天地真理 (番外編) あの素晴らしい愛をもう一度

今日は、12月29日。一般的には仕事収めも済み、自宅で年末の大掃除やら、餅つきやら(あ、一般的に九日餅は縁起が悪いそうですね)で家事をこなすのに忙しい貴兄かと存じますが、私、スリーピーは、会社で残務整理。悲しいやら、空しいやら。そんな仕事の合間にYoutubeを覗いたところ、素晴らしい曲を見つけました。今、私の好きなベスト5をお披露目している途中なのですが、番外編として、皆様にご披露したく、ペンを執りました。

フォーククルセイダーズというグループが、40年代の前半にデビューしました。デビュー曲は「帰って来たヨッパライ」。おらは死んじまっただ~、で始まる有名な曲です。こんなふざけた歌を歌うグループは、どんなへんてこりんんなグループかと当時は幼いながら、眉をひそめたものでした。

一方、真理さんはフォークソングのいくつかをカバーしていますが、私が聴くカバー曲のほぼ全てがお世辞でもなく、オリジナルを超える出来栄えだと思うのです。彼女の歌声は、発声法が正当なので、高音にも低音にも対応が可能なので、へたをすると、オリジナルの曲を超えてしまうのです。

そこで、皆さまにご紹介するのは、あのフォーククルセイダーズが後にリリースした、知る人ぞ知る「あの素晴らしい愛をもう一度」です。 この歌なら、だれでも青春の1ページを飾っているものと思います。

ではまずはじめに、フォーククルセイダーズのオリジナルをお聴きいただきましょう。あの、「「帰って来たヨッパライ」を歌った彼らは、そまま健在です。

それでは、お聴き下さい。 出典は、hoochicoochiuploader さんです。







いかがでしたか? 遠い昔を思い出されたのではないでしょうか? 彼らの歌い方は庶民的で、誰でもすぐ歌の輪に加われる、そんな雰囲気の曲ですよね。

ところがです、この曲をあの本田路津子さんが、歌うとすがすがしい響きとなります。彼女の美しい声質、伸びやかな発声、等々、この曲をまた違ったイメージに変えてしまうのです。 ひょっとすると、皆さんの心に残っているのは、彼女の歌かもしれませんね。

それでは本田路津子さんでお聴き下さい。 出典は、HondaRutsuko さんです。







いかがでしたか? やはり私たちの記憶は、彼女の歌声だったような気がしますね。 改めて思い出します。

ところが、ところがです。これを真理さんがカバーすると、どうしてどうして、路津子さんに肉薄してしまうのです。これはもう、驚き以外の何物でもありません。改めて真理さんの歌唱のレベルの高さを実感させられます。声質が路津子さんに似ていることもありますが、高音から低音まで、彼女に負けないくらい透き通っているからだと、私は思います。

それでは、真理さんの「あの素晴らしい愛をもう一度」をお聴き下さい。後半の彼女の声の伸びにご注目下さい。この部分で本田路津子さんを超えています。

出典は、pigzag さんです。







私は、38年前に真理さんの歌唱力に疑問を持った時期がありました。それがきっかけで、彼女から離れ、38年経って再び、戻って参りました。38年前当時の彼女の過酷なアイドルとしての生活を思いやることができず、テレビのブラウン管に現れる彼女の姿と立ち居振る舞いだけを観て、それがマスコミによる無理強いであったことさえ、気が付かず、彼女から離れて行ってしまったのです。

復活のきっかけは、Youtube でした。わずか1ヶ月前に出会った、彼女の透き通るような声に身震いがしました。疑いが晴れる瞬間でした。

でも失った38年は戻りません。何と残念なことをしてしまったことか、後悔ばかりです。もし、これまでの38年の間に彼女と共に過ごしてくることができれば、幾多の苦しみや悩みも、明るく切り抜けて来れたのではと考えると、残念でなりません。

でもこれからは、何があっても彼女から離れることはしません。これからの彼女を応援して参ります。



コメントの投稿

非公開コメント

愛さまへ

愛さま

新年、明けましておめでとうございます。

愛さんの感激の瞬間、私も1ヶ月前に実感しました。
でも、その後に来る、自分の無知、彼女の味わってきた苦労を考えると、身が裂かれる思いでした。どうして、一緒に共に乗り越えることができなかったか。

2010年、喜びのスタートにしましょう。ご一緒に。

ひこうき雲さまへ

ひこうき雲さま

新年、明けましておめでとうございます。

ひこうき雲さまのサイトを読ませていただき、驚きました。私が求めている答えが全て書いてあるように感じたからです。「あの素晴らしい愛をもう一度」も解説通りに聴き比べていくと、後半の声の素晴らしさが手に取るように分かりました。あれなら、本田路津子さんさえ、超えてしまいますね。彼女の歌唱に益々自信がついた私です。

もう一つのブログの件、チェックしてみました。真理さんのデビュー時点から、かなり詳しい解説がなされており、アクセス数も私を既に越えており、手ごわい相手だなと思いました。でも、私は気にしません。焦っても私の能力が知識が飛躍的に上がることはないのです。私なりに私レベルで感じたことを綴って参ります。

究極の目的は、彼女の復権です。それが達成されれば、私は幸せです。

ひこうき雲さま、今後ともどうぞよろしくお願いします。頼りにしていますので。

2010年元旦

きっと来年も福がいっぱい・・!

スリーピーさま(このお名前大好きです!)

天地真理さんの歌声、のびやかでどこまでも優しい~
夏頃、この曲をメロンパンさんのブログでみつけて感激で
はじめてのコメントを投稿させていただいたのです
聴けば聴くほど心が洗われて・・・もうほんとうに・・・
心で感じたことを言葉にするのってむづかしいですね^^

スリーピーさまにとって
来る年が喜びのスタートでありますように!!

No title

スリーピーさん こんにちは

おっしゃる通り、真理さんのカバーはほとんどの場合“本家”を凌駕しています。特にこの曲は私が聴いた限り真理さんを超える歌手はいません。(チェリッシュは未聴です)また、真理さん自身にとっても、彼女の残した録音の中で最高のものの一つでしょう。ファーストアルバムで彼女が歌うこの曲を聴いた時、私は天地真理という歌手の才能を確信したのです。
どこをどう歌っているかは私のサイトをご覧ください。
http://sky.geocities.jp/amhikokigumo/rmizuiro.htm

今年はスリーピーさんがこのブログを始められ、詳細はわかりませんがもう一つファンによる新しいブログもできたようです。http://koufu7.blog20.fc2.com/ 
ひとつひとつつながりが広がっていくようでうれしい年になりました。来年がさらにいい方向に進めるといいですね。良いお年を!

フーチャンさまへ

フーチャンさま

ご投稿有難うございます。2CHにお詳しいのであれば、トートさまともお知り合いなのでしょうか。復活の真理ちゃんファンという意味で、私と同じ流れでいらっしゃいますね。共に頑張って参りましょう。

吉田真梨さんの「水色の星」、聴いてみました。なかなか好感の持てる曲ですね。あの当時、私は彼女の存在に気が付きませんでした。水越恵子(ヨーソロ)さん、讃岐裕子さんについても
余り存じておりません。あの当時は、私もまだ中学生で、恐らく歌謡曲路線をひた走っていたような気がします。じっくり聴かせていただきますね。

私も段々とブログの更新が重荷でなく、楽しくなってきております。皆さまのご支援の賜物です。今後ともよろしくお願いします。

ウマシカさまへ

ウマシカさま

あなたの参入で俄然、活気付いた2009年後半だったかと思います。その意味で、ウマシカさんはスーパースター的存在なのですよ。あなたの得意分野を十分に開示していただき、さながらチャットルームかのような会話の場を作って下さい。皆さんもそれを待ち望んでおられますよ。

今、インターネットで検索を掛けて、真理さんに対して否定的な内容は半分位かなと思います。その内容は最近のテレビ出演をどう理解していいのか、戸惑っている様に感じます。でもそんな方たちも30数年前の彼女の輝かしい功績は否定しません。やはり、皆さんが仰るように正しい情報を如何に広げて行くのかが、カギなのでしょうね。

その意味でもムードメーカーたるウマシカさんの存在が重要になってきますね。私も微力ながらお手伝いしますので、共に頑張って参りましょう。

Re: 甲乙付け難い

春の風さま

そうですね。チェリシュのえっちゃんの存在を忘れておりました。チェリッシュと言えば、あの当時の歌謡番組で頻繁にヒットチャートの上っておりましたね。彼女の高音に特徴があったかと思います。

そういえば、真理さんのカバーの中に、「なのにあなたは京都へゆくの」がありましたね。えっちゃんの歌声も好きですし、私としても甲乙はつけられません。どちらもいい、ということでよろしいでしょうか?

まりもりさんへ

まりもりさん

毎回、コメントをいただき、有難うございます。また、ご心配いただき有難うございます。
最初の内は、かなりナーバスになっておりました、このブログ更新ですが、最近は根っこが生えてきて、次はどんなテーマにしようか、考える時間が楽しくなりつつあります。

真理さんの弾き語りの映像を集めてみようか、彼女の後半の曲のベスト10を選んでみようかとか、企画を考えるのが楽しいです。

しかし、こんなに世の中に発信することが容易になってきているのは、ファンの皆さんが Youtube やインターネットに沢山の情報を発信してくれているからなんですね。これを全部自分で集めることを考えたら、何十倍もの時間が掛かることでしょう。この場をお借りして、関係の皆様にお礼を申し上げたいです。

まりもりさんも、良い年の瀬をお過ごし下さい。

No title

三者三様、それぞれ素晴らしい出来栄えだと思います。こうゆう風に同じ曲を聴き比べてみた感想はやはり、真理ちゃんの歌声が心に響きわたります。ほんわかりんと温かい気持ちになりました。

スリーピーさん、今年もあと2日ですね。何かとあわただしいと思いますが、のんびり”頑張って下さい”。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

フォークルのこの曲はリアルタイムで聴いたことありませんでしたがカラオケでは必ずこれを皆で歌ってました。
これ、スタンダードですよね。

私が真理ちゃんと接したのは小学校1年生です。ちょっと幼すぎですけど、アイドル体験第一号だと思います。
それでも矢張り幼い私にとって真理ちゃんは発達段階の視聴覚神経を刺激するだけの存在だったかもしれません。刺激が一段落すると、さらなる刺激を求めて次のアイドル(アグネスチャン)へ移って、次第に真理ちゃんから離れていってしまいました。低学年くらいじゃ本当の良さは分かるはずがないですよね、と言い訳。でも、幼い心に初めて受けた刺激、これは矢張りいつまでたっても忘れられないんですね。
でも、それだけではなく矢張り真理ちゃんのその後のことを考えるともう堪らないんですよ。

>これからの彼女を応援して参ります。
スリーピーさんほどパワーはありませんが、私も同じ決意でございます。ひっそりと。

ページが黒というのは目に良いですね。それにフォントのカラーがやや灰色というのも良いですね。これが完全な純白(#ffffff)だったら目がちかちかしますよね。

甲乙付け難い

こんばんは春の風です^^
この「あの素晴らしい愛をもう一度」は過去現在まで多数の歌手によって
カバーされてきました。

今では中学校の音楽の教科書に載っている程です。
しかし当の生徒達はこれが失恋の歌だとは気が付かない者が
少なくないようです。

ところでこの「あの素晴らしい愛をもう一度」は多数の男女が歌っておりますが
私は女性が唄っているのが好いです。

なかでもチェリシュのえっちゃん歌う「あの素晴らしい愛をもう一度」は
とても素晴らしいです。

真理ちゃんの「あの素晴らしい愛をもう一度」は明るくて希望に満ち溢れていますが
えっちゃんの「あの素晴らしい愛をもう一度」は正に失恋をした女性を
見事に歌いこなしています。

本当に真理ちゃんとえっちゃん甲乙付け難いです。
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード