若葉のささやき

4月25日、本日のお題は「若葉のささやき



アルバム単位で、真理さんの曲をご紹介する今回の企画、今、アルバム「若葉のささやき・さよならだけを残して」に収録されている曲をご紹介しています。


真理さんの5枚目のアルバム「若葉のささやき・さよならだけを残して」のおもて表紙と、収録の構成は次のようです。

若葉のささやき


A面
 若葉のささやき
 学生街の喫茶店
 冬物語
 若草の髪かざり
 さよならだけ残して
 海にたくした願い

B面
 さびしかったら
 ギターをかかえて
 遠い夏
 ミモザの花の咲く頃
 いつもの曲り角
 さくら貝


本日のご紹介は、「若葉のささやき」です。


1973年4月21日に、このアルバムが発売されましたが、6枚目のシングル「若葉のささやき/海にたくした願い」がリリースされたのが、それよりひと月早い、1973年3月21日。

販売数:48.1万枚/オリコン最高順位:1位

という成績が残っています。

   若葉の季節



遠い昔、37年前にこのEPを買いたくて、レコード店に走った自分の姿が思い出されます。

まだ、13歳の私でしたから、その時の気持ちは、恐らく、初恋の似たものだったように記憶しています。初期の真理さんも良かったですが、この当時の真理さんは違った意味で憧れの的でした。懐かしいですね、とっても。



さて、そんな郷愁を感じながら、「若葉のささやき」をご紹介して参ります。


若葉のささやき 「Whispering Green Leaves」

作詞 山上路夫
作曲 森田公一
編曲 竜崎孝路

若葉が町に 急に萌えだした
ある日私が 知らないうちに
あなたのことで 今はこの胸が
いっぱいだから わからなかったの
 愛はよろこび それとも涙
 誰も知らない ことなのね
 若葉が風と ささやく町を
 愛を心に 私はゆくの

愛する季節 いつか訪れる
それは誰にも あることなのよ
悲しい夢に もしも終わろうと
若さをかけて 愛してゆくの
 愛はよろこび それとも涙
 いつか私も わかるでしょう
 若葉が風と ささやく町を
 愛を心に 私はゆくの




「ひとりじゃないの」から、真理さんの曲つくりに関わって来られた、森田公一さん。この曲「若葉のささやき」から、山網路夫さんとのゴールデンコンビで、ヒット曲を連発されました。

森田公一とトップギャランとしての活動もお忙しい中、真理さんにもたくさんを曲を提供して下さいましたね。「愛・つづれ織り」の記者発表の際、真理さんと並んで会見されたのは記憶に新しいです。




それでは「若葉のささやき」をお聴きいただきましょう。

スリーピー式の花をバックにしたご紹介。今回は、春に典型的な花達を集めました。まさに春爛漫です。さくらに始まって、れんげ、山吹、すみれ、チューリップ、等々後から後から出るわ出るわです。ワンコーラスでお楽しみ下さい。

[若葉のささやき]

 []




如何でしたか? 

天地真理さんが国民的アイドルとして注目を浴び始めた1973年。彼女にとって最も忙しい時期の幕開けとなった曲をお聴きいただきました。睡眠時間も取れなかったという殺人的なスケジュールをこなしながら、アイドルの頂点へ疾走していた天地真理さん。これから、1曲1曲をご紹介しながら、真理さんの姿を追って参りましょう。









次回は、「学生街の喫茶店」です。それでは、お楽しみに!







コメントの投稿

非公開コメント

Re: 出合い

うんうん、なるほど。

そういうアプローチの仕方もあるんですね。

ミツバチさんのひとり言に納得!

出合い

おはようございます !! 気持ちのいい朝です~

 もう少しだけ、若い世代代表として?? 自分の体験と共に書いてみたくなり(いつものパターン・・^^)。
たとえば、平井堅さん・・。私は美空ひばりさんの歌が好きでよく聴いていますが、これは平井さんのカヴァーアルバムがきっかけなんですね。「Stardust」という歌がデュエットのかたちで収められていて、ひばりさんの声と歌の完璧な美しさに感動!大ファンになりました。中島みゆきさんの「わかれうた」、坂本九さんの「見上げてごらん夜の星を」などのカヴァーを聴いてご本家の方へ辿り着き、名曲の数々を満喫してます。平井さんが水先案内人として、オリジナルを聴きたくなってくるように心地よく歌われているんです(失礼な表現ですね^^;)。きっかけは何であっても、いちど天地真理さんの歌声に出会ったら、その美しさに気づく若い方々が沢山いらっしゃるはずなんです。もっと聴いてみようかなって。
こんな展開もありかな ? すてきなことだなぁって・・ミツバチのひとりごとです^^。  では良い一日でありますように !!

すてきな宣言!

こんばんはー!まず最初に。緊急以外はお返事要らないですよ^^。あ・・今回はひと言書きたくなってきますね(笑)
やっぱり書いてよかったわ。スリーピーさまがこのように宣言されることが一番大切な事なんですもの !! 私さっきね、「現代の若者たち」が天地真理さんの歌に出会う最初のきっかけとして、その一つの例として・・という意味合いだったんですよね。まず何らかの形で歌との出会いがあり、そこから原曲を知り、天地真理さんに出会う・・そして次の展開にって^^。自分自身がけっこうカバー曲からそういう流れになるので。私のことば不足でちょっと誤解されているみたいだから・・。    おやすみなさい!  

Re: これは夢かなぁ・・・

愛さん、ご返事が遅れて済みません。日中は仕事に追われていますので、タイムリーな返事が出来ません。落ち着くのは、夜10時以降になります。

桑田さんも徳永さんも、素晴らしいお声をお持ちですね。愛さんのお考えも実現すれば、素晴らしいですね。

でもでも、私たち真理ファンは、真理さんが歌うから、だから聴きたいという、こだわりをもっているように思うんです。彼女の曲が世界中に知れ渡る、それはそれで嬉しいけれど、何か違う。そう、私たちは、10代前半から、彼女の歌と彼女の姿を見ながら、成長して大人になってきました。だから、真理さん=私たちの青春なのです。その過去を振り返るとき、懐かしさと涙なくして、語れない。だから、私たちの心に永遠に居続けて欲しい、そんな真理さん。

恐らく、私が年老いてヨボヨボになっても、心の中は彼女の若々しい姿を追い求めていることでしょう。彼女は、そんな憧れ、夢、希望なんですね。

せっかくの愛さんのご提案に水をさす形で申し訳ないです。今の私の活動は、彼女を応援すること。それは、彼女の名誉を取り戻し、娘さんが胸を張って、天地真理の娘だと言えるような、環境を作ってあげること。プレミアムボックスの宣伝をすることも、この活動の一環だと思っています。真理さんがご健在であるうちは、続けて参りたいと思っています。

書き忘れです・・

ギターと真理さん。とても自然体でのびのびと歌っていらっしゃいますね。「私は歌うことがこんなに好きなの!」、という正直な気持ちが伝わってきてホッとします・・・^^

これは夢かなぁ・・・

今日は余裕があるので、スリーピーさまの記事をちゃんと拝見してます^^。 それで前から思っていること書いてみたいなって。アーティスト印税云々は横において、単に真理さんの曲が有名になるには、ということで。私はずっと、真理さんの歌が現代の男性歌手によってカバーされたらステキだろうなあって思っていて。女性歌手ではむずかしいですものね、オリジナルの良さをこわさないように歌うということは。男性の声であれば趣の違いが魅力になりそう。たとえば桑田圭祐さん。大ファンなんですが、桑田さんの声で「想い出のセレナーデ」「レインステーション」、この「若葉のささやき」など聴こえてきたらグッときそう!また、徳永英明さん。独特の声で「一枚の写真」「風花のさよなら」などを歌われたらどんなにすてきなことか。「ん?この歌いいね・・」て、若い世代にも伝わるだろうなって。夢のようだわ!スリーピーさま、私ヘンなこと書いているでしょうか・・・?? 自由に書いていいのかな・・
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード