スリーピーの秋祭り 2014




【 通算405号 】

2014年9月18日(木)



今年は平成26年ですね。最近、ふと分からなくなることがあります。

昭和の時代は西暦から25を引けば、昭和の年号が出てきました。例えば、私の生まれは1959年ですが、25を引きますと1934となり、自分の生まれ年、昭和34年を出すのが容易でした。

ところが、平成の時代になりますと、そうも簡単ではありませんでした。息子の生まれた1989年が平成元年なので、2014年の場合は、2014から1988を引くという難しい引き算をやっていたからです。でも、今さっき気づきました。平成の場合も、西暦に12を足すと、平成の年号が出てくるのだと。私にとって小さな発見です。この記事を書いているお蔭で、少しだけ頭を使い、ひとつ利口になりました。これからは迷わなくなるかな?



さて、今回は、スリーピーの地元で行われた、秋祭りについてのご紹介です。

私の住む地区は、鹿沼市の山間部に位置しており、余り大きな行事ではありませんが、昔からの伝統的な祭事が数多く行われています。これは私の住む地元に限った例ですが、この夏の2か月の内に3件が集中して到来します。

今で言えば、私の住む地区は自治会、そしてその集落は支部と呼びますが、昔は地区を字(あざ)と呼び、そしてその集落は部落(ぶらく)と呼んでおりました。

8月23日 部落で、子宝の神様の祭典
8月31日 字で、地元神社の例大祭「風祭」
9月14日 字で、神輿を担いで練り歩く秋祭り「八坂祭典」


最初の子宝の神様の祭典は、神社の境内を掃き清め、お神酒をいただきながら、部落の住人と飲食を共にするだけですので、数時間で終わるのですが、後の2件は役員としての参加で、朝から晩までのお付き合いで、正直なところ、へとへとでした。

そんな負担の大きな行事ではありますが、やはり地元にとっては避けては通れない伝統ですので、ここで少しだけ写真で記録に留めたいと思います。写真の羅列で恐縮です。(写真をクリックしていただくと拡大されます)


風祭
P1000238a.jpg
大きなのぼりは立てるだけも重労働

P1000248.jpg
神前に供物の数々

P1000249.jpg
玉ぐしもその日の手作りです

P1000265.jpg
夕刻に火を灯す灯篭たち

P1000266.jpg
スリーピーの作品です、恥ずかし




八坂祭典
P1000253a.jpg
神主による神輿への祈祷

P1000259a.jpg
地元囃子連による演奏


長々と失礼しましたが、何となく雰囲気をご理解いただけましたでしょうか?





最後は真理さんの曲で締めたいと思います。

イントロが印象的なこの曲「返信」が今日のテーマです。スリーピーの2010年の作品からどうぞ。



この曲名と、真理さんの亡くなられたお母さんとの間に、関連があるのかどうかは分かりませんが、元気で迫力のあるイントロで始まりながら、曲の中身は娘から母への語り掛けで終始している、そんな意味深な曲でもあります。



今回は、スリーピーの秋祭りについてレポートさせていただきました。

今後もこのような気ままな内容ですすめさせていただきますので、今後ともどうぞよろしく!







にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ25日

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード