晩秋の温泉紀行、そして「真冬のデイト」




【 通算512号 】

2016年11月23日(水)




DCIM0125a.jpg

いきなり、イチョウの写真で失礼致します。

先日、イチョウの葉が黄色に色づいたと思ったら、もう散り始めるイチョウです。

秋から初冬へ、季節の移り変わりは早いですね。



皆さま、11/23 勤労感謝の日をどのようにお過ごしでしょう?

この記事を書いている午後4時前、曇りの天気予報が良い方に外れて、当地・栃木県鹿沼市ではそこそこの晴天に恵まれ、洗濯物も比較的良く乾きました。

でも、今夜から明日に掛けては12月並みの寒さだとか。関東地方でも降雪が予想されるそうです。

「雪降るなら、休んじまえばいいや。一日くらい休んでも会社なんて代わりが幾らでもいるから。」

と、最近こんな風に考えるスリーピーですので、降雪の天気予報にも大して動じていない自分が不思議です。歳のせいでしょうかね?


さて、貴重な11月の祝日でしたので、スリーピーは超久し振りに、出掛けてみました。いつものあれです。

「温泉巡り」

でも今年の温泉巡りは去年までと少し違います。それは、昨年暮れに我が家に届いた軽トラックのサンバーと一緒だからです。

平成10年製のオンボロトラックで、朝の気温が低いとエンジンは掛からないわ、いわゆる「オイル上がり」のために始動直後のマフラーからの白煙には閉口しますが、暖まってしまえば普通の4WDのトラックで、山道や未舗装路などには最高の相棒なのです。

そんな相棒と共に、今回は日光から足尾に掛けて、山道をクネクネと登っては降りるの連続でした。



最初の上り下りは、鹿沼市側から日光は清滝に抜ける山道。峠まで幾つものカーブをやり過ごし、頂上からの日光連山の眺めは最高でした。

こんな感じでした。

DCIM0158a.jpg


この峠を下った先に今回の最初の目標である「やしおの湯」があります。

午前11時頃の到着で、比較的空いていましたし、泉質もそこそこで満足の行く入浴でした。


さて、清滝を後にして、次に目指すは「足尾温泉・庚申の湯」です。

足尾と言えば鉱毒問題で有名ですが、足尾銅山が存在した時代にも既に温泉は出ていたようで、ひなびた山奥の温泉はどんなだろう?と楽しみにしての出発でした。

日光から足尾に抜けるには日足トンネルという長いトンネルを通ります。トンネルを抜けても流石に雪はまだでしたが、山肌には未だに鉱毒の傷跡が見え、「足尾だなー」と感慨深いスリーピーでした。

街の中心部から北西方面へのクネクネした山道を通り過ぎて、銀山平・庚申の湯・国民宿舎かじか荘に辿りつきます。


DCIM0162a.jpg
銀山平というキャンプ場

DCIM0163a.jpg
銀山平の言われです

DCIM0166a.jpg
国民宿舎・かじか荘

DCIM0168a.jpg
こちらは内風呂

DCIM0172a.jpg
露店風呂です


泉質は単純泉で、スリーピーとしては今一でしたが、11/25 から改修工事となるため、明日までの営業と言うこともあるのか、湯船もほど独占状態でした。一人寂しく、また、大の字になって入浴できました。


足尾を後にして、我が家を目指して帰るのですが、これまた上り下りが必要になります。もちろん、平地を選べば遠回りながら走行は楽なのですが、そこは4WDですので山道を選びます。

カーブ毎に番号が振られていて最初に58とありましたので、最後の1はどの辺にあるのかと思っていたら、何と地元・古峰原への玄関口である大鳥居から始まっていました。

DCIM0175a.jpg
58か所のカーブの終点は地元でした

DCIM0176a.jpg
古峰神社の大鳥居



というわけで、久し振りに2軒の温泉巡りをした11/23の祝日でした。







さて、真理さんの作品のご紹介です。

今回のご紹介は

真冬のデート

明日から降雪が予想されるから、ではないのですが、この作品「真冬のデート」の歌詞にある

あなたと座るの、窓際に

の部分が妙に運転する私の脳裏に蘇りましたので、真冬には少し早いのですが、この作品を選ばせていただきました。

2010年のスリーピーのアレンジ。ワンコーラスですがお楽しみ下さい。



作詞:山上路夫
作曲:平尾昌晃
編曲:馬飼野俊一

木枯らし吹いてる 並木の道も
ふたりで歩けば 愛の舗道
寒くはないのよ あなたといれば
愛が心にもえるから
指を組み合わせ 肩を寄せ合い
どこまで行きましょう 真冬のデイト
冷たい季節の中でも二人の
愛は大きく育つのよ

いつものお店の とびらを開けて
あなたと座るの 窓際に
とりとめないこと おしゃべりすれば
街にたそがれ せまるのよ
こんなひとときが とても大好き
明日も逢いましょう 真冬のデイト
冷たい季節の中でも二人の
愛は大きく育つのよ
愛は大きく育つのよ



[真冬のデイト]

 []









そして「天地真理ミュージック・コレクション」の再放送です。


今回は2014年6月21日に、FM軽井沢で放送された第91回目の放送。


4rd アルバム『明日へのメロディー』特集/家に帰ろう、こころの日記、鳩がいる公園

それではお楽しみ下さい。




<Windows Explorer, Lunascape 等のブラウザではこちらから>

音楽を聞くにはプラグインが必要です



<Google Chrome, Mozilla Firefox, Opera, Safari, 等のPC用ブラウザ、スマホ用ブラウザ, 等々ではこちらから>



このブログ上での再放送開始を受けて、このブログのインデックス的位置づけのHP「癒しの天地真理」での再放送が無くなりましたので、これまでのように、ブラウザの違いによる入口の違いも気にする必要がなくなります。

今後はどのブラウザをお使いになる場合でも、こちらの入口からお入りになれます。

『癒しの天地真理』への共通入口







「編集後記」


週の真ん中に到来した勤労感謝の日でしたが、皆さま有意義に過ごせたでしょうか?

スリーピーとしましては、僅かながらも晴れ間が見えましたので、一週間分の洗濯を午前の前半で片づけて温泉巡りに出発できましたので、まずまずの祝日であったと思っています。

帰宅してからは農作業のないこの時期ですので、早めに夕飯の準備も始められましたし、夕飯の後片付けや両親の入浴の介助、等々も早めに終えることが出来ましたので、残りの秋の夜長をこの記事作成に充てたり、これから映画でも一本観ようかと計画しています。

人間、暇を持て余しているとロクなことを考えませんね。私のように常に忙しくて、年に何回かしかない今日のような休暇が与えられるのが幸せなのかもしれません。

それにしても、温泉巡りの帰りの車の中でたまたま聴こえた、NHKの「午後ラジ」という番組で岩手県陸前高田市からの生中継の放送がありましたが、そのなかである女性フォーク歌手が歌う「奇跡」というフレーズが気になりました。その方の歌詞によれば、毎日当たり前のように生活できているそのすべてが奇跡なのではないかと。見て、聞いて、話して、食べて、歩いて、それらがすべて奇跡だと考えると、私たちは何と幸せなのだろう。人間、生きて行くその瞬間瞬間に幸せを感じられるなら、人を恨んだり、妬んだり、犯罪を犯したりなどしないはずです。

今日の祝日で得られた最も大きな成果はこの考え方なのかもしれません。

スリーピー、50も後半にして学びました。

ではまた!





にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ25日

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 出してくれるならいくらでも

熊さん、こんにちは!

熊さんももう直ぐ赤いチャンチャンコなんですね? 実は私ももう直ぐなんです。

定年は嬉しいような、悲しいような。でも年金受給にはあと4年ほどありますから、どうして食べて行こう、と考える今日此の頃です。

真理さんのDVDの件には反対ではありませんが、それだけで真理さんの歌手、元アイドルとしての復権に繋がるとは思えません。

私達の最終目的はそこにあるのですから。と、言いながら的中打が見つからないスリーピーでスミマセン!

出してくれるならいくらでも

スリーピさん、こんばんわ。熊五郎です。
これから冬へ向かう曲としては、「真冬のデイト」最高の曲といえます。24日の降雪には驚かされました。ホントに降るのかよ。天気予報ハズレじゃね。と思いましたが、これが見事に当たり!54年ぶりとは、アッシが4歳の時以来ということか、なんて覚えてるわけありませんよ。今日はこの話じゃなくて、この頃マジで考えてしまいます。真理ちゃんが元気なうちに、真理ちゃんが輝いていたころの映像と音楽をからんだDVD出してほしいのです。
このDVDをファンといっしょに真理ちゃんとファンクラブでワイワイしたい。
マジでしたい。これが可能になるなら、私はいくらでも払うよ。ホント。
お願いです。渡辺プロ様、真理ちゃんとのわだかまりがあったかもしれませんが、どうか真理ちゃんが元気なうちにぜひとも解消して、ファンのため、真理ちゃんのため音楽と映像販売していただきたいと思う今日このごろです。
真理ちゃんの歌と映像を見るたびに思うのです。来年で私も還暦ですもん。
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード