電気コタツを出しました、そして「夏を忘れた海」




【 通算504号 】

2016年9月1日(木)



9月に入りました。

今年は台風の発生が少ないと、お天気キャスターがわめいておりましたが、この8月は台風の話題ばかりでした。

一昨日の東北・北海道地方直撃の台風は南から北へ徐々に進行する従来の台風と違って、脇腹から襲う、太平洋側から上陸するという一風変わった台風でした。お陰で気象の記録に新しい一ページが加わりました。それにしましても、犠牲になられた10数名の方々の大事な命が無駄にならないよう、東北にも今後も台風は来る、という前提で今後の予防体制を見直す契機としていただきたいと思います。


さて、8月の旧盆前に我が家では

「今年は秋めくのが早いね。例年では旧盆明けに秋を感じたのに、今年は1週間は早い」

などと言っておりましたが、それでも8月中は朝晩の冷えは小康状態で、台風の襲来もあり、”どんより”空と快晴の空との繰り返しでさほど秋らしさを感じることはありませんでした。

ところが、9月1日の朝は今までに無く朝方の気温が下がり、これまでの薄手の毛布では物足りず、もう一枚追加するほどでした。

我が家の88歳近辺の両親は、8月中も朝晩は「寒い」と言っており、私などは「まったく、年寄りはこれだから困るね。まだ8月だよ、寒いというのはおかしいんじゃない?」と笑い飛ばしておりました。

でも、今朝の冷えは私でも体に響きました。毛布を一枚追加すると同時に、両親の部屋をまわって、寒がっていないか確かめます。更には電気毛布を両親用に準備し、自分にも一枚、そして、電気コタツに布団を被せていつでも使えるように準備するなど、私自身が臨戦態勢でした。

そんな朝晩の冷え込みが徐々に深まって、秋へと季節が移って行くんですね。


本日、夕方に帰宅しますと、ナシとブドウが食卓に載っていました。

今を遅しと地元で採れた「幸水ナシ」と「たねなし巨峰」でした。

何となく、朝晩の冷え込みのお陰で衰えていた食欲が復活しつつある昨今でしたので、この季節の果物の到来はその景気づけとも言え、印象的でした。

失礼致しました。


img04.jpg







さて、真理さんの作品のご紹介です。

この作品

夏を忘れた海

はこれからの季節に最も似合う曲だと思います。

2010年のスリーピーのアレンジで、ワンコーラスですがお楽しみ下さい。



作詞:安井かずみ
作曲・編曲:森田公一

夏を忘れた海 カモメがとびかう
私はおぼえてるの 燃える太陽
胸の中で あの人を
愛しているのが たまらなくて
波のこないすきに 砂に書いた名前
今はふりかえる 人もない

夏を忘れた海 カモメがとびかう
私はひとりぼっち 想い出のページ
熱い風に ざわめきが
貝に耳をあて 聞こえるの
くちづけさえしない 二人だったけれど
知り始めた青春の日を

広い海が 青い空が
若い明日を教えてくれる
消しておくれ波よ あの人の名前を
知り始めた青春の日を



[夏を忘れた海(オリジナル)]

 []








そして「天地真理ミュージック・コレクション」の再放送です。


今回は2014年4月26日に、FM軽井沢で放送された第83回目の放送。


セカンドアルバム『ちいさな恋/ひとりじゃないの』特集/恋人になる前に、教えてよ愛の言葉、ある日私も

それではお楽しみ下さい。




<Windows Explorer, Lunascape 等のブラウザではこちらから>

音楽を聞くにはプラグインが必要です



<Google Chrome, Mozilla Firefox, Opera, Safari, 等のPC用ブラウザ、スマホ用ブラウザ, 等々ではこちらから>



このブログ上での再放送開始を受けて、このブログのインデックス的位置づけのHP「癒しの天地真理」での再放送が無くなりましたので、これまでのように、ブラウザの違いによる入口の違いも気にする必要がなくなります。

今後はどのブラウザをお使いになる場合でも、こちらの入口からお入りになれます。

『癒しの天地真理』への共通入口







「編集後記」


稲刈りを前に月並みながら思うのですが、ついこの間、4月に種を蒔いて、5月に田植えをしたばかりなのに、もう夏が終わろうとして、稲刈りが近づいている。そんな1年の短さに驚かされます。

若い頃は「明日」という夢に向かって、挫折しながらも進んでいたので、これほどには感じなかったのですが、年を取って将来の夢が少なくなり、自分の余生を指折り数えたりするようになると、余計に時間が短く感じられるようになる、そんな風に考えます。

人生80余年とはいいますが、自分が自分らしく生きられるのは70歳台までで、後は薬で循環器だけが丈夫でも頭脳に寿命を来たして、いわゆる認知症を患うようになり、自分が自分でなくなる。それは既に人生の終わりを意味していますから、70歳の末まで自分の好きなように生きられたらいいなー、それにはあと20年と少ししかありません。

年金需給開始が64歳となった私たちの世代ですので、あと7年位は蓄えの十分ある人を除いて働かねばなりません。幸い、子供たちは私の定年までには独り立ちできる予定ですので、定年後の4年程度を切り抜ければ、後は悠々自適な生活が待っている。そんな残りの人生設計を多くの人が立てながらも、目的半ばでガンで短命になったり、命は長らえても脳梗塞で通常の生活を失ってしまったりで、およその人は70歳の後半まで自分らしさを追及出来ずに命果ててしまう、それが現実ですね。

私スリーピーは、幸いにも農家に生まれ、幼い頃から農作業を手伝わされ、足腰の鍛錬いついては多少なりとも自身はありますので、健康に生んでくれたこの体をもってすれば、70歳の後半まで自分らしさを保つことは可能ではないかと思っています。

久し振りに長文で失礼致しました。

ではまた!





にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ25日

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 異常が多すぎる昨今だけど

熊さん、こんにちは!

田んぼについてのご心配、有難うございます。異常続きの日本、そして世界ですが、次の世代を担う子供たちには良い環境を引き継ぎたいですね。子供の貧困、などは大人の責任放棄だと思います。

真理さんの45周年記念イベントが近いようですね。真理さんの関連サイトとして行動していながら、そのようなイベントについての追跡が足りないことは申し訳ないことです。でも、それがこのサイトを長く続ける秘訣にもなっています。遠くから成功を祈念するとともに、関係者の方々のお尽力にお礼を申し上げます。

熊さん、記念イベントについて少しだけレポートしていただけると有り難いです。よろしく!

異常が多すぎる昨今だけど

こんちわ、スリーピーさん、またもやお邪魔の熊五郎です。
台風の影響は、どうにか、田んぼ大丈夫そうでなによりです。天気も異常、人の犯罪動向も異常、異常ばかり昨今ですが、せめて健康でいられる自分自身がうれしい。これも家族同士の助けに感謝しております。ところでいよいよ来月は真理ちゃんの45周年記念ですね。今からどのような内容のイベントになるか楽しみです。熊五郎は、開催お知らせメールが来たと同時に参加意思のメールを出すほどです。と喜んでいたのですが、今まで使用していたliveメールアドレスが原因不明の使用不可能になったにはまいりました。どうしよう、参加OKなのか、返事がスルーしたらどうしようと相当あせりました。ITに強くない私は、アッチコッチのパソコン量販店をウロウロどうにか、メールアドレス変更のみで無事OK。これで送受信の返事ができるとヤレヤレ。やはり、修理するにも、金をかけないと、タダでやろうという根性は、アキマヘン。
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード