期せずして春雪、そして「風花のさよなら」




【 通算482号 】

2016年2月25日(木)




2月も後半ですが、この月は29日までしかありませんので、来週は早速3月に入り、ひな祭りに卒業シーズンと季節の行事が続きます。

真理さんの作品の中には、この季節にピッタリの曲があります。それは

風花のさよなら

です。


「よーし、今回はこの曲でブログを締めようか」

と思いながら眠りに付いた翌朝、驚いたことに春雪に見舞われました。それも例年の湿った雪ではなく、結構なサラサラでありました。

「あー、あの夜中の静けさは、この雪のためだったのか?」

と思い返す程に、朝陽が差し込む前の雪景色は実に美しいものでした。

P1000017a_2016022512200497b.jpg
山の下にひっそり、それが我が家

P1000018a_20160225122006f81.jpg
朝陽の出る方向は霞み掛かっておりました

P1000019a_20160225122012df1.jpg
山や田畑は雪化粧でも道路は完全に溶けて被害のない降雪でした



如何でしょう? 結構、絵になるかと思います。

では、そんな情景を思い浮かべながら、真理さんの曲をお聞き下さい。


作詞:小谷 夏
作曲:佐瀬寿一
編曲:船山基紀


これでさよならだから
赤いブーツをはきました
白は寂しすぎるし、黒は心がしずみます
雪が花びらみたい、あなたの肩に掛かります
どうせ消えて行くのに一つ二つとあどけなく
こんなとき何も言えないものですね
風花が空に舞うのを見てるだけ

いつも賑やかなのに
街がなんだか静かです
時が止まったようで、今朝は上手に笑えません
これが今年最後の春も間近な雪でしょう
みんな終わりましたね、いろんなことがあったけど
こんな日はへんに明るいものですね
風花が空に舞うのがきれいです










さて、順序は逆になりましたが、この季節はひな祭りのシーズンでもありますね。

そんな季節を先取りするように、先日陶器製のおひな様を展示する会がありましたので参加して参りました。

場所は昨年の11月26日に、このブログでも既にお知らせしている

山の中のギャラリー・Chez Keiko
(これ、リンクになっています、よろしかったら飛んでください)

という地元のアートギャラリー。 山の奥深い所に居を構えるご主人が趣味の一環で経営する個人ギャラリーです。

今回展示されていたのは、栃木県の益子在住のとある高名なお方の作品。まずはご覧あれ!


P1000011q.jpg

P1000013a.jpg

P1000010q.jpg



如何でしたでしょう? 私の感想は、よくもこんな人物を陶器で作れたものだなー、というものでした。それにしても「先生」と呼ばれる方々の作品は数十万円の値が付いていましたので、「とても手が出ない」、そんな印象と共に展示室を後にしたスリーピーでした。







そして「天地真理ミュージック・コレクション」の再放送です。


今回は2013年11月30日に、FM軽井沢で放送された第62回目の放送。


ファーストアルバム『水色の恋/涙から明日へ』から/涙は明日に、悲しき天使、忘れていた朝

それではお楽しみ下さい。


<Windows Explorer, Lunascape 等のブラウザではこちらから>

音楽を聞くにはプラグインが必要です



<Google Chrome, Mozilla Firefox, Opera, Safari, 等のPC用ブラウザ、スマホ用ブラウザ, 等々ではこちらから>



このブログ上での再放送開始を受けて、このブログのインデックス的位置づけのHP「癒しの天地真理」での再放送が無くなりましたので、これまでのように、ブラウザの違いによる入口の違いも気にする必要がなくなります。

今後はどのブラウザをお使いになる場合でも、こちらの入口からお入りになれます。

『癒しの天地真理』への共通入口








「編集後記」



先日、いつものように、NHKの「先読み夕方ニュース」を聴いていたら、北朝鮮の問題を採り上げていました。
その際、ゲストに招かれたのが伊豆見元(いずみはじめ)さんと仰る初めて拝見する方でした。この方、静岡県立大学の教授という肩書の方です。

以前より、北朝鮮が何を考え、何を模索しているのか、興味があり、色々な場面で情報を入手して来ましたが、この方・伊豆見さんの見解の明快さに驚きました。専門家だから当然なのかもしれませんが、起きている現象に対する明確な解説が印象的でした。だからといって、今後どう進むべきかという問に対しては「難しい」というお答えでしたが、それでも他の誰も教えてくれなかった北の動向の意味を知ることができて、渡りに船、という満足感でした。

今後も緊張感を持って北を眺めて行きたいと思っています。

ではまた!








にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ25日

コメントの投稿

非公開コメント

Re: もうすぐそこに春が

熊さん、今晩は!

「ちっちゃい私さん」も同じテーマですか?そうなんです、この時期にぴったりの曲ですから。

「さよなら」という言葉からは、熊さんの仰るように大吉にはなりませんね。別れと出会い、人間が成長する季節ですね。

50も半ばを過ぎると出会いが怖くなります。気苦労を避けるようになるからでしょうかね。

もうすぐそこに春が

こんちわ、スリーピーさん。熊五郎です。
偶然か、ちっちゃい私さんと同じ「風花のさよなら」を取り上げておりました。この曲を聴いていると、テレビドラマのオープニング曲にピッタリなような気がしませんか?今の時期にピッタリの歌なのですが、今の時期をうまく表現して歌っていますね。今の歌手はうまく表現できるかな。気分をおみくじで表すとしたら大吉とよべるほどウキウキするわけでもなく、気分は小吉。ってこんな感覚の熊五郎はおかしいかな?
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード