風を見た人




7月21日(水)、本日はいつもの始まり方と一風変わってお伝えしたいことがあります。それは今日、水曜日が真理さんにとって、テレビデビュー39周年に当たるからです。「時間ですよ」でテレビ画面にデビューされたのが、1971年7月21日(水)と伺っておりますので、本日で39年になるのです。



真理さん、39周年おめでとうございます!




さて、それでは本日のお題、「風を見た人」


アルバム単位で、真理さんの曲をご紹介する今回の企画、今、1971年12月21日発売の「水色の恋/涙から明日へ」について、ご紹介していますが、本日のご紹介は、ファーストシングル「水色の恋」のB面で、このファーストアルバム「水色の恋/涙から明日へ」には収録されなかった曲風を見た人です。

この曲は、プレミアムボックスのDISC3の13番に当たります。


ちなみに、プレミアムボックスの全貌と、収録内容は次の通りです。


box.jpg

Disc-3

01 水色の恋
02 なのにあなたは京都へゆくの
03 あの素晴らしい愛をもう一度
04 涙は明日に
05 悲しき天使
06 忘れていた朝
07 涙から明日へ
08 忘れな草をあなたに
09 虹と雪のバラード
10 恋は水色
11 恋人もいないのに
12 バタフライ
13 風を見た人
14 ちいさな恋
15 ポケットに涙
16 乙女の祈り
17 白いバラの道
18 夢のチャペル
19 好きだから
20 ひとりじゃないの (アルバム・バージョン)
21 青春
22 ひとりぼっちの私
23 恋人になる前に
24 おしえてよ愛の言葉
25 ある日私も




というわけで、前置きが長くなりましたが「風を見た人」についてご紹介して参りましょう。



私がこの曲を初めて聴いたのは、1972年の2月頃、そう「小さな恋」のレコードを初めて買った際に「水色の恋」も合わせて購入した時のことでした。

私の印象は「何て暗い曲なんだろう。」と若干14歳でも感じました。しかし、当時の私は「小さな恋」に関心が向いていましたので、それ以上のことは考えなかったし、それ以後この曲を聴くことはなかったように記憶しています。ただ、少年には理解し難い深い意味合いの大人の曲なのだろう、そんな感覚で軽く流していたことは確かです。



Who saw the wind
作詞:安井かずみ
作曲:村井邦彦
編曲:森岡賢一郎

私は見たい 風の姿を
私は見たい あなた 心の中
私は見たい 夢の続きを
朝になったら こわれるその前に
 くちづけする時
 バラが咲く時
 わたしを泣かせる
 そのわけを今
私は見たい ギターじゃなくて
音にかくれた 秘密の愛のうた

私は見たい 愛の泉を
飲み干す時に 願いがかなうなら
 ひとりでいる時
 小雨降るとき
 私を泣かせる 
 そのわけを今
私は見たい みつめられたい
私はきっと そのままねむるでしょう
ルルルル......
ルルルル......
 




この歌詞の冒頭に、作詞家として安井かずみさん、作曲家として村井邦彦さんの名が光りますが、お二人とも一流の音楽家でいらっしゃいます。何が言いたいのかと言えば、若干14歳で考えたこと「難しい大人の歌」という理解は間違っておらず、単なる暗いだけの曲ではなかったということです。

安井かずみさんの作詞による真理さんの曲としては、「小さな恋」「夏を忘れた海」「オレンジ色の旅」等々が初期の作品にありますし、村井邦彦さんの作曲による曲としては「虹と雪のバラード」「美しい星」などが初期の作品です。

この「風を見た人」とあとに続くこれらの曲たちが何かの線で繋がっていると明言できれば話は簡単なのですが、そうも行きません。この曲が真理さんの起源、出発点だと評する方もおいでですが、意味深であることは確かであっても、それを的確に表現する言葉が見つけられずに困惑するスリーピーです。





何はともあれ、彼女の歌唱を聴いてみる事に致しましょう。


この曲、歌詞の中にバラも登場しますが、敢えて7月の花を集めて特集としました。ワンコーラスですが、見ごたえがありますよ。

[風を見た人]

 []



この曲は、真理さんのオリジナルですから、カバーしている方はいません。ですので、ゆっくりと歌詞の意味、真理さんの歌唱の巧みさを調べることが出来ます。

まずこの曲、出だしから低音が続きます。一見、暗いイメージに写るこの低音、そして途中から変調して一気に高音に駆け上がり、再び出だしと同じに低音に戻る。作曲家の意図するところは正確には分かりませんが、少なくとも真理さんならではの曲。こんな低音から高音までバラエティに飛んだ曲は、普通の女性には歌いこなせません。

歌詞は意味深で情景を思い浮かべることさえ、私には難しいのですが、少なくともこの曲、真理さんの歌唱能力を魅せ付けるための曲なのではないのかなと思います。低音から高音まで巾の広い真理さんの音域。太い声だという向きもありますが、私は決してそうは思わない。「サルビアの花」「ギターをかかえて」等々、低音の出せる真理さんですが、一方、「童話作家」「一枚の写真」等々、彼女の高音も素晴らしいのです。図太いという批評には当たらない、低音から高音まで広い音域を巧みに表現できる女性歌手と言えると思います。



最後まで、詩の意味は分からず仕舞いで誠に恐縮です。でも、この曲は単に暗いだけでない、真理さんの特性をアピールする曲であったのではないかというのが、このブログの結論です。





話は本題からそれますが、私がこのブログを始めた昨年の12月以来、私はクリスチャンでありながら、教会に通うことをサボっておりました。

教会に通えなかったのは、実は物理的な問題が大きく、このブログが原因ではなかったのですが、私の精神が、真理さんによってある程度占領されていたことはいがめない事実です。それは30余年の想い出であり、責任感であり、重圧であり。でも発足から約半年が経過し、このブログが空気のように感じられるようになりました。皆さんにとっても、そんな存在であればいいなと願っております。

余談が長くなりました。宗教を絡ませるなとのご意見も聞こえそうですが、生前に一つの信仰を持ち、それを死んでからも継続する、それはどんなに素晴らしいことかと思い、敢えて私の宗教のお話をさせていただきました。

お叱りは覚悟の上です。個人のブログでもありますので、お許し下さい。







さてさて、次回は彼女のセカンドアルバム「ちいさな恋/ひとりじゃないの」に話題を移します。

私にとっては真理さんと出合った最初の作品たちであり、ワクワクしております。「小さな恋」から始まりますが、あの当時の記憶が甦ってくる想いで、何を書こうか迷うスリーピーです。


皆さま、これからも、どうぞお楽しみに!









にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

Re: こんばんは!

へー、愛さんって、詩人なんですね。

今、阿蘇に吹いている風は熱風なんでしょうか。

口蹄疫(こうていえき)問題で苦しんでいる農家の方々、豪雨による土砂災害に見舞われた方々に涼しい風が吹いてくれるといいですね。

こんばんは!

スリーピーさま!

ブログ再開されて良かったです♪

ひこうき雲さま、夏海さまという女性の視点からのご意見、そして港のKさま、
ラガールさまですね、分析力に優れた皆さまがフォローに集われ、すてきな雰囲気ですね。

ところで、今初めてこの「風を見た人」を聴いていたら、何やらことばが浮かんでくる~ 
ヘンなつぶやきですが、記念に書いて帰りまーす!

すべては風が知っている
私の心を震わせるもの、それは一瞬の風に映し出される
もし愛にかたちがあるのなら、いたずらに吹き抜けていこうとするその前に
風の鼓動に聴いてみたい・・・ねえなにがあるの? なぜこんな気持ちになるの?
感じたい、抱きとめたい、たしかな答えを  そしていつしか、風の中で眠るの・・

つぶやき、おわり^^
それでは、暑さに負けず、スリーピーさまもファイトー☆

期待されていなかった真理さん

港のKさん

ご無沙汰しております。コメント有難うございます。

「あまり期待していなかった」というお言葉には、何か共感というか、もっと静かにデビューできて、少しずつ人気が上がっていく、そんな流れが欲しかったなと、そう感じました。もし、そうであれば、今でもフォーク歌手として、歌い続けてくれていたのでは、と叶わない願いなども抱いてみました。可能であれば、あの声が戻って欲しい。

No title

是非この曲の紹介の時はコメントしようと思っていましたが、掲示板での騒動後しばらく更新されていなかったようでしたので、見過ごしてしまいました。すみません。これからはちゃんとフォローします。
私がこの曲を初めて聞いたのはちょうどスリーピーさんと同じ中学1年の頃でした。当時子供でしたからA面の「水色の恋」ばかり聴いていましたが、5回に1回くらいはこの曲も聴いたと思います。その時の記憶では「水色の恋」とは全然違う暗い曲だな、それと低音部分の声が出ていなくて、ちょっと真理ちゃんには合わない曲だなという印象でした。でも、一昨年30数年ぶりに聴いた時、随分自分の感じ方が変わりました。大人っぽい曲で、その後の天地真理路線とは全然違う、ある意味、原石の天地真理が詰まっている曲ではないかと思い直したのです。きっと、この曲がB面に決まった時はまだ真理さんデビューの前で、「時間ですよ」であんなに人気の出ることなど予想していなかったから、あるいは期待していなかったから、大人の女性としてこの歌を採用したのではないかと。それが証拠に、この曲のメロディーは少し官能的な響きもあり、以後の歌のフレーズにはしばらくなかった「くちづけするとき」という部分があります。あのアイドル白雪姫天地真理はやはり本人の意向とは関係なく、勿論ファンの希望に沿ってだけれど、作られたものだったのだと…。
以上、勝手な私見ですが。

Re: 相互リンク希望

ノスタルジックアイドルさま

ご投稿有難うございます。

相互リンクというお申し出でについて、感謝申し上げます。

しかしながら、個人が趣味で勝手に書いているブログですし、一人静かに進めたい気持ちもありますので、誠に恐縮ながら、リンク設定はご遠慮させていただきます。

申し訳ございません。

スリーピー

相互リンク希望

はじめまして、「懐かしのアイドル」管理者です。

御サイトと相互リンクを希望しております。

ご対応願えれば幸いです。

よろしくお願い致します。


懐かしのアイドル
http://nostalgicidol.web.fc2.com/

はい!はい!先生!当ててください!

先生!私はこの曲が大好きであります!!
初めて、聴いた時、この曲は暗いから・・・ちょっと・・・というコメントがあったかと思います。では、私は暗いのでしょうか。
昔、23歳ぐらいの頃。車の中で、ケニーバレルという、ジャズギタリストの曲を聴いていて、友人に「なに~これ!!暗い~!笑」と言われ、ショックでした。
そうかもしれません。そういうところもあります。でも、でも、デビューしてすぐに、こんな難しい曲を歌える人は、真理さんしかいらっしゃらないのではないでしょうか。一つも気を抜けない難しいこの曲を、情感込めて歌われています。この真夏に、私は車の中で大音量で聴いております。一足早く、秋が来てしまったのでしょうか?
名曲です!まさに名曲です!歌ってみたいな~!真理さんのように。
プロフィール

スリーピー

Author:スリーピー
真理さんを応援するブログへようこそ!

真理さんは、私の姉のよう。
私はそんな おっちょこちょいな姉を想う、おせっかいな弟かな。

このブログでは、皆さんと彼女の真価をお伝えして参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード