海にたくした願い

5月4日、本日のお題は「海にたくした願い」です。



アルバム単位で、真理さんの曲をご紹介する今回の企画、今、アルバム「若葉のささやき・さよならだけを残して」に収録されている曲をご紹介しています。


真理さんの5枚目のアルバム「若葉のささやき・さよならだけを残して」のおもて表紙と、収録の構成は次のようです。

若葉のささやき


A面
1 若葉のささやき
2 学生街の喫茶店
3 冬物語
4 若草の髪かざり
5 さよならだけ残して
6 海にたくした願い

B面
7 さびしかったら
8 ギターをかかえて
9 遠い夏
10 ミモザの花の咲く頃
11 いつもの曲り角
12 さくら貝


本日のご紹介は、A面最後の「海にたくした願い」です。


この曲は、6枚目のシングル「若葉のささやき」のB面の曲ですね。



作詞 山上路夫
作曲 森田公一
編曲 竜崎孝路


寂しい夜に 手紙を書いた
出す人のない 私だけれど
もらいてのない 私の手紙
海に流そう さざ波の中
波にもまれて 消えてゆく手紙に
書いたのよ 初めての愛の言葉を
いつかはきっと 私の手紙
受け取る人が 現れるでしょう

寂しい思い つづった手紙
今頃どこを 漂うかしら
私と同じ 孤独な歌を
うたって 波間ゆれてるかしら
誰も読まずに 消えてゆく手紙に
しるしたの あこがれと愛の言葉を
いつかはきっと 私の手紙
受け取る人が 現れるでしょう



この曲は、「若葉のささやき」と同じく、山上路夫さん、森田公一さん、竜崎孝路さん、というゴールデントリオの
作品ですね。詩の内容からすれば、やや寂しい感じの曲なのですが、曲調は明るく、乙女心を上手く、表現していると思います。

1973年、真理さんも21~22歳の頃かと思います。超売れっ子として、超忙しい最中の選曲と、録音だったことでしょうが、真理さんに相応しい、良い曲に出会えたものだと嬉しく思います。


それでは、お聴き下さい。出典は、keisukefamily さんの作品です。







如何でしたでしょうか? 

この頃が真理さんにとっての絶頂期でもあったと言えると思います。ちなみに、アルバムのジャケット表裏の写真は、シングルもそうなのですが、篠山紀信さんの撮影によるものであったそうです。曲の制作者も一流なら、カメラ担当も一流どころを揃える当たりは、その力を感じさせますね。

このアルバムは、CBSソニーの5周年記念盤であったそうですが、オリコン1位を記録した他、4週連続でトップを独走しました。しかしながら、天地真理のアルバムとしては、ナンバーワンを獲得する最後の作品となりました。







次回は、B面に舞台を移して「さびしかったら」をお届けします。こちらも、私のお気に入りです。どうぞ、お楽しみに!




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード