春一番、そして「ひこうき雲」




【 通算480号 】

2016年2月10日(水)




2月も中旬に差し掛かり、春に向かって突き進むのかと思いきや、日差しが強まるのと相まって、北風が体感温度を下げています。

昨夜、NHKの845というニュース番組で、お天気キャスターの檜山さんが面白い解説をされていました。

それは、.........

気温 - 風速 = 体感温度

という方程式。


今日の日中はまさにこの方程式を思い起こさせる場面に遭遇。天気予報による気温は7度から8度なのですが、北風が風速2mから3mでしたので、体感温度は4度から6度程度であったように感じました。真っ青な快晴であるのに、体感は寒ーい、そんな一日でした。

春は名のみの風の寒さやー

をつい口ずさむ、そんな出来事でした。




ところで、そんな早春に吹く風を話題にする場合、どうしても登場するのが「春一番」という言葉ですね。春一番と言えば、気象の上では災害をもたらす強風、という悪いイメージが付きまといますが、歌謡界で「春一番」と言えば、これは誰もが知るキャンディーズです。

この「春一番」とキャンディーズを絡めた内容が、朝のTBSラジオで話題になっていました。

それは、.......



「春一番」の由来は1859年に長崎県壱岐島沖で強い南風にあお られ漁船が転覆 した事故にさかのぼるとも言われますが、”春一番”という言葉がそのまま用いられたものではなく、現在のように頻繁にこの言葉が用いられるようになったのは、1980年代以降でした、という説なのです。

水曜日担当のお天気キャスター・森田正光さんの、例の冗談を交えた口調では次のような解説でした。

--------------------------------

キャンディーズの9枚目のシングル「春一番」という曲には、"春一番”という歌詞は出てこない

17枚目のシングル「微笑み返し」で初めて、"春一番”という歌詞が登場する

---------------------------------


ということで、「春一番」という言葉は気象予報の上でも、1980年代(昭和50年代)から、このヒット曲に合わせるように盛んに使われるようになった、という結論なのです。

歌謡曲が気象予報にまで影響を与えた、顕著な一例でした。







さて、真理さんの作品のご紹介です。

真理さんの13枚目のLPである「童話作家」は1976年12月21日に発売されました。
この時期に発売されたので、冬から春に掛けて相応しい曲が収録されているのかな、と収録曲と季節との関連を調べてみましたが、一部を除いて、季節に即したものばかりではなかったようです。

そんな収録曲の一つである

ひこうき雲

という作品についても季節との関わりを調べてみましたが、飛行機雲の生成には、大気中の水蒸気量が大きく関係しており、この冬という季節は空気中の水分は逆に減少する時期ですので、全く季節に関係のないことが判明。

でも、冒頭でお伝えした「春一番」や「体感温度」の話題にも何故か関わりを感じましたので、場違いかもしれませんが、この作品をここでお届けしようと思います。

2010年のスリーピーのアレンジで、フルコーラスです。 お楽しみ下さい!



作詞:小谷 夏
作曲:吉川忠英
編曲:船山基紀


あなたは ひこうき雲を 見ている
わたしは そんなあなたを 見ている
そうやって もう長い時間
こんなに近くに いるのに
あなたはあなた わたしはわたし
人はいつも う~う ひとり

あなたが 破って捨てた 憧れ
わたしは つなぎあわせて みたけど
ため息で ほら離れ離れ
笑ってごまかし あっても
あなたはあなた わたしはわたし
人はそうよ う~う ひとり
  
あなたの ひこうき雲が 消えてく
南の 風に吹かれて 消えてく
いつの間に もう長い時間
何にも言わずに 行くけど
あなたが好きで わたしは好きで
人はだけど う~う ひとり
人はいつも う~う ひとり













そして「天地真理ミュージック・コレクション」の再放送です。


今回は2013年11月16日に、FM軽井沢で放送された第60回目の放送。

なのですが、今回は諸事情により、2013年11月17日にお届けした動画版でお届けしようと思います。

当時の記事をそのまま引用させていただきますので、その事情は文面からお読み取り下さい。



--------------------------------------

さて「天地真理ミュージック・コレクション」の第60回の再放送をお届けします。

今回は、この季節に合わせた曲が選曲されました。真理さんの5枚目のシングル「ふたりの日曜日」のB面にあります「真冬のデイト」が掛かりました。

そして、蔵出しコレクションでは、9枚目のアルバム『天地真理オン・ステージ』から「ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド」が流れました。そして、最後にはいつものように「子守唄・母の愛」がフルコーラスで掛かりました。

それではどうぞ。




この60回を記念する番組でしたが、若干の手違いがあって、ナレーションと実際の演奏曲が違っておりました。このサイトでは、皆さまにお聴きいただくに当たって、正しくお伝えするという目的に徹しまして、番組の内容に一部修正を加えさせていただきました。

この手の行為は明らかに著作権を侵すことになることは十分に承知してはおりますが、誤ったまま再放送することは、番組そのものの信用を失うことにも繋がりますので、敢えて修正を試みました。この件、ファンクラブ事務局に対しましては、誤りについてのご指摘をさせていただきましたが、番組内容の修正については承諾を得ておりません。

私の行為に対しまして、関係当局より異議が寄せられました場合は、即刻削除させていただきますので、ご検討をよろしくお願い致します。

--------------------------------------



このブログ上での再放送開始を受けて、このブログのインデックス的位置づけのHP「癒しの天地真理」での再放送が無くなりましたので、これまでのように、ブラウザの違いによる入口の違いも気にする必要がなくなります。

今後はどのブラウザをお使いになる場合でも、こちらの入口からお入りになれます。

『癒しの天地真理』への共通入口






「編集後記」


明日、2月11日は建国記念日で全国的に祝日になります。

実は2月8日の旧正月のために、仕事上の取引先である中国とのやり取りが途絶えて、仕事がやや隙気味でしたので、この予想外の休日には大変喜んでおります。

天気予報では今日ほど風は強くなく、穏やかな晴天になるそうな。

最近は週末になると縁側に出て、締め切ったガラス窓から差し込む太陽の光でポカポカになった空気の中、束の間の陽だまりに、年老いた両親と共に、ウトウトするのが楽しみになっておりました。

明日は予定外の(?)祝日に晴天とくれば、またまた楽しいひと時が過ごせそうです。

皆さまは陽だまりをどんな風に利用されるのでしょう?

ではまた!








にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ25日

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード