夏の長雨が去って再び、そして「夏を忘れた海」




【 通算532号 】

2017年8月23日(水)



8月も末、来週末には9月に入ろうという、この時期です。

旧盆を挟んで、2週間余り続いた曇天、雨天でしたが、今週に入ってからは、やっと30度を超える夏の暑さが戻って参りました。

例年、この旧盆を境に秋の気配を感じ、朝晩涼しくなるのがこれまででしたが、今年は旧盆前から雨天続きで、日中が涼しかったので、朝晩の涼しさを感じ始める機会がありませんでした。ここに来て、やっと日中の暑さと朝晩の涼しさとのメリハリがつき、本来の夏から初秋への切り替わり時期と認識できました。

この間、スリーピーは田んぼに出て、カメムシといった、稲の品質を低下させる害虫を最低限でも駆除しようと薬剤散布に格闘しておりました。


薬剤散布といいますと、皆さまはどんなイメージをお持ちでしょうか?

少し先輩に当たる方々では、背中にタンクを背負って、田んぼを隅から隅まで歩き回る、或いは、大型ヘリコプターで賑やかに上空から白い液体を散布、そんなイメージをお持ちの方もおいででしょう。でも最近では都市近郊を中心に、ラジコンヘリコプターを使って瞬時に散布する光景が目に新しいかもしれません。

スリーピーが住む山間部でも、最近になってラジコンヘリが活躍するようになりました。一区画を行ったり来たり、たとえ50アールの水田でも僅か数分で作業を終えてしまう、その威力には目を見張るものがあります。でも、原価が数百万円はするラジコンヘリですので、例えそれを共同で購入しても、1回散布当たりの費用は数万円掛かり、貧民スリーピーには結構な負担で手が出ません。

raji-heri.jpg
ラジコンヘリでの農薬散布


ということで、スリーピーはそんな時代の潮流に逆らって、自前で薬剤散布を行っています。それは10数年前に購入した動力散布機がまだまだ現役で使えること、私自身がまだまだ健在であるから。

その機械を使って、30アールの水田への薬剤散布に掛かる時間は2時間くらい。50mはあるホースを伸ばしたり巻き取ったり、それを5~6回繰り返せば、終わります。時間は掛かりますが、掛かる費用は4,000円未満(自分の工賃は時給1000円で計算)。ラジコンヘリの5分の1位の負担でやれるのです。

自分でやらなくとも、何でも他人に頼める時代。農業然り、介護然りですが、100%とは言えないまでも自分でやる、スリーピーはそんな古い人間なのです。

というかー、すべてお金絡みなんですけどねー。







さて、真理さんの作品のご紹介です。


小中学校が夏休みに入って、早1か月。朝晩の通勤通学の時間には心なしか道が空いている、そんな印象でしたが、あと少しでいつもの賑わいが戻って参ります。夏も終わりに近づいていますね。

ということで、真理さんのラインアップから夏の終わりに相応しい作品を探してみました。

夏の終わり、というか、今年は旧盆期間を中心に海辺では閑古鳥が鳴く有様で、その様子はまさに

「夏を忘れた海」

だったように思います。

ということで、少し早いのですが、この作品をご紹介致しましょう。

2011年のスリーピーのアレンジで、ワンコーラスです。



作詞:安井かずみ
作曲・編曲:森田公一

夏を忘れた海 カモメがとびかう
私はおぼえてるの 燃える太陽
胸の中で あの人を
愛しているのが たまらなくて
波のこないすきに 砂に書いた名前
今はふりかえる 人もない

夏を忘れた海 カモメがとびかう
私はひとりぼっち 想い出のページ
熱い風に ざわめきが
貝に耳をあて 聞こえるの
くちづけさえしない 二人だったけれど
知り始めた青春の日を

広い海が 青い空が
若い明日を教えてくれる
消しておくれ波よ あの人の名前を
知り始めた青春の日を




[夏を忘れた海(オリジナル)]

 []







そして「天地真理ミュージック・コレクション」の再放送です。


今回は2014年12月13日に、FM軽井沢で放送された第116回目の放送です。


保志野弓子さんによる気ままな話題/ウイスキーの小瓶、なごり雪、子守唄「母の愛」

それではお楽しみ下さい。




<Windows Explorer, Lunascape 等のブラウザではこちらから>

音楽を聞くにはプラグインが必要です


<Google Chrome, Mozilla Firefox, Opera, Safari, 等のPC用ブラウザ、スマホ用ブラウザ, 等々ではこちらから>



このブログ上での再放送開始を受けて、このブログのインデックス的位置づけのHP「癒しの天地真理」での再放送が無くなりましたので、これまでのように、ブラウザの違いによる入口の違いも気にする必要がなくなります。

今後はどのブラウザをお使いになる場合でも、こちらの入口からお入りになれます。

『癒しの天地真理』への共通入口








「編集後記」

8月も後半になりますと、田んぼの稲の中でも早生種に属する品種(コシヒカリなど)は黄色く色づき、稲刈りを待つばかりとなっています。

恐らく、来週に入れば、天候さえ問題なければ、朝は黄色、夕方は茶色、という現象、そう稲刈りが本格的になるでしょう。

そんな風景を横目で見ながら、中生種に属する品種を栽培するスリーピーは、ひと月は先と思われる稲刈りに備えて、鋭気を養ったり、コンバインといった機械の清掃を開始するのです。

今年は私にとって特別な年。そう、「脳梗塞」を患った年ですので、何よりも無事に作業が終わることだけを祈るこの頃です。

ではまた!







にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 残暑お見舞い申しあげます

熊さん、ご連絡有難うございます。

これから、冬へ向かってまっしぐら! 残暑さえ、懐かしくなる季節がもう直ぐです。

人間、中庸が一番ですね! 冬と夏が無くなって、春と冬だけになるといいのですが。

60歳を目前のこの頃、秋を満喫したい、と思うスリーピーです。

では!

残暑お見舞い申しあげます

こんばんわ、熊五郎です。
タイトルどおりで残暑見舞いでいいのか?
北関東は不安定な気候で夕立のような豪雨が毎日のようなご様子。東京は23日ごろから急に猛暑というか酷暑です。
稲作は、猛暑ほどいいといわれますが、ここのところの長雨で茶色の穂が見られるとニュースの報道。天気が悪いと必ずイモチ病が発生するか、またはカメムシが稲穂を吸うことにより、茶色になり等級の下がる被害は農家にとっては大問題ですね。
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード