すべく「天地真理の再評価」を目指して活動されているファンクラブのスタッフの皆さまのご努力に頭が下がります。

今回、ご鑑賞いただけたお客様の数が少なかったのはこれも残念ですが「地道な活動には忍耐が必要なんだな」とスタッフの皆さんに改めて「お疲れ様です」と申し上げたいスリーピーでした。










さて次回は本当に「天地真理ミュージック・コレクション」第75回の再放送をお届けする予定です。


皆さま、どうか気長に気長にお待ち下さい。














にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ25日

コメントの投稿

非公開コメント

Re: イベントの開催時期

chita さん、こんばんは

はは、なるほど!今回は2月末という、いろいろな面で忙しいさ中での開催であったのでしたね。まだまだ寒さが抜けないこの時期では外出さえままならない、そんな状況を忘れていました。結果だけを見て、悲観的になってしまったことを反省しています。

今回の記事内容に対しまして、皆さまから「それなら自分が参加して数字を上げてあげよう」といった積極的なお気持ちが芽生えて、少しでも多くの方に会場まで足を運んでいただく切っ掛けになれば幸いです。




イベントの開催時期

 年度末は、一般的に仕事が忙しいが、今年は、製造業、建設業、流通業など特に忙しい。学生も、入試などで何かと忙しい。
 
 それに輪をかけて、関東地方は大雪被害、寒さも続いており、外出も控え目。さらに、増税前のため、買い物に出かける人が多いなどなど。

 このため、2月、3月の日曜お昼のイベントは、開催の周知がなされていたとしても、集客数を確保するのは、大変難しいことかと思います。

 どんなイベントでも、それを運営する側の人にとっては、結局、集まった人の数でしか、達成感、満足感が得られないかもしれません。

 しかし、この上映会については、集客数がどうであれ、毎月1回、この上映会を開催しているということだけでも、大変、意味のある画期的なことであり、直接、会場に足を運ばなくても、天地真理さんの歌の再評価に大きく結び付いていると思います。
 

Re: レポート大変ありがとうございます‼

Fumio さん、こんばんは。

コメント、有難うございます。

Fumio さんのように、日曜日の都合が合わないという問題もあろうとは思いますが、作品の性格上、一度観てしまえば、二度三度と足を運ぶ内容でも無いように思われます。私とて、今後の上映会へ足を運ぶかどうかは未定です。

新しい方々に上映会の存在を広める次の一手が必要なのかもしれませんね。何れにしましても、運営される方々のご苦労が最大限に活かされる方向性が欲しいですね。

レポート大変ありがとうございます‼

スリーピーさん こんばんは!
阿佐ヶ谷のレポートありがとうございます‼
私も行きたかったのですが次の日は会社なのでこのポンコツの体にはチョット厳しいスケジュールとなってしまいます。
なのでスリーピーさんのレポートは本当に助かりますね。
以前は土曜日にスクリーンコンサートをやっていただいた時は私も行けましたが残念ながら日曜日になるとね…
スリーピーさんのレポートはなかなか臨場感があって楽しめました‼
私を含めて年配の方は真理さんの事を懐かしがりますが若い世代の方達は時代の流れも有ってあまり馴染めないのも致し方無い事ですね。
でも、でも、私は何時迄も真理さんを応援して行きますよ!
そして真理さんの再評価がもっと広まるように期待しております。
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード