FC2ブログ

西日本の豪雨被害にお見舞いを申し上げます、そして「明日への愛」




【 通算543号 】

2018年7月16日(月)


皆さま、お久し振りです。

7月に新設(?)された祝日「海の日」を含めた3連休の最終日の夕べを過ごしています。

この7月16日の祝日は、今年に入って、正月をリラックスして過ごせて以来の、久し振りにゆっくりと過ごせた一日でした。

その理由は幾つかあるのですが、一つはこれまでにない猛烈な暑さです。通常であればこの時期、土日といえば、田んぼの土手や非耕作の畑の草刈が忙しく、どうしても体に無理を強いて農作業をしてしまうのですが、この3連休は連日の猛暑で、農作業をやろうにも出来ないのが現実で、結果、体を休めて休息を十分に摂ることが出来ました。

一方、私の場合は、土日となりますと、高齢の父母を朝から晩まで見守る責任がありますので、一時も気が休まらない、そんな状況が続いておりました。それは、入り口から出口まで、と一言で言えますが、衣食住の衣類の洗濯から、食事の準備・後始末、そして、排泄に伴うオムツ交換、そして、入浴、等々、多岐に渡ります。また、冬場は冷え過ぎない温度管理、夏場は水分の補給と、クーラーの無い室内を如何に涼しく保つか、という工夫が必要です。

そんな父母の介護でしたが、この「海の日」だけは全ての束縛から解放されたのです。「父母がどちらかへ旅行でも?」とお思いになるかもしれません。いや、これは人の不幸なので簡単には喜べないのですが、父が2度目の脳梗塞を起こし、病院に入院したのです。幸いに症状は軽く、手足の麻痺や言語障害の悪化もさほど無いので、家族としても安心して病院に預けられる、そんな思いで彼の入院を捉えています。

一方、母は今年の1月からデイサービスに通っておりますので、祝日であるこの7月16日であっても、介護施設は通常通りで、朝9時頃に送り出せば、夕方まで家の中は私だけ、という、これまでに無い状態を作り出すことに成功したのです。

「なーんだ、そんなこと?」

という批判のお言葉が聞こえて来そうですが、老人介護というものは365日切れ目が無く続くもので、私でさえ、既に7年間、程度の差こそあれ、断片的ながらも、老人介護と向き合って参りました。

外での仕事は無い、老人はいない、となれば、精神的に気に掛ける必要もない、全てが自分の時間。自由に出掛けても良いのですが、ご他聞に漏れず、外は35度に迫る高温で、大量の発汗を覚悟せねば外出もできません。結果、家の中で寝たり、食べたり、という理想の休息の時間、と相成りました。

久し振りの100%の休息で、夜のこの時間には疲れてパソコンの前に座ろうという気持ちになれなかった自分が、今はパソコンの前にどっかと座って、キーボードを連打している。不思議な一日でした。

両親に感謝です。

一方、良いご報告が一つあります。それは、私が「おじいさん」と呼ばれる日が12月頃に訪れそうなんです。そう、初「孫」の誕生が長男から報告されました。50歳代の「おじいさん」は嬉しいのか、悲しいのか。どちらにしても、この秋は大きな実りの秋になりそうです。




前回、前々回と、真理さんのアルバム「小さな人生」から選んでお届け致しました。

今回も同じアルバムからお届け致します。

それは

明日への愛

です。 

今回の西日本の豪雨被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。私も2年ほど前に、床下浸水を味わい、家にも被害が及びました。それでも、何とか住める家があることを有難く思っています。今回の被災された皆さま、真理さんの作品を時には聴いていただいて、復興に頑張っていただければと願っております。

2011年のスリーピーのアレンジです。 お楽しみ下さい。




作詞:安井かずみ
作曲:筒美京平
編曲:荻田光雄

私から 愛をとったら
何にも 残らないでしょう
どうぞ いつまでも
胸の灯り
消さないで欲しい あなた
 あなたから 送られる
 幸せを 抱きしめて
 明日へ つなぎたい
 願いです

ふたりなら
たとえ空が 曇っても
歌があるでしょう
肩を寄せ合って
心細い 
若いふたりでも ふたり
 特別な めぐり逢い
 この愛を 大切に
 明日へ 続けたい
 わたしです









***この動画が再生できない方は、Adobe Flash Player をインストールする必要があります。**




「編集後記」


前回の記事から、2か月が過ぎてしまいました。 毎回、空白月数が増えてしまう傾向があり、困っております。

しかし、今年の5月に始まった連日の暑さは、日増しに強まるばかりで、夏が嫌いなスリーピーの体力を奪うばかり。夜、食事を終えて、母を寝床へ運んで就寝させ、父を入浴の世話をすると、もう私の体力と気力は、パソコンのキーボードを叩くほどには残っていないのです。

せめて、この暑さが収まってくれれば、と願う2018年の「海の日」でした。

では、また!










にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード