2014年の大雪を思い出しつつ「夢ほのぼの」




【 通算430号 】

2015年2月20日(金)




2月19日の朝、期待と不安を抱いて雨戸を開けてみると、そこには薄らと雪らしいものがあるだけで、積雪と言えるものはありませんでした。

この時期、思い出しますのは昨年2014年の2月15日の大雪です。

あの日は丁度土曜日、不幸にも出勤日に当っていましたので、朝同じように雨戸を開けた時は「落胆」の一言でした。

ビニールハウスは倒壊するわ、電話線は断線するわ、その上、生活路を絶たれました。

軽い粉雪であれば問題ないのですが、あの時は湿ったみぞれ状の雪で、かき氷をサクサク食べる様相でした。スコップひとつひとつが重く感じられ、角道300mの除雪など気が遠くなる思いでした。

幸い、会社は休みになりましたが、持病の腰痛をかばいつつ、角道の除雪を終えたのが夕刻の5時過ぎで、疲れ果てて自宅に戻り、パソコンの前に座りました。そう、その日はFM軽井沢の放送の日だったのです。

疲れを癒してくれるはずの放送でしたが、開始時間になると期待していたテーマ音楽は聴こえず逆に無音状態に陥りました。15分間こんな状態。15分後の午後6時には普通に時報が聴こえましたので、これは放送事故だろうと、早速FM軽井沢へメールを送ったのです。このメールが功を奏したのか、複数の方からのお申し出もあり、翌週の再放送と相成りました。

その雪との格闘の模様、ヨロシかったら、こちらからお寄り下さい。

2014年、雪との闘いの様子





ということで、1年前の悪夢を思い出しつつ、目覚めた19日の朝でしたが、天気予報は外れたものの、確かに積雪はありました。それは我が家の眼前にそびえる少し高めの山々にです。

その模様を記念に掲げておきます。

P1000255ab.jpg
眼前に山々、しかも白い頂が


P1000258a.jpg
雪は遠くに眺める程度で十分ですわ



如何でしたでしょうか? 景色としては美しい雪も実生活の中では厄介者ですね。それにしてもこの程度で良かった!








最後は真理さんの曲で締めたいと思います。

19日の日中は3月並みの陽気で暖かい一日でした。そんな日に相応しい作品を、13枚目のアルバム「童話作家」から選びました。それは、

夢ほのぼの

久しぶりに(というか、この作品は私のアレンジに無いので、要は手抜きです)、Youtube から作品をお借りしてのご紹介です。ma4ever100 さんという方の作品なのですが、この方、たくさんの作品をアップしておられます。それはそれで有難いのですが、昨今の著作権に関わる取り締まりの厳しさの中、被害に遭われないことを祈ります。












今回は「天地真理ミュージック・コレクション」の再放送の第5回目です。
お楽しみ下さい。



2012年10月27日 第5回の再放送

シングルコレクション/ふたりの日曜日、蔵出しコレクション/花嫁


<Windows Explorer, Lunascape 等のブラウザではこちらから>

音楽を聞くにはプラグインが必要です



<Google Chrome, Mozilla Firefox, Opera, Safari, 等のPC用ブラウザ、スマホ用ブラウザ, 等々ではこちらから>






最後になりますが、このブログ上での再放送開始を受けて、このブログのインデックス的位置づけのHP「癒しの天地真理」での再放送が無くなりましたので、これまでのように、ブラウザの違いによる入口の違いも気にする必要がなくなります。

今後はどのブラウザをお使いになる場合でも、こちらの入口からお入りになれます。

『癒しの天地真理』への共通入口




2月も間もなく終わりに近づき、春の足音が段々大きくなりますね。

これからが天地真理さんの季節本番とも言えるかもしれませんが、スリーピーは逆に忙しくなるのが辛いです。嬉しさも半分ですが、私にはやることがまた増えたように思います。前回の記事でお伝えした「獣が増えて人間の敵になりつつある現状」を見てです。まー、山に遊び気分で入ろうかな、って思ってます。

どうなりますことやら?

ではまた!












にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ25日

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード