ミモザの花の咲く頃

5月14日、本日のお題は「ミモザの花の咲く頃」です。



アルバム単位で、真理さんの曲をご紹介する今回の企画、今、アルバム「若葉のささやき・さよならだけを残して」に収録されている曲をご紹介しています。


真理さんの5枚目のアルバム「若葉のささやき・さよならだけを残して」のおもて表紙と、収録の構成は次のようです。

若葉のささやき


A面
1 若葉のささやき
2 学生街の喫茶店
3 冬物語
4 若草の髪かざり
5 さよならだけ残して
6 海にたくした願い

B面
7 さびしかったら
8 ギターをかかえて
9 遠い夏
10 ミモザの花の咲く頃
11 いつもの曲り角
12 さくら貝




本日のご紹介は、B面4番目の曲「ミモザの花の咲く頃」です。


私がはじめてこの曲に出会った時、抱いた感想は3つでした。

 ① 「ミモザ」ってなに?
 ② 揺れるようなワルツのリズムと、豪快な大声量が交互に去来して、何と抑揚に飛んだ曲なのだろう。
 ③ 「小さな人生」とは?

といった感じでした。つまり、印象深い曲であったということです。



まず、「ミモザ」についてですが、

■ 学名 : Acacia baileyana   
■ 別名 : ミモザ(ギンヨウアカシア) ミモザアカシア 銀葉アカシア ハナアカシア など
■ マメ科  半耐寒性常緑樹
■ 原種の代表的な原産地 : オーストラリア 
■ 主な花期 : 冬~春 
■ 生育後の高さ  : 5m前後
■ 用 途  : シンボルツリー 寄せ植え(若木時) 大きめの鉢仕立て 

黄色の玉状の花が房になって咲く 花で全体が覆われるほどたくさん咲き見事
細やかなレース状の葉がシルバーで 花期以外も楽しめる

ミモザ1
幹自体は巨木になります

ミモザ2
個々の花は、たんぽぽの様にふわふわとしています

ミモザ3
ブーケになったりと珍重されます


ということで、「ミモザ」という植物は、言葉の響きから来る印象そのままに、サボテンのような一見、刺々しい大柄な常緑樹なのですが、その個々の花は可憐で、まるでタンポポのようです。歌詞の中にあるように、髪に飾ると女性を引き立てる役割には打って付けと言えるかも知れません。

このミモザの花期は、冬から春とありますから、この5月は少し遅いですが、まだミモザの花の季節と言えるでしょう。この春をこの曲は背景としているんですね。



作詞 安井かずみ
作曲・編曲 森岡賢一郎


とても幸せすぎて こわいくらいなの
今 あなたに抱かれて ワルツを踊るの
髪にミモザの花を 飾りみつめあう
今 初めて知ったの 恋のときめきを
 わたしの夢が あなたの愛で 
 空からこの手に 舞い降りる朝
 半分風に きかれたささやき
 風よ誓うわ いついつまでも

胸をおさえてなお 愛をかくせない
今 あなたに抱かれて ワルツが揺れるの
今日のために着てきた 白い服だから
燃えるほほに似合うと あなたに云われて
 わたしの夢は 幼い頃に
 描いたとおりの 素敵な一夜
 どうぞわたしの 小さな人生
 光に満ちて いついつまでも




それではお聴き下さい。既にYoutube にはフルコーラスでアップされていますが、ここで扱う曲はワンコーラスになります。それではどうぞ。






お聴きなって如何でしたでしょうか?

先に述べましたように、抑揚に飛んだ素晴らしい曲だと思います。これはイントロから始まる揺りかごに揺られるようなリズムと、真理さんの余裕のある声量と繊細な部分も歌い分ける技術があってこそ、なせる業かと思います。何度聞いてもゆったりと聴けるこの曲は、名曲と言えると思います。


ところで、3つ目の疑問「小さな人生」についてですが、これは、作詞家である安井かずみさんの別の曲「小さな人生」(16枚目のシングル「夕陽のスケッチ」のB面)にもリンクしている内容かと思われます。

安井かずみさんの意図するところと、真理さん自身の意図するものが同じかどうかは分かりませんが、私はある方の言葉を借りて次のように考えています。

真理さんは「今、天地真理を前向きに明るく生きている」と同時に「斉藤真理としての小さな人生にも満足している」と。今、真理さんは、東京の空の下、どのようにお過ごしなのでしょうね。お会いしたいです。








次回は、「いつもの曲がり角」です。どうぞ、お楽しみに!








コメントの投稿

非公開コメント

直接、お話し合いを

スリーピーさま。

私の拙いコメントをいつもお読みくださり、ありがとうございます。

ところで、動画の写真使用の件で、あまりにも苦悩されているようなので、生意気ながら私なりの意見を述べさせていただきます。

先日も書かせて頂いたことですが、重要な要請というものは、第三者さまを介してではなく、直接ご本人さまによる言葉でなければ正確には伝わらず、説得力にも欠けるわけです。問題に上がっている画像利用について、スリーピーさまとお写真の所有者さまご本人との直接的な話し合いが不可欠であり、その詳細について所有者さまの本当のお気持ちを100%受けとめたうえで、今後の方向を冷静に話しあい、決めていく事が基本ではないでしょうか。憶測や思いこみは危ういものであり、必要以上にご自分を追い詰めてしまうことにもなるし、また正しさだけを突き詰めていくことで、今まで気づかなかった大切なものを失ってしまうこともあり得るからです。どうぞ、問題点を解決するために一対一で話し合いをされてみてくださいね。お相手のお気持ちをしっかりと聞かれてみてください。罪とか過ちではなく、誤解もあるはずであり、きっと良いことになっていくはずです。

ところで、先月末に遊びで作ってしまったYouTubeのチャンネルでは、みなさまの動画をお借りして、天地真理さんの歌を、さまざまな名曲とブレンドするようなかたちで紹介させて頂いていますが、メールで、真理さんの歌が今の時代にぴったりだと思われたこと、CDを購入されたこと、またこのチャンネルを他の方々へ薦めてくださったことなどご意見をいただくと、私なりに考えていたことが伝わっているんだって、感激です!

私は、「間違った事」に加担しているのでしょうか・・?

スリーピーさま・・
新しいファンの方々にとって、また潜在的なファンの方々にとって、スリーピーさまのブログはなくてはならないものだと感じます。その価値の解る人々がこれから増えていくことでしょう。出来る限りの工夫をされて、自信をもってブログを綴っていかれることを、私は願っています。真理さんの歌の世界を、温かい視点でご紹介くださいませ!

正直な思いを書かせていただきました。コメント欄に不適切な内容であれば、削除をお任せします。
お読みいただいて、ありがとうございました。





♪とてもきれいな、あまちまりー。

(標題にとりわけ意味はない。)

 ほら、さっそくかげながら応援してくださってるかたが遠路馳せ参じてくださっているじゃないですか。
 もうすでにこのブログ、スリーピーさんだけのものではなくなっています。
 愛ちゃんが言ってるけど、自分で自ら写した写真(風景・植物・ぼたもち等)を使うのが一番いいんですよ。

Re: ミモザの花の咲く頃

港のKさん

ご投稿、有難うございます。

そう、11月には東京で、ファンの集いがあるんですね。その時までには、今のゴタゴタが収束して、皆さん揃って笑顔でお会いしたいものですね。私も少しだけ元気が出て参りました。有難うございました。

ミモザの花の咲く頃

初めてコメントします。港のKと申します。
実は、私も真理さんのプレミアムBOXの中ではこの「ミモザの花の咲く頃」が大好きです。このLPが発売された頃が真理さんの活動が最も充実していた時期かと思いますが、歌う真理さんの声はひと際喜びと希望に溢れ、聴く私たちの心も明るく楽しくしてくれます。流れるようなワルツのメロディーは、踊りには全く無縁の私も、思わず真理さんとダンスを一緒に踊っているような陶酔感を覚えるほどです。この曲と同じく安井かずみさん作詞、森岡賢一郎さん作曲では「季節はずれの白いボート」がありますが、この曲も私のお気に入りです。安井かずみさん作詞では御指摘された「小さな人生」の他、真理さんお気に入りの「夏を忘れた海」や「オレンジ色の旅」等がありますが、なんか独特の世界を感じますね。同じ夢見る女性どうし、きっと当時真理さんは安井かずみさんと色々楽しいお話をしたのでしょうね。
2月の大阪のファンの集いには参加できませんでしたが、また11月には東京で催されると思います。その時は是非お会いしたいですね。ブログまた休止などとおっしゃらず、がんばってください。

Re: 光に満ちて

愛さん

いつも有難うございます。

赤穂の塩、唐党、石部金吉。いろんな言葉が出てきて、楽しいですね。

石部金吉、私にぴったりです。これに懲りずに、お越し下さいね。

光に満ちて

なんて可憐なお花 ! 優しいきれいなイエローなんですね。 ふんわりまるいミモザの花を見ていると、だれもが笑顔になれそう・・・

ちなみにミモザの花ことばは、豊かな感受性、プラトニックな愛、だそうです。

叶えられた夢。 .
ミモザの花を贈られて男性に愛を告げられた夜・・・・それは子供の頃から夢に見ていた日。女性が幸せに満ち満ちている瞬間ですね。この愛がほんものでありますように。そして私のささやかな人生が、これからはあなたとの愛の光で照らされますように・・・どうぞ、いつまでも。 このような心情でしょうか・・

真理さんだからこそ、この歌の繊細なニュアンスを、ここまで清らかに、見事に表現できたのでしょうね。メロディー、歌詞、声、すべてが調和していて、ほんとうに美しいですね。天地真理さんの世界を語れる一曲だと思います。
スリーピーさま。すてきな記事を書いていただき、ありがとうございます!
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード