きまぐれレコード、そして「冬物語」




【 通算516号 】

2017年1月17日(火)



暦の上では今は小寒と大寒の真ん中ですが、もう直ぐ大寒なんですね。

今朝ほどは薄っすらと降雪を見た関東地方です。 さすがに寒いです。

農業にとってはこの時期の寒さはとても大切で、昔から害虫を減らす効果が期待されて来ました。
近年、亜熱帯化が懸念される日本列島です。少しでもそれを遅らせ、明確な四季のある日本を維持するする意味でも、この時期の寒さは大切だと思います。

Wikipedia によれば「大寒」とは

1月20日頃(2017年は1月20日)。
および立春までの期間。
太陽黄経300度
小寒から数えて15日目頃。
冬の季節の最後の節気。

だそうです。 これを過ぎると後は春の到来を待つばかりです。 春よ来い、早く来い!



さて、今回私が触れたいのは、TBS系のラジオ番組で毎週月曜日の夕方6時から放送されている


いち・にの三太郎~赤坂月曜宵の口


という、長ったらしい名前の番組です。

クリップボード0117a


この番組は昨年の6月一杯で終了した「六輔七転八倒九十分」の後釜の番組なんですが、前番組の流れを汲み、今は亡き永六輔さんの話題が頻繁に登場する番組なんです。

それは永六輔さんの影響を大きく受けた、パーソナリティーの「はぶ三太郎さん」と、永六輔さんのアシスタントとして長きに渡って番組を共にしてきた「外山惠理さん」が中心の番組だからでもあります。

番組をお聴きになればお分かりと思いますが、今はいない永六輔さんがまるでデスク脇においでになるかのように「永さん、永さん」という呼び掛けの言葉が放送中に頻繁に登場します。私は通勤時間の関係で1時間に満たないうちにラジオをOFFしますので、最後までは聴けませんが、番組の最初から最後まで、永六輔さんに対する愛情に満ちた番組なので、毎週楽しみにしています。

この番組の中で私が特に好んで聴かせていただいているのは、この3つのコーナー

<六輔語録>
「土曜ワイドラジオTOKYO永六輔その新世界」から、
永さんのお話を当時の録音音声でご紹介

<明解さんちゃん>
三省堂の新明解国語辞書により、視聴者からの質問に答える

<気まぐれレコード>
CD音源でなく、アナログレコードをスタジオでその場で再生


六輔語録では、元気だった時代の永六輔さんの生の声を聴けるのは、とても嬉しいものですし、実生活で思い当たった言葉の意味をあの重い辞書から実際にページをめくって視聴者の質問に答える、この設定も面白いのです。が、特に楽しみにしているのはアナログレコードの再生音が聴ける<きまぐれレコード> 

今では滅多に聴けないアナログの再生音をフルコーラスで聴かせてもらえるのがとても嬉しい。残念ながら、コーナーの名前通りで、気まぐれにテーマが決まるので、視聴者がリクエストしても掛けてはもらえません。ですが、1970年以降のヒット曲を選んで掛けてくれるので、何れは真理さんの作品が掛かる日がくるのでは、と期待を膨らませているのです。

皆さんも一度お聴きになられて下さい。幸せな気分にさせてくれる、この番組ですよ。






さて、真理さんの作品のご紹介です。

今回のご紹介は寒さも最盛期ですので、真理さんの真理さんらしい作品から

冬物語

をお聴きいただきましょう。 

今回はYoutube から音源をお借りしてのご紹介。 ma4ever100 さんの作品からお楽しみ下さい!



作詞:阿久悠
作曲:坂田晃一


木枯らしは寒く 乗り換え駅に
行方知らぬ 旅がつづく
愛の切符 手にして
すれ違う夢に 逢えない女は
風が運ぶ 歌にさえも
胸の震え 感じる

遠い汽笛 聞く女
どこへ行くと いうのか
愛のために いつもうつむいて
生きているのか
春は近い 春は近い
足音が近い

悲しみは白く 雪降る街に
音もたてず しのび寄るの
人の愛を傷つけ
立ち止まる女は 巡礼のよう
まぶた閉じて 祈りこめて
頬の涙 凍らす

遠い汽笛 聞く女
どこへ行くと いうのか
愛のために いつもうつむいて
生きているのか
春は近い 春は近い
足音が近い













そして「天地真理ミュージック・コレクション」の再放送です。


今回は2014年7月19日に、FM軽井沢で放送された第95回目の放送。


軽井沢セレクション特集/この広い野原いっぱい、恋する夏の日

それではお楽しみ下さい。




<Windows Explorer, Lunascape 等のブラウザではこちらから>

音楽を聞くにはプラグインが必要です



<Google Chrome, Mozilla Firefox, Opera, Safari, 等のPC用ブラウザ、スマホ用ブラウザ, 等々ではこちらから>



このブログ上での再放送開始を受けて、このブログのインデックス的位置づけのHP「癒しの天地真理」での再放送が無くなりましたので、これまでのように、ブラウザの違いによる入口の違いも気にする必要がなくなります。

今後はどのブラウザをお使いになる場合でも、こちらの入口からお入りになれます。

『癒しの天地真理』への共通入口







「編集後記」


今日1/17は、1995年に発生した阪神・淡路大震災から23年目に当たりますね。

失礼ながら、私スリーピーは、この大震災の発生した当時について余り記憶がありません。

それは当時の私が結婚して7年目で育児に追われていたことや、遠い関西で起きた災害であるために余り身近に感じられなかった、等々が原因かと思い返しています。

でも、不思議なことにそれから10年ほどが経過した2005年頃、うつ病を患っていた私は、プロテスタントの教会に通いながら、教会の図書の中からお借りしたビデオで、クリスチャンの目を通して当時の災害の様子を再確認しました。

「宗教なんて」

と思われる方もおいでかとは思いますが、震災で心の拠り所を無くされた方々と、2005年当時に精神の病気で生きる意味を再確認していた私とは、何か共通したものがあったのだと、今思い返しています。それはキリスト教という、フィルターを通したからこそ、同じような境地に辿りつけたものであり、1995年当時の私のように他人事としか感じられなかった私では到底行き着くことの出来なかった心理状態だったと思います。

自分一人が病気のために生きる目的を見失っていたのと同じように、多くの家族や友人を災害で亡くされて生きる意味を問い直されていた被災者の皆さんが同じ境地に至って、生きる意味を考える。そんな貴重な時間を頂戴できた、私にとって、うつ病は厄介なものではありましたが、多くの貴重な財産をいただいたように思っております。

ではまた!







コメントの投稿

非公開コメント

Re: もうすぐそこに春が

熊さん、こんにちは!

暖かくなって参りました。「梅は咲いたか、桜はまだかいな?」

年寄りにとって、春の到来はこの上ない喜びですね。私達もそんな年齢に近づいて参りました。

もうすぐそこに春が

こんばんわ、スリーピーさん。
お互いに元気でなによりです。
さっそく私の大好きな「冬物語」YouTubeしていただき感謝いたします。この歌、ドラマの主題歌だったんですって、知ってましたか?。この時期。耳タコができるぐらい聞いているのに( ^ω^)・・・。知らんかった。
今年は、梅が咲くのが早い、庭先の紅梅満開です。
スリーピーさんのところは、いかがですか?
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード