真理さんと「アナと雪の女王」




【 通算421号 】

2014年12月19日(金)



真っ白な男体山、女峰山。今朝の日光連山です。

P1000051a_20141219121318cee.jpg





さて皆さん、この季節に相応しい3Dアニメ映画「アナと雪の女王」はもうご覧になりましたか?

2013年11月にウォルトディズニーによってアメリカで公開されたこの作品は、日本語に訳されて2014年初頭から公開されましたが、徐々に人気が上がり、3月から6月頃まで、興行収入第一位を独占しました。

7月にDVDが発売されて、益々その周知度を高めたこの作品でした。


さて、何故ここで「アナ雪」なの?という疑問ですが、初老のオジサンには、このようなアニメ映画の存在すら知らない状態でしたし、たとえ知っていても映画館に足を運ぶことなどあり得ないはずでした。

そんな私が足を踏み込むことになった切っ掛けは、友人から「アナ雪」のDVDを借りたことに始まります。いつもの流れでコピーを作成して、原本はお返しし、後でゆっくりと観ようとカバンに仕舞い込んでおりました。ある夜に思い出して、夜11時過ぎに「少し観てみよう」と再生を始めたのがいけなかった。約1時間42分の間、パソコンの画面にくぎ付けになりました。やっと終わって就寝できたのは午前2時ごろだったように記憶します。

何が良かったのだろうと、考えてみますと、

映像の美しさに圧倒され
テンポの速さに引き込まれ
声優の声の清々しさに魅了され
声優の歌う、歌唱が耳に残り

翌日から、場面を区切って、繰り返し観るようになりました。これまでに10回くらいは観たでしょうか。



さてさて、何故ここで「アナ雪」なのかという疑問に再び帰りますが、その切っ掛けは、姉の「エルサ」が戴冠式に臨むに当たり、幼い頃から王国の民に知られないよう隠してきた魔法の力が暴かれてしまい、追われて雪山へ逃れる途中で歌った「ありのままに」という歌唱に私が魅了されたのがそもそもです。

それが日本語吹き替え担当の、松たか子さんの歌唱であることを知り、それを友人との話題に持ち出し、「何故、松たか子は持ち歌として歌わないのだろう?」という、疑問をぶつけたところ、返ってきた答えが「本当は下手なので、ステージで歌うとボロが出るからだろう」という、ある意味の悪口から始まります。

その時、「そういう条件を整えないと上手く歌えない歌手もいるし、常に備えられる歌手もいるね」というのが私の答えで、とっさに思い出されたのが天地真理さんでした。





さて、一気にお話を進めてしまいましたので、ここで問題となりました、松たか子さんの素晴らしい歌唱の部分をお聴きいただきましょう。再生開始後、1分13秒から20秒前後に日本語の松たか子さんが登場します。





作品の中で松たか子さんが歌う「Let it go !」全般をお聴きになりたい方はこちらのサイトへどうぞ。(下の文字をクリック)

「アナと雪の女王」ミュージック・クリップ:♪Let It Go/エルサ(松たか子)



そして、松たか子さんご本人のお姿

クリップボード01





お聴きいただき如何でしたでしょう?

25か国語の中で日本語の美しさが評判になったとのことで、その上に松たか子さんの心に染みる歌声が印象に残ります。





さて、本題に戻りますが、冒頭でお話しした「条件を整えないと上手く歌えない歌手」というくくりで、この話題と天地真理さんを結び付けてしまう私スリーピーは、もしかするとアンチ天地真理なのかも知れませんね。

でも、私はこんなブログを書きながら、天地真理さんべったりになるつもりはありません。彼女の賞賛されるべきところ、そして、非の部分もきちんと整理したうえで、天地真理さんを評価したいと思うのです。

それは真理さんの歌唱法であるファルセット(裏声)を常時使用することの不安定さを確認することです。

私たちがカラオケで時折、声が裏返ることがありますね。あの裏返りを常時使うとしたら、その音程を安定させることは容易ではありません。その困難な状況を常としていた真理さんは、それだけでも立派だと私は思いますし、十分なリハーサルもなしに、目の回る忙しさでテレビ局を駆け回った当時の真理さんであれば、息が収まらない内にファルセットをやらされては、上手く息を制御できずに「恋する夏の日」を歌った当時のテレビ映像のように、聴くに堪えない場面も多々発生したのは止むを得なかったと、私は思います。

一方、真理さんのプレミアムボックスを全巻、車内に置き、年中聴いている私にすれば、真理さんの歌唱は聴くに心地良く、元気が出て、落ち込んだ私が何度救われたか分かりません。


以上をまとめますと、不安定な歌唱法を駆使してアイドルの頂点に登り詰めた天地真理さんではありますが、その不安定さのまま、度々テレビに登場したために、最終的には「歌の下手な歌手」というレッテルを貼られて、事実上、歌謡界から追放されてしまっているのが現状と思います。そんな彼女の悪い面ばかりを捉えて、批判する輩の多いことも否定できない事実ではあります。

でも、そんな彼女の置かれた状況を正しく理解した上で、彼女を応援して行くことが、揺るぎないファンの務めではないかと思うのです。「昔、真理ちゃんは可愛かった。」だけでファンを続けるだけでは、そんな批判する輩に対して反論ができません。

偉そうなことを申し上げました。お許し下さい。



最後はこの季節に相応しい真理さんの曲で締めましょう。

それは

冬物語

KANBANOTOKO2 さんの作品からどうぞ。







2014年12月13日 第116回の再放送

保志野弓子さんによる気ままな話題/ウイスキーの小瓶、なごり雪、子守唄「母の愛」


<Windows Explorer, Lunascape 等のブラウザではこちらから>

音楽を聞くにはプラグインが必要です



<Google Chrome,Mozilla Firefox, Opera 等のブラウザではこちらから>









2014年12月06日 第115回の再放送

保志野弓子さんによる気ままな話題/10月5日天地真理音楽祭2014東京・真理ちゃん43年祭から天地真理スペシャルバンド演奏(2回目)
掛かった曲/Everything、ありがとう祈り、天使の約束


<Windows Explorer, Lunascape 等のブラウザではこちらから>

音楽を聞くにはプラグインが必要です



<Google Chrome,Mozilla Firefox, Opera 等のブラウザではこちらから>





にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ25日

コメントの投稿

非公開コメント

Re: わ~い!うれしいな。

熊さん、こんばんは!

私も同感です。真理さんの真価をもっともっと日本中に知って欲しいですね。

わ~い!うれしいな。

大好きな冬物語ありがとう!
私には悲しい歌には聞こえないのです。この歌を聴くと、清楚な気持ちになり、春よ!早く来て、となるのです。真理ちゃんはただの恋愛歌を歌ったアイドル歌手には聞こえません。
私は難しい音楽論は分かりませんが、人の感情・機微が表現できてこそ歌手なのだと思っています。
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード